相場予想2019年10月21日

  

今日の予想

株式指数

ダウ

[金曜日の相場分析]
始値:27029ドル
終値:26770ドル
結果:26770-27061ドル 陰線引け
予想:26750-27300ドル 陽線引け

ダウは下落。時間外取引は27020ドルで始まった。アジア時間は軟化し