穀物速報:クロッププログレスレポートと天気予報(つらつらコラム7月21日)

ダイジェスト(クロッププログレスレポートと天気予報) 大豆の開花率は64%で平年(57%)よりやや早く、着サヤ率は25%と平年(21%)並みからやや早い進捗率大豆の作柄予測では豊作以上(Good、Excellent)が69%(前年は54%)となり、前週から1%改善コーンのシルキング(受粉)率は59%(平年54%)で平年並みか平年以上のペース。ドウ期(粒形成)へ入りドウ率は4%(非年7%)と平年並み…
続きを読む

[2020/07/21 14:00]

州別農作業進捗データ(7月21日)

クロッププログレスレポートに基づくアメリカの作付状況 7月20日にUSDAから発表されたクロッププログレスレポートに基づいた7月19日時点の大豆とコーンの農作業の進捗率は以下の通り。 今週    前週    前年同時期 平年(5年平均)  大豆作付率終了---大豆発芽率終了---大豆開花率64%48%35%57%大豆着サヤ率25%11%6%21%コーン作付率    終了---コーン発芽率終了---…
続きを読む

[2020/07/21 01:00]

テスラ株のS&P50採用可能性(つらつら分析7月20日)

  ダイジェスト 株価は1年でおよそ6倍となり、自動車メーカとしての時価総額でトップ、企業全体でも17位に7月22日に発表されるテスラの第2四半期決算の黒字の可能性は高い黒字の場合S&P500に採用される可能性が大きい採用見込みの期待上げとなっているが、採用決定で更に上向きの可能性採用見送りの場合、暴落の可能性、空売り総額は約200億ドルに テスラの株価の上昇 7月1日にEVメーカー、テス…
続きを読む

[2020/07/20 15:00]

エネルギー速報:天然ガス在庫統計と今後の在庫見通し(つらつらコラム7月17日)

ダイジェスト 天然ガスの在庫増加量は45Bcf(前週56Bcf)と3週連続で平年の増加量63Bcfを下回る在庫量は3178Bcfで平年(2742Bcf)に先週より近付く生産量は前週比で日量0.6Bcf減少した88.9Bcf天然ガス生産用リグ数は前週より1基減少した75基LNG輸出が日量3.3Bcfと前週より0.2Bcf微増したが、依然として平年比の約半分、2020年年初比の3分の1の水準気温の上昇…
続きを読む

[2020/07/17 14:00]

エネルギー速報:EIA週間原油統計(つらつら分析7月16日)

  ダイジェスト 原油在庫は再度減少原油在庫は週749万バレルの減少原油輸入の週1278万バレルの大幅減少が在庫減の主因原油輸出は週497万バレルの減少需給調整分(Adjustment、後述)による在庫減少効果は前週と同程度ガソリンの在庫は週314万バレル減少ガソリンの市場への供給(需要)量が減少したものの、ガソリン生産(供給)量の増加幅が小さかったこと、ガソリン輸入が大幅に減少したことから在庫が…
続きを読む

[2020/07/16 00:00]

エネルギー速報:OPECプラス会合の行方(つらつら分析7月15日)

  JMMC会合での8月の減産量の決定 今日、OPECプラスによる合同閣僚監視委員会(JMMC)が開かれ、来月の減産幅の決定が行われる予定となっている。大方の市場予想では4月から行われている日量960万バレルの協調減産が、770万バレルまで縮小されると考えられている。減産の終了は当然ながら値下がり圧力となり、現在40ドル付近で均衡している原油相場を崩すと予想される。世界の燃料用需要は回復に向かって…
続きを読む

[2020/07/15 15:00]

穀物速報:クロッププログレスレポートと天気予報、サバクトビバッタ速報(つらつらコラム7月14日)

ダイジェスト(クロッププログレスレポートと天気予報) 大豆の開花率は48%で平年(40%)よりやや早く、着サヤ率は11%と平年(10%)並みの進捗率大豆の作柄予測では豊作以上(Good、Excellent)が68%(前年は54%)となり、前週から3%悪化コーンのシルキング(受粉)率は29%(平年32%)で今週大きく進捗して平年並みへ追いつく、一部はドウ期(粒形成)へ入るコーンの作柄予測は豊作以上(…
続きを読む

[2020/07/14 02:00]

州別農作業進捗データ(7月14日)

クロッププログレスレポートに基づくアメリカの作付状況 7月13日にUSDAから発表されたクロッププログレスレポートに基づいた7月12日時点の大豆とコーンの農作業の進捗率は以下の通り。 大豆の州別データは表2の通り。作付に続き発芽も終了した。開花率はノース・ダコタ州やミシガン州で低かったが今週開花が進み、平年並みのペースまで回復した。その他の州ではおおむね平年以上のペースで進んでいる。大豆の成長によ…
続きを読む

[2020/07/14 00:00]

世界需給データ(7月13日)

  世界需給 需給報告の中の世界各国の需給について見ていこう。 -大豆- 大豆の2019年/2020年シーズンの推定と2020年/2021年シーズンの予想量を主要産地、主要輸入国についてまとめたものが表1となる。2020年/2021年シーズンの大豆の世界生産量は3億6252万トンで、前シーズンを約2500万トン上回る予想となっている。主要国ではアメリカが約1500万トン、アルゼンチンが約350万ト…
続きを読む

[2020/07/13 00:00]

穀物速報:7月の需給報告と今後の見通し(つらつら分析2020年7月13日)

  ダイジェスト 大豆、コーン共に内容にサプライズはなし以下2020年/2021年シーズンについて大豆の予想生産量が増加したことで大豆は下落輸出は据え置きコーンの生産が減少したが市場予想の範囲内生産量と期末在庫が引き下げエタノール用需要、輸出は据え置き金曜日に出た降雨予報でコーンベルトの乾燥による作柄悪化懸念が後退し、大豆、コーン共に下落 総評 日本時間10日25時にUSDAより7月の穀物需給報告…
続きを読む

[2020/07/13 00:00]