会員限定ページへログイン

IDとパスワードは半角英数字で入力してください。
最新情報をすぐに閲覧したい方は有料メルマガ登録(まぐまぐ!)をしてください。

いまだけ限定公開中!!
ID: pre-reader
Pass: CFD_Info

  • ◆ ID
  • ◆ パスワード

コラム
column

2021/01/07

エネルギー速報:EIA週間原油統計(つらつら分析1月7日)

アンケートのお願い
ダイジェスト

・原油在庫は801万バレル減少
 原油生産量は日量1100万バレルで前週から横ばい
 輸出入では輸入が4万バレル増加、輸出量が0.7万バレルの増加で、全体では173万バレルの輸入超過
 製油所稼働率は1.4%上昇し原油処理量が8万バレル増加
 原油処理量の増加と輸出量が過去4週と比べて多いことが在庫減少要因
・ガソリンの在庫は451万バレル増加
 生産量+輸入量>供給量+輸出量であり在庫増
 ガソリン生産量は118万バレル減少、輸入量は16万バレル減少
 ガソリン供給量は72万バレル減少、輸出量は3万バレル減少
・留出油在庫は639万バレル増加
 生産量の増加と供給量の大幅減少による在庫増
 留出油の生産量は15万バレル増加、輸入量は31万バレル減少
 留出油の供給量は65万バレルと大幅減少、輸出量は1万バレル増加
・原油と石油製品を合わせた在庫量は19億8180万バレルで前週比170万バレルの増加
・オクラホマ州クッシング在庫は79万バレル増加した5369万バレル、クッシングのタンク容量は約7600万バレルで貯蔵率は70.6%

EIA週間統計の総評

昨日発表のEIAの週間在庫統計では原油在庫が801万バレルの減少となった。市場の事前予想を上回る在庫減少となったが、ガソリンなど主要石油製品の在庫が大幅増加しているまちまちな結果となった。昨日の原油相場は原油在庫の減少を材料に上昇し、今日も上昇が続いて1バレル当たり51ドルまで上昇した。
詳細を原油から見ていくと原油生産量は日量1100万バレルで横ばい、原油輸入量は4万バレル増加した日量536万バレル、輸出量は日量0.7万バレル増加した日量363万バレルと前週から小動きだった。全体としては173万バレルの輸入超過となっている。製油所の稼働率は前週比で1.4%上昇した80.7%と80%を超えたが原油処理量は稼働率上昇の割に増えず8万バレル増加した日量1437万バレルに留まった。製油所の稼働率の上昇で原油精製量が増えたことと、4週平均でみると輸出量が増加していることで在庫が減少したと考えられる。戦略備蓄(SPR)の放出は今週も0だった。主要石油製品ではガソリン在庫が451万バレルの増加、留出油在庫は639万バレルの増加となり、原油と全ての石油製品を合わせた在庫は19億8180万バレルと前週比で170万バレルの増加となった。WTI指標原油であるオクラホマ州クッシングの在庫は76万バレル増加した5920万バレルとなっている。

原油と石油製品の在庫(表1)

週間統計では原油在庫が市場予想を大幅に上回って、801万バレル減少した4億8550万バレル、ガソリン在庫は451万バレル増加した2億4110万バレル、留出油在庫は639万バレル増加した1億5840万バレル、オクラホマ州クッシングの原油在庫は76万バレル増加した5920万バレルとなった。

API統計 EIA統計今週EIA統計前週EIA統計2週前EIA統計3週前
原油(万バレル)170減801減606減53減313減
ガソリン(万バレル)550増451増119減112減102増
留出油(万バレル)710増639増309増232減16増
クッシング在庫(万バレル)76増2増2減19増
表1 原油・石油製品在庫 (出展元 EIA)

図1は原油在庫の過去2年分の推移、図2はガソリン在庫の過去2年分の推移、図3は留出油在庫の過去2年分の推移となる。それぞれの図は今年の在庫推移(青線)と過去5年間の在庫レンジ(灰色)とを比較している。

図1 原油在庫推移(出展元 EIA)
図2 ガソリン在庫推移(出展元 EIA)
図3 留出油在庫推移(出展元 EIA)
原油生産と輸出入、戦略備蓄(日量)(表2と3)

