エネルギー速報:EIA週間原油統計(つらつら分析8月6日)

 

ダイジェスト
EIA週間統計の総評

今週発表のEIA週間原油統計では原油在庫が737万バレルの減少となった。原油生産が日量1100万バレルと前週比10万バレルの減少、製油所の稼働率は0.1%上がった79.6%となり、原油処理量も稼働率に応じて日量4万バレル増加し1463万バレルとなった。石油製品ではガソリン在庫が41万バレルの増加、留出油在庫が159万バレルの増加となった。WTI原油の受渡地オクラホマ州クッシングの原油在庫は53万バレルの増加となった。原油輸出入は日量320万バレルの輸入超過となった。

原油と石油製品の在庫

原油在庫が737万バレルの減少となり、戦略備蓄を除く民間の原油在庫総量は5億1900万バレルとなった。石油製品ではガソリン在庫が41万バレルの増加、留出油在庫が159万バレルの増加となった。オクラホマ州クッシングの原油在庫は53万バレルの増加となり、5週間連続の在庫増加となった。

API統計 EIA統計  EIA統計前週  EIA統計2週前  EIA統計3週前  
原油(万バレル)859減737減1061減489増749減
ガソリン(万バレル)175減41増65増180減314減
留出油(万バレル)382増159増50増107増45減
クッシング在庫(万バレル)163増53増130増137増94増
表1 原油・石油製品在庫 (出展元 EIA)

図1は原油在庫の過去2年分の推移、図2はガソリン在庫の過去2年分の推移、図3は留出油在庫の過去2年分の推移となる。それぞれ図は今年の在庫推移(青線)と過去5年間の在庫レンジ(灰色)とを比較している。今週も原油在庫は大きく減少し、逆にガソリン在庫は増加が続いている。留出油の在庫増の傾向に大きな動きはなく過去5年の在庫レンジの上限を超えた在庫水準が続いている。

図1 原油在庫推移(出展元 EIA)
図2 ガソリン在庫推移(出展元 EIA)
図3 留出油在庫推移(出展元 EIA)
原油生産と輸出入、戦略備蓄(日量)

原油生産量は今週日量1100万バレルとなり10万バレル減少した。生産量の内訳ではアラスカの生産量が日量1万バレル減少となった他、アラスカ以外の48州、つまりシェールオイルの生産も日量10万バレル減少となっている。この量は最盛期(1310万バレル)に比べて210万バレルの減少となっている。今週の輸出は1日当たりおよそ40万バレル減少した281万バレルに、輸入は先週より60万バレル減少して601万バレルとなった。輸入の内訳は日量でカナダ産378万バレル(前週328万バレル)、サウジアラビア産19万バレル(前週30万バレル)、メキシコ産53万バレル(前週78万バレル)、イラク産4万バレル(前週0万バレル)、コロンビア産28万バレル(前週18万バレル)、ナイジェリア産10万バレル(前週0万バレル)、ブラジル産10万バレル(前週0万バレル)等でカナダ産、イラク産、コロンビア産、ナイジェリア産、ブラジル産等が増加しサウジアラビアやメキシコからの輸入が減少した。戦略備蓄の積み増し量は今週も0となっている。輸出入では日量320万バレルの輸入超過となっている。
今週、Adjustmentが前週の+4万バレルに比べて64万バレルの減少となり-60万バレルとなった。Adjustmentは需要と供給それぞれの不確実性(計算のずれなど)のつじつまを合わせて相殺するために需給の計算に加えられる。今週の統計は不確実性が大きくなったと言える。

原油生産と輸出入今週   前週   2週前   3週前   4週平均  前年同時期  
原油生産(万バレル/日)110011101110110011051230
戦略備蓄増加(万バレル/日)000200
原油輸入(万バレル/日)601514594556566714
原油輸出(万バレル/日)281321299254289186
Adjustment(万バレル/日)-60485-76-1153
表2 原油生産と戦略備蓄、輸出入 (出展元 EIA)
*Adjustmentの-はマイナス補正を意味している
石油製品生産量(日量)と製油所稼働率

製油所の稼働率が0.1%上がった79.6%となり、製油所への原油投入量は日量約4万バレル増加し1463万バレルとなった。平年の約96%に比べて大幅に低く先週と比べて稼働率はほぼ横ばいだった。前週と比較してガソリン生産量は日量約15万バレル増加した930万バレル、ジェット燃料の生産は約7万バレル減少した85万バレル、留出油の生産量は約12万バレル増加した490万バレルとなった。ガソリン生産は増加、ジェット燃料は減少、留出油生産は増加となった。

製油所稼働率等今週   前週   2週前  3週前  4週平均 前年度同時期   
原油投入量(万バレル/日)146314591420143014431777
製油所稼働率(%)79.679.577.978.178.896.4
ガソリン生産(万バレル/日)  9309159079099151042
ジェット燃料生産(万バレル/日)8592868487192
留出油生産(万バレル/日)   490478476486482528
表3 石油製品生産量 (出展元 EIA)
石油製品供給(日量、需要)

