州別農作業進捗データ(10月14日)

クロッププログレスレポートに基づくアメリカの作付状況

USDAが10月13日に発表したクロッププログレスレポート掲載の10月12日時点の大豆とコーンの農作業の進捗率は以下の表の通り。今週はコロンブスデーの祝日のため1日公表が遅れている。大豆とコーンの収穫が急速に進んでいる。

今週    前週    前年同時期 平年(5年平均)  
大豆作付率終了
大豆発芽率終了
大豆開花率終了
大豆着サヤ率終了
大豆落葉率93%85%81%90%
大豆収穫率61%38%23%42%
コーン作付率    終了
コーン発芽率終了
コーンシルキング率終了
コーンドウ率終了
コーンデント率終了
コーン成熟率94%87%69%87%
コーン収穫率41%25%20%32%
表1 大豆とコーンの作付率と発芽率

大豆の農作業の進捗率の州別データは表2の通り。大豆の落葉率は例年よりやや早い93%(平年90%)でほぼ作業は終了。収穫率は61%となり、平年42%と比べて大幅に作業が進展している。コーンベルトのイリノイ州、インディアナ州、アイオワ州、オハイオ州、南北両ダコタ州では1週間の進捗率が20%を超えており、収穫作業が大きく進展した。

大豆落葉率 前年同時期落葉率 前週落葉率 今週落葉率平年 (5年平均)収穫率 前年同時期収穫率 前週収穫率 今週収穫率平年 (5年平均)
アーカンソー8674898947273855
*イリノイ7681959022255650
*インディアナ7990959125305244
*アイオワ8093979214557835
*カンザス7682918211204020
*ケンタッキー7769787741263635
ルイジアナ9895989886839088
*ミシガン7994969015194232
*ミネソタ8995989616618749
ミシシッピ-9386949370456375
*ミズーリ624977741262224
*ネブラスカ90971009524558239
ノースカロライナ834963722391416
*ノースダコタ9594979814608354
*オハイオ7685939131214944
*サウスダコタ8896979611608242
テネシー9069818947213140
*ウィスコンシン    7388958912184629
全国平均8185939023386142
表2 大豆の農作業の進展率(出展元 USDA)
*印はコーンベルトの州

大豆の作柄予想は表3の通りとなった。作柄は平年(Fair)以上が89%と前週から1%の悪化だった。大豊作(Excellent)の割合が14%で据え置きだが、豊作(Good)以上63%とこちらも1%の悪化となった。前年との比較では、豊作以上の作柄の割合は今週も前年(54%)より9%高くなっている。今週はコーンベルト外の州での作柄改善が目立った。

Very PoorPoorFairGoodExcellent
3週前37275112
2週前37265113
前週37265014
今週38264914
前年41032459
表3 大豆の作柄予想(出展元 USDA)

次に表4は今週のコーンの農業進展率の州別データとなる。成熟率は94%(平年87%)とほぼ作業が終了した。収穫率は41%と平年の32%に比べて、平年並みだった前週と比べて、今週大きく進展している。

コーン成熟率 前年同時期成熟率 前週成熟率 今週成熟率 平年(5年平均)収穫率 前年同時期収穫率 前週収穫率 今週収穫率平年 (5年平均)
コロラド7869907824304219
*イリノイ6989959220264553
*インディアナ6783918821223437
*アイオワ669297896254217
*カンザス9092969445446359
*ケンタッキー9896999782667478
*ミシガン40708273671614
*ミネソタ589498864143415
*ミズーリ9181949743315166
*ネブラスカ8291969018213422
ノースカロライナ1009910010092859091
*ノースダコタ36789377111259
*オハイオ536377801591524
ペンシルヴァニア7879918537132332
*サウスダコタ489195814203915
テネシー100961009991607689
テキサス8992959076788174
*ウィスコンシン    44809274281512
全国平均6987948720254132
表4 コーンの農作業進展率(出展元 USDA)
表中の*印はコーンベルトの州

コーンの作柄予想は表5の通り。全体の86%の畑が平年並み(FairとGood、Excellent)以上の作柄で前週から1%の悪化となった。豊作以上(GoodとExcellent)の割合は61%とこちらも1%の悪化だったが、大豊作(Excellent)の割合が1%増加している。豊作以上の割合は前年の55%を上回っている。今週はイリノイ州やミネソタ州、ノースダコタ州などでの作柄改善が目立った。

Very PoorPoorFairGoodExcellent
3週前59254714
2週前59254714
前週49254814
今週59254615
前年411304411
表5 コーンの作柄予想(出展元 USDA)

※このコラムで紹介している相場の動きの見方や見通しなどは執筆者の主観に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。