表2は原油の生産量と輸出入などについてまとめている。原油生産量は1100万バレルと4週間以上横ばいが続いている。原油輸入量は前週比で日量4万バレル増加した536万バレル、輸出量は日量0.7万バレル増加した363万バレルとなった。需要と供給それぞれの不確実性(計算のずれなど)のつじつまを合わせて相殺するために需給の計算に加えられるAdjustmentは49万バレルとなり前週の71万バレルから22万バレル減少した。今週はAdjustmentで在庫を増加させる形の調整となっている。

原油生産と輸出入今週   前週   2週前   3週前   4週平均  前年同時期  
原油生産(万バレル/日)110011001100110011001290
戦略備蓄増加(万バレル/日)000000
原油輸入(万バレル/日)536532556542542673
原油輸出(万バレル/日)363362309262324306
Adjustment(万バレル/日)497153-64049
表2 原油生産と戦略備蓄、輸出入 (出展元 EIA)
*Adjustmentの-はマイナス補正を意味している

輸入国の国別内訳と前週からの増減は表3の通り。今週はカナダとコロンビアからの輸入が増加したが、中近東からの輸入が減少しており、サウジアラビアやイラクからの輸入が0となった。

輸入国輸入量万バレル/日)前週輸入量(万バレル/日)増減(万バレル)
カナダ38932168
メキシコ5258-6
サウジアラビア011-11
イラク012-12
コロンビア338+25
エクアドル030-30
ナイジェリア415-11
ブラジル000
表3 輸入量国別内訳(出展元 EIA)
石油製品生産量(日量)と製油所稼働率(表4)

製油所の稼働率が1.4%上昇した80.7%となったが、製油所への原油投入量は8万バレルの増加の日量1437万バレルと小幅な増加となった。依然として稼働率は前年の93.0%を大きく下回っている。石油生産量では前週比でガソリン生産が118万バレル減少した日量801万バレル、ジェット燃料生産が5万バレル減少した日量114万バレル、留出油の生産は14万バレル増加した日量478万バレルだった。今週はガソリン生産が100万バレルを超える大幅な減少となった。

製油所稼働率等今週   前週   2週前  3週前  4週平均 前年度同時期   
原油投入量(万バレル/日)143714281401141814211689
製油所稼働率(%)80.779.478.079.179.393.0
ガソリン生産(万バレル/日)  801919882852863888
ガソリン輸入(万バレル/日) 446057616259
ジェット燃料生産(万バレル/日)114119114110114187
ジェット燃料輸入(万バレル/日)14121211128
留出油生産(万バレル/日)   478463459460465531
留出油輸入(万バレル/日)  306144494524
表4 石油製品生産量 (出展元 EIA)
石油製品供給(日量、需要)(表5)

石油製品の供給(需要)一覧が表5となる。前週比でガソリン供給が日量72万バレル減少した744万バレル、ジェット燃料供給は30万バレル減少した日量91万バレル、留出油供給は65万バレル減少して日量294万バレルとなった。

石油製品供給(日量)今週  前週  2週前  3週前  4週平均  前年同時期  
ガソリン供給(万バレル/日)744818802797789813
ガソリン輸出(万バレル/日)889175788380
ジェット燃料供給(万バレル/日)91121119114112161
ジェット燃料輸出(万バレル/日)5588631
留出油供給(万バレル/日)294359417400367373
留出油輸出(万バレル/日)123122119107142117
表5 石油製品供給(需要)量 (出展元 EIA)
石油製品需給(日量)

