相場予想2019年10月10日

  

今日の予想

株式指数

ダウ

[昨日の相場分析]
始値:26188ドル
終値:26347ドル
結果:26122-26439ドル 陽線引け
予想:26000-26500ドル 陰線引け

ダウは上昇。時間外取引は26180ドル台で始まった。アジア時間前半に26230ドル台まで上昇すると、欧州時間前半まで小幅な値動きだった。欧州時間後半に入ると買いが入り、26400ドル台まで上昇した。立会時間に入ると売りが入り26300ドル台を割り込むまで下落したが、立会時間後半には米中協議に対する楽観的な見方から買いが入って26300ドル台を回復して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券):26000-26500ドル 陰線引け
エントリーポイント:26200ドル
目標:26000ドル
ストップロス:26300ドル
備考:
26200ドルの付近での売りを考えたい。下げる場合は26000ドルでの売りか。*中国側代表は予定を変更して10日のみで帰国の模様。

エネルギー

原油

[昨日の相場分析]
始値:52.67ドル
終値:51.85ドル
結果:51.37-52.69ドル 陰線引け
予想:51.30-53.50ドル 陰線引け

原油は下落。時間外取引は52.40ドル台で始まった。アジア時間終盤にかけて52.50ドル台まで上昇したが小幅な値動きだった。欧州時間に入ると買いが入り、53.20ドル台まで上昇した。立会時間に入ると53.50ドル台まで上昇したが、23時に発表されたEIA原油在庫統計は原油在庫が292万バレル増、ガソリン在庫121万バレル減、留出油在庫394万バレル減となったことで下落し、53.00ドルを割り込んだ。日本時間で日付が変わることからシリア情勢が悪化が伝えられ中東のリスクが注目されたことから買い戻されて53.70ドル台まで上昇して高値を付けた。その後は売りが入り、52.50ドル台まで下落して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券11月限):51.00-53.50ドル 陰線引け
エントリーポイント:52.30ドル
目標:51.00ドル
ストップロス:53.00ドル
備考:
52.30ドルでの売りを考えたい。下げる場合は51.50ドルでのトレンドフォローの売りを試したい。

天然ガス

[昨日の相場分析]
始値:2.281ドル
終値:2.231ドル
結果:2.221-2.297ドル 陰線引け
予想:2.250-2.340ドル 陰線引け

天然ガスは下落。時間外取引は2.290ドル台で始まった。アジア時間は小幅な値動きで2.280ドル台まで下落した。欧州時間に入ると一時上昇し、2.300ドル台近くまで上昇したが、すぐに売りに転じて立会時間前に2.260ドルまで下落した。立会時間に入ると一時買い戻されて、2.290ドル台まで戻したものの、売り直されて2.220ドル台まで下落した。引けにかけては若干買い戻されて2.240ドル台で引けた。需要の減少見通しや、在庫の積み増し予測が懸念材料となった。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券11月限):2.200-2.280ドル 陰線引け
エントリーポイント:2.250ドル
目標:2.200ドル
ストップロス:2.300ドル
備考:
2.250ドルでの売りを試したい。上げる場合は2.300ドルでの売りを考えたい。

貴金属

[昨日の相場分析]
始値:1506.0ドル
終値:1515.4ドル
結果:1505.5-1517.0ドル 陽線引け
予想:1487.0-1520.0ドル 陰線引け

金は上昇。時間外取引は1506.0ドル台で始まり、アジア時間前半は小幅な値動きだった。アジア時間終盤からユーロ高となったことから買いが入り1510.0ドル台まで上昇したが、欧州時間に入ると米中協議に対する期待感から売られて1500.0ドル台まで下落した。立会時間にかけてはブレグジットやシリア情勢の悪化を材料に買い戻されて1507.0ドル台まで上昇した、以後は1507.0ドルを中心とした小幅な値動きとなって引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):1492.0-1522.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:1512.0ドル
目標:1500.0ドル
ストップロス:1522.0ドル
備考:
1512.0ドルでのトレンドフォローの売りを推奨。上げる場合は1520.0ドルでの売りを試したい。

白金

[昨日の相場分析]
始値:888.7ドル
終値:891.6ドル
結果:881.6-896.2ドル 陽線引け
予想:872.0-903.0ドル 陰線引け

白金は上昇。時間外取引は892.0ドル台で始まった。アジア時間序盤に890.0ドル付近まで下落したが、すぐにユーロ高を背景とした買いが優勢となり893.0ドル台まで上昇した。欧州時間に入ると売りに転じ885.0ドル台まで下落した。欧州時間後半に入ると890.0ドルまで上昇する場面もあったがすぐに882.0ドル台まで売りなおされた。立会時間に入ると米中協議の期待感から買いが入り895.0ドル台まで上昇した。その後はやや売りが優勢になったが890.0ドル台を維持して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):882.0-901.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:895.0ドル
目標:885.0ドル
ストップロス:905.0ドル
備考:
上げる場合は895.0ドルでの売りを、下げる場合は890.0ドルでの売りを試したい。

穀物

産地の天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:多くの地域で晴。今後の予想雨量は平年を上回る。
気温:北部では気温が低下。この先2週間は平年を下回る見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:西側では前線に伴う雷雨。今後の予想雨量は特に西部で平年を上回る。
気温:北西部から気温が低下し、吹雪・凍結・霜注意報が出ている。この先2週間は平年を下回る見込み。

大豆

[昨日の相場分析]
始値:918.0セント
終値:921.5セント
結果:917.5-930.5セント 陽線引け
予想:907.0-930.0セント 陽線引け

大豆は上昇。時間外取引は918.0セント台で始まり、アジア時間序盤に921.0セント台まで上昇すると、以後は欧州時間前半まで小幅な値動きとなった。欧州時間中盤から明日の需給報告でのイールドや生産量引き下げ観測、中国からの購入提案などから買いが入り、930.0セント台まで上昇して高値を付けた。日本時間21時頃からポジション調整から売りに転じると、923.0セント台まで下落して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券11月限):913.0-935.0セント 陽線引け
エントリーポイント:920.0セント
目標:935.0セント
ストップロス: 915.0セント
備考:
下げる場合は920.0セントでの買いを、上げる場合は925.0セントでの買いを試したい。

コーン

[昨日の相場分析]
始値:395.5セント
終値:392.7セント
結果:392.5-396.2セント 陰線引け
予想:384.0-400.0セント 陽線引け

コーンは下落。時間外取引は395.0セント台で始まり、アジア時間は下落して欧州時間までに392.0セントまで下落した。欧州時間になるとコーンベルトでの気温低下予測を受けて買いが入り、立会時間までに396.0セントまで上昇して高値を付けた。その後は利益確定や需給報告を控えてのポジション整理の売りが入り、392.0セント台まで下落して引けた。この日EIA発表のエタノール統計では生産量が日量96.3万バレル、前週の95.8万バレルから増加した。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券12月限):388.0-400.0セント 陽線引け
エントリーポイント:392.0セント
目標:400.0セント
ストップロス:388.0セント
備考:
下げる場合は392.0セントでの買いを、上げる場合は395.0セントでの買いを試したい。

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。