石油製品の供給(需要)では前週と比較してガソリン供給が日量19万バレル減少した861万バレル、ジェット燃料の供給は1万バレル微減した101万バレルだった。留出油の供給は前週と比べて7万バレル増加した370万バレルとなった。

石油製品供給(日量)今週  前週  2週前  3週前  4週平均  前年同時期  
ガソリン供給(万バレル/日)861880855864865965
ジェット燃料供給(万バレル/日)101102107126109181
留出油供給(万バレル/日)370363322369356388
表4 石油製品供給(需要)量 (出展元 EIA)
石油製品需給(日量)

前週と比べ、製油所の稼働率がほぼ横ばいで、原油消費量が日量4万バレルの微増となった。石油製品ではガソリンの生産量が前週比で15万バレル増加、供給量は19万バレルの減少となったが、輸入量が27万バレル減少し、輸出量が33万バレルの減少となり在庫増加となった。留出油は生産量が前週比12万バレル増加し、供給量(需要)も7万バレルの増加だった。一方で輸入が1万バレル減少したのに対して、輸出が11万バレルの減少となったことで在庫増となった。ジェット燃料の生産は7万バレルの減少で、供給は1万バレルの減少となった。依然として、需要は例年の3分の2程度となっている。石油製品全体の供給(需要)量は日量1791万バレルと、前週の1909万バレルに比べて約118万バレルの大幅な減少となった。ガソリン等主要な石油製品の在庫が増加だったものの、原油在庫の減少幅の方が大きく、全ての石油製品在庫に原油在庫を加えた全石油在庫は21億800万バレルと前週から約300万バレルの減少となった。

石油製品価格

表5はニューヨーク港渡しの石油製品の価格となる。ガソリンの市中への供給量は減少したがガソリン卸売価格は下落、ディーゼル燃料は供給が増加し、卸売価格は前週より下落している。

スポット卸売価格(ニューヨーク港渡し)7/31  7/24  7/17   7/10   7/3  前年同時期  
レギュラーガソリン価格(ドル/ガロン)1.1471.2451.1971.2441.784
ディーゼル燃料(ドル/ガロン)1.2151.2621.2241.2381.837
原油(ドル/バレル)40.1041.2340.5540.5655.67
表5 石油製品受渡価格 (出展元 EIA)

表6は石油製品の小売価格の全国平均となる。ガソリン価格は1セント未満の小幅な上昇、ディーゼル燃料価格は1セント以下の小幅な下落となった。

小売価格8/3   7/27   7/20   7/13   7/6    前年同時期    
レギュラーガソリン価格(ドル/ガロン)2.1762.1752.1862.1952.1772.688
中間グレードガソリン価格(ドル/ガロン)   2.5872.5822.5842.5892.5713.062
プレミアムガソリン価格(ドル/ガロン)2.8342.8382.8362.8422.8213.317
ディーゼル燃料価格(ドル/ガロン)2.4242.4272.4332.4382.4373.032
表6 石油製品全国価格 (出展元 EIA)
今後の見通し

今週は、アメリカの原油生産は減少した。内訳ではアラスカ以外の48州での原油生産が10万バレルの減少だった。アメリカ国内では製油所の稼働率が横ばいとなり、原油消費が微増した。今週の原油輸入量は40万バレル減少した281万バレル、輸出量は60万バレル増加した601万バレルだった。カナダ産やナイジェリア産、コロンビア産、イラク産などの世界各地からの輸入が増加した。石油製品については、ガソリンでは生産量が増加したのに対して供給量が減少、また輸出が輸入以上に減少したため在庫量が増加した。留出油は生産量が供給量以上に増加し、輸出が輸入より減少したため在庫が増加している。今週は石油製品全体の出荷量が日量1791万バレルと前週の1909万バレルと比べて大幅に減少し、石油製品の在庫が増加したものの、原油在庫の減少幅が737万バレルと大きく、全ての石油製品在庫の合計は前週に比べて約300万バレル減少した21億800万バレルとなった。市中のガソリン、ディーゼル燃料価格はほぼ横ばいとなっている。

アメリカにおける新型コロナウイルスの感染拡大はピークを超えたと考えられるが、多くの州では経済活動の制限が行われている。移動が制限される中、石油製品の国内需要が減少している他、輸出需要も減少し石油製品の在庫増加となった。今週の原油生産は減少したものの、オクラホマ州クッシングの在庫が増加しており、原油現物の買い手の減少が続いている。ただ、原油需要減の中でも金融緩和による資金の流入が下値を支え続けているおり、バブルのように原油価格の上昇が続いている。しばらく減少を続けている原油在庫が、生産増加か需要減で再度増加に転じたときがバブルの崩壊の時期ではないかと筆者は考えている。


※このコラムで紹介している相場の動きの見方や見通しなどは執筆者の主観に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。