原油需要側では製油所稼働率が前週比で1.4%上昇したが、原油消費量は8万バレルと小幅増で日量1437万バレルとなった。石油製品ではガソリン生産量が前週比で118万バレルと大幅減少した801万バレル、輸入量は16万バレル減少した44万バレルとなった。一方、ガソリン供給量は72万バレル増加した744万バレル、輸出量は3万バレル減少した88万バレルとなった。ガソリン生産量が大幅減少したものの供給量を上回ったため、ガソリン在庫は減少となった。次に留出油生産量は15万バレル増加した478万バレル、輸入量は31万バレル減少した30万バレルとなった。留出油供給量は65万バレル減少した294万バレル、輸出量は1万バレル増加した123万バレルとなった。生産量が増加したことに加えて供給量が日量300万バレルを割り込むまで落ち込み、留出油在庫が増加した。ジェット燃料生産量は5万バレル減少した114万バレル、供給量は30万バレル減少した91万バレルだった。石油製品全体の供給(需要)量は前週比で226万バレルと大幅減少した1705万バレルとなった。原油在庫は減少したものの、主要石油製品の在庫が増加したことを受けて、全ての石油製品在庫に原油在庫を加えた全石油在庫は前週比170万バレル増加した19億8180万バレルとなった。

石油製品価格(表6と表7)

表6はニューヨーク港渡しの石油製品の価格となるが、クリスマスと新年の祝日が重なり2週間連続で未発表となっている。

スポット卸売価格
(ニューヨーク港渡し)
1/112/2512/18  12/11  12/4  前年同時期  
レギュラーガソリン価格
(ドル/ガロン)
未発表未発表1.4301.3381.2871.687
ディーゼル燃料
(ドル/ガロン)
未発表未発表1.5131.4311.3971.954
原油
(ドル/バレル)
未発表未発表49.0446.5946.2359.20
表6 石油製品受渡価格 (出展元 EIA)

表7は全米の石油製品の小売価格の全国平均を週ごとに集計した結果で、今週のガソリン小売価格は前週比で横ばい、ディーゼル燃料は前週比で横ばいとなった。

小売価格1/4  12/28  12/21  12/14  12/7  前年同時期    
レギュラーガソリン価格
(ドル/ガロン)
2.2492.2432.2242.1582.1562.578
中間グレードガソリン価格
(ドル/ガロン)
2.6392.6342.6182.5652.5672.973
プレミアムガソリン価格
(ドル/ガロン)
2.8952.8892.8712.8212.8203.214
ディーゼル燃料価格
(ドル/ガロン)
2.6402.6352.6192.5592.5293.079
表7 石油製品全国価格 (出展元 EIA)
今後の見通し

今週の原油生産量は日量1100万バレルで横ばいだった。需要面では製油所稼働率が1.4%向上し、原油消費量は8万バレル増加した日量1437万バレルとなった。原油輸出入は173万バレルの輸入超過で、輸入量が前週比で4万バレル増加した536万バレル、輸出量が0.7万バレル増加した363万バレルだった。原油投入量の増加に加えて、ここ2週間の間原油輸出量が増加しており、原油在庫が減少している。主要石油製品ではガソリンと留出油ともに需要側(供給量+輸出量)が供給側(生産量+輸入量)を上回り在庫増となった。特に留出油の供給量は日量300万バレルの大台を割り込んでいる。前週より石油製品の出荷は日量226万バレルの大幅減少となり、1705万バレルとなった。全ての石油製品と原油を合わせた在庫は、170万バレル増加して19億8180万バレルとなった。
新型コロナウイルスの変異種による感染拡大懸念が高まるなか、今週初めに開かれたOPECプラスのJMMC(共同閣僚監視委員会)での減産幅拡大決定はサプライズとなり、原油相場は新型コロナウイルスの感染拡大前の水準である1バレル51ドル代目前まで上昇した。昨日はアメリカ上院の最後の2議席を民主党が獲得することが決定し、大統領と上下両院の過半数を民主党が占めるいわゆるトリプルブルーの状況となった。今月就任するバイデン新大統領が公約する大規模な財政出動が極めて容易となったことから、経済の回復期待が高まることが予想される。今日の原油相場は昼頃に51ドル代に到達し更なる高値を伺う値動きを見せている。ただし、供給量がOPECプラスの減産により絞られたものの、新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。今週のEIA統計でもガソリンや留出油の需要減が見られるなど原油需要回復の裏付けのないバブル相場となっていると考えられる。


※このコラムで紹介している相場の動きの見方や見通しなどは執筆者の主観に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせ、アポイント予約は
こちらからお気軽にご連絡ください。

Register

有料メルマガ登録

有料メルマガ登録をしていただいた方は
鍵マークのついた記事もご購読いただけます。