相場予想2019年10月14日

  

今日の予想

株式指数

ダウ

[昨日の相場分析]
始値:26587ドル
終値:26808ドル
結果:26541-27015ドル 陽線引け
予想:26250-26800ドル 陰線引け

ダウは上昇。時間外取引は26580ドル台で始まり、アジア時間前半は26580ドル付近で小幅な値動きだった。アジア時間後半頃から買いが入り26600ドル台まで小幅に上昇した。欧州時間に入ると米中間の部分的合意が無事に行われるとの期待から強い買いが入り、26800ドル台まで上昇、立会時間開始時間には26900ドル台まで上昇した。その後はやや伸び悩んだが、実際に合意が成立し会談が行われたことで引けにかけて再び上昇し27000を突破して高値を付けた。高値を付けた後は最終合意までに再び米中間の摩擦が再燃するとの見方から売りが入り、約200ドル下落して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券):26500-27150ドル 陰線引け
エントリーポイント:27000ドル
目標:26500ドル
ストップロス:27150ドル
備考:
27000ドルまで上昇した後の売りを試したい。下げる場合は26800ドルでの売りを推奨。

エネルギー

原油

[昨日の相場分析]
始値:53.88ドル
終値:54.85ドル
結果:53.62-54.90ドル 陽線引け
予想:52.30-54.50ドル 陰線引け

原油は上昇。時間外取引は53.80ドル台で始まり、アジア時間は53.80ドル付近で小幅な値動きとなった。アジア時間終盤からイランのタンカーがサウジアラビア沖で攻撃を受けたとの報から買いが入り、54.50ドル台まで上昇した。欧州時間前半は54.50ドルから54.70ドルのレンジで推移したが、次第に軟化し、欧州時間終盤には53.60ドル台まで下落して安値を付けた。立会時間に入ると米中協議の進展期待や部分合意への期待から買いが入り、日本時間で日付が変わるころに54.50ドル台まで上昇した。引けにかけても米中間の部分適合の成立や上昇を続けて引け直前に54.90ドルまで上昇して高値を付け、ほぼそのまま引けた。この日発表のベーカーヒューズ稼働原油採掘リグ数は712基(前週比+2基)となったが影響は小さかった。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券11月限):53.50-55.50ドル 陰線引け
エントリーポイント:54.60ドル
目標:53.50ドル
ストップロス:55.20ドル
備考:
54.60ドルでのトレンドフォローの売りを推奨。上げる場合は55.50ドルでの売りを試したい。

天然ガス

[昨日の相場分析]
始値:2.198ドル
終値:2.214ドル
結果:2.179-2.253ドル 陽線引け
予想:2.160-2.250ドル 陰線引け

天然ガスは上昇。時間外取引は2.198ドルで始まった。アジア時間は2.200ドル付近で小幅な値動で、欧州時間開始前まで推移した。欧州時間直前より気温が低下し、需要が増加するとの見通しから買いが入り、2.210ドル台まで小幅に上昇した。日本時間20時過ぎに売りが入り2.200ドル台まで下落し、立会時間開始直後には2.170ドル台まで売られたが、直ぐに買いに転じ、日付の変わる頃には2.250ドル台まで上昇し高値を付けた。その後は売りに転じ2.210ドル台まで下落して引けた。在庫が増加し2年振りに平均値に達したことが懸念材料となった。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券11月限):2.160-2.250ドル 陰線引け
エントリーポイント:2.210ドル
目標:2.160ドル
ストップロス:2.250ドル
備考:
2.210ドルでのトレンドフォローの売りを推奨。上げる場合は2.250ドルでの売りを試したい。

貴金属

[昨日の相場分析]
始値:1494.4ドル
終値:1488.5ドル
結果:1474.0-1503.2ドル 陰線引け
予想:1475.0-1515.0ドル 陰線引け

