エネルギー速報:天然ガス在庫統計と今後の在庫見通し(つらつらコラム9月25日)

ダイジェスト
週間天然ガス在庫
図1 天然ガス在庫量(青線)と5年平均(黒線)、変動幅(灰色)との比較(出展元 EIA)

EIAが発表した天然ガス在庫量(9月11日から9月18日までの在庫増減)は前週より66Bcf増加(市場予想は76Bcf増、5年平均は75Bcf増)した3680Bcfとなった。在庫の増加スピードは減少したが、平年の同時期に比べ12.4%多い状態で、過去5年の同時期で最大の在庫量であることに変化はない。今週のアメリカ国内の天然ガス供給量は90.5Bcfだったが、国内需要と輸出需要を加えたよりも約10Bcf以上多い状態で在庫増加の要因となっている。
今週の天然ガス生産は前週より0.7Bcf減少した。需要面では総需要が前週から0.7Bcf増加した62.5Bcfとなった。住宅・商業用需要が2.3Bcf増加したことが主要因。電力用需要が30.6Bcfと前週に引き続き2.0Bcfを上回る減少幅となる2.2Bcf減少した。輸出需要ではLNGの輸出は1.0Bcf減少し、メキシコ向けのパイプライン輸出は0.3Bcf増加した6.0Bcfだった。
昨日の天然ガス市場は、生産量の減少と輸出の増加を材料に続伸し、天然ガスの在庫が過去5年で最大となっていることは特に影響しなかった。

表1 地域別天然ガス在庫量(出展元EIA)

表1はアメリカの地域別在庫の内訳で、西海岸(PacificやMountain)では平年より高い気温が続いていること、アメリカ南部ではハリケーン「サリー」の接近による生産減で在庫増加は小幅になった。在庫量の合計は3680Bcfで平年と比べて407Bcf、前年と比べて504Bcf多くなっている。今後の在庫増加が平年並み(80Bcf)の増加とした場合には来月10月31日時点の在庫予想は先週より若干増加した4130Bcfとなった。在庫量はアメリカの天然ガス貯蔵施設の設計容量(4693Bcf)の88.0%、有効容量(4261Bcf)の96.9%に達する見込み。

天然ガス需要と供給

表2は9月17日から9月23日までの天然ガスの供給内訳となる。天然ガスの生産量は日量87.0Bcfと前週の87.7Bcfと比べて0.7Bcfの増加となった。カナダからの輸入が3.5Bcfと0.4Bcfの減少となり、供給量全体では前週比で1.2Bcfの減少となった。

表2 部門別天然ガス供給量(出展元EIA)

表3は表2と同じ期間(9月17日から9月23日)の天然ガスの部門別需要の表となる。一日当たりの総需要量は62.5Bcfとなり前週比で0.6Bcfの増加となった。発電用需要が30.6Bcfと前週に続いて前週比で2.2Bcfの減少、工業用は21.2Bcfと前週から0.4Bcfの増加、住宅用・商業用は10.6Bcfと前週から2.3Bcfの大幅増加となった。輸出需要では、メキシコ向けのパイプライン輸出が0.3Bcf前週より増加した6.0Bcf、LNG輸出は前週から1.0Bcf減少となる6.0Bcfだった。

表3 部門別天然ガス需要量(出展元EIA)
採掘用リグ稼働数

図2はベーカー・ヒューズ社が毎週金曜日に発表する原油・天然ガス採掘用リグ数の推移(色はリグの採掘方法の違い)で最新の9月15日の情報によると、リグ数の合計は255基と前週比で1基増加した。

図2 原油・天然ガス採掘用稼働リグ数推移(出展元 EIA)

表4は採掘用リグの稼働数を原油と天然ガスに分けたものとなる。9月15日の時点のリグ数は、前週に比べて原油採掘用が1基減少した179基、天然ガス採掘用は2基増加した73基となり、どちらの用途でもない3基を加えて合計255基だった。原油採掘用リグ数は180基付近、天然ガス採掘用リグ数は70基付近で推移している。

表4 原油採掘リグ数と天然ガス採掘リグ数の前週比比較と前年比比較(出展元 EIA)
今後の見通し

今週の在庫統計では9月18日時点の在庫は前週比で66Bcf増加と各社予想の76Bcf増を下回った。天然ガスの生産量(9月17日から23日)は0.7Bcfの減少となり、メキシコ湾上での天然ガス生産がハリケーン「サリー」の接近で閉鎖されたことが要因となっていると考えられる。
需要側ではLNGやパイプラインによる輸出用需要が引き続き順調だった他、住宅用・商業用需要が2.3Bcfと大幅増加し、発電用需要が前週に引き続き2.2Bcfの大幅減少になったことを補った。個別の需要を見ていくと、発電用需要はこれまで気温が低下していた中西部に加えて、アメリカ東部やカリフォルニアからテキサス西部にかけてのメキシコ国境沿いの地域の気温が低下したことにより冷房用需要が前週に引き続き大幅に低下している。特にこれまで記録的な熱波により気温が平年を上回っていたメキシコ国境沿いでの気温低下の影響は大きいと思われる。LNG需要は記録的な多さとなった前週の7.0Bcfから1.0Bcf減少したが、平年並みの需要を依然維持している。
供給面では今週は移動速度の遅いハリケーン「サリー」の接近でメキシコ湾上の生産施設が閉鎖が長引いたことによる減産が響き、前週の生産量を下回った。ただし、原油採掘用リグ、天然ガス採掘用リグの数に大きな動きがないことや原油生産は増加を続けているため、天然ガスの生産は来週にはハリケーンの連続襲来前の水準まで回復する可能性が高いと考えられる。
天然ガス在庫は増加を続けており、市場予想を下回った今週の在庫増加ペースでも10月末には現在の3680Bcfに5週間で330Bcfが加わり、4000Bcf(貯蔵施設有効容量の93.8%)を上回ることは確実な状況となっている。
ここ1週間の天然ガス価格は月曜日と火曜日はこの在庫問題が注目され火曜日には10%以上の下落となり1MMBtu当たり2.500ドルを割り込む勢いだったが、水曜日以降はガスの生産減と輸出増加を材料に2日で15%以上、1MMBtu当たり3.000ドルの大台に迫る上昇となり、非常に予想の難しい相場が続いている。しかしながら、在庫問題は必ず見直されて、大きな下落につながることは間違いないと考えている。


※このコラムで紹介している相場の動きの見方や見通しなどは執筆者の主観に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。