金は下落。時間外取引は1494.0ドル台で始まった。アジア時間は1495.0ドル台付近で小幅値動きとなった。アジア時間終盤から買いが入り、欧州時間前半にイランのタンカーが紅海で攻撃を受けたとの報が入ったことで、1503.0ドル台まで上昇して高値を付けた。その後は米中間で部分合意に達するとの報やブレグジットの離脱案見直しが行われ合意無き離脱が遠のくとの見方から一転売りに転じた。立会時間前には1480.0ドル台まで下落、立会時間が始まると1474.0ドルまで売られ安値を付けた。日本時間で日付が変わる頃から買いに転じ引けにかけて1490.0ドル台付近まで上昇して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):1467.0-1504.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:1485.0ドル
目標:1475.0ドル
ストップロス:1495.0ドル
備考:
1485.0ドルでのトレンドフォローの売りを推奨。

白金

[昨日の相場分析]
始値:896.4ドル
終値:894.9ドル
結果:882.9-904.8ドル 陰線引け
予想:886.0-905.0ドル 陰線引け

白金は小幅下落。時間外取引は896.0ドル台で始まった。アジア時間は896ドル台から900ドル台の間で小幅な値動きだった。アジア時間終盤から金の連れ高となって上昇し900ドル台を突破、904.0ドル台まで上昇して高値を付けた。日本時間20時ごろから金が軟調に転じると、白金にも売りが入り、立会時間前までに885.0台まで15ドル以上下落した。立会時間に入った直後は米中協議進展による工業用需要の下支え見通しを材料に買いが入って892.0ドル台まで上昇したが、直ぐに882ドル台まで売られて安値を付けた。日本時間の日付が変わる頃から買いに転じ895.0ドル付近まで上昇して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):876.0-904.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:897.0ドル
目標:885.0ドル
ストップロス:904.0ドル
備考:
897.0ドルでの売りを推奨。

穀物

産地の天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:広い範囲で雷雨。今後の予想雨量は平年を上回る。
気温:北部では気温が低下。東部で霜注意報も出ている。ただし、2週間後は平年並みの見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:北部で降雪やみぞれ。今後の予想雨量は特に西部で平年を上回る。
気温:北部・西部で気温が低下、広い範囲で吹雪・凍結・霜注意報が広がっている。ただし、2週間後は平年並みの見込み。

大豆

[昨日の相場分析]
始値:923.0セント
終値:933.5セント
結果:922.7-938.5セント 陽線引け
予想:915.0-937.0セント 陽線引け

大豆は上昇。時間外取引は923.0セントから始まった。アジア時間前半から上昇、アジア時間が終わる頃には約10セント上げて932.0セント台まで上昇した。欧州時間に入ると932.0セントを中心小幅な値動きとなった。日本時間20時を過ぎると売りが入り、930.0セント台まで下落した。立会時間に入ると動きが大きくなった。開始直後からアメリカと中国が部分合意に達するとの報を材料に買いが入り、日本時間の日付が変わる頃には938.0セント台まで上昇して高値を付けた。その後はやや軟化したが、933.0セント台で引けた。中国が大豆39.8万トンを買い付けたとの報が支援材料となった。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券11月限):922.0-950.0セント 陽線引け
エントリーポイント:932.0セント
目標:950.0セント
ストップロス: 927.0セント
備考:
932.0セントでの買いを推奨。上げる場合は938セントでの買いを試したい。

コーン

[昨日の相場分析]
始値:380.0セント
終値:397.5セント
結果:380.0-398.0セント 陽線引け
予想:378.0-395.0セント 陽線引け

コーンは上昇。時間外取引は380.0セント台から始まった。アジア時間前半から上昇が始まり、欧州時間開始前までに383.0セント台まで上昇した。欧州時間は383.0セント台で小幅な値動きとなった。立会時間直前から米中貿易交渉の部分的合意が報じられたことによる大豆の連れ高となって買いが入り、立会時間が始まると上昇し、390.0セント台を突破した。昨日の急落に対する反省高もあって、その後も買いが入って木曜日の下げ分を一掃し、397.0セント台まで上昇して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券12月限):388.0-400.0セント 陽線引け
エントリーポイント:392.0セント
目標:400.0セント
ストップロス:388.0セント
備考:
392.0セントでの買いを試したいが、上げる場合は400.0セントでの買いを入れたい。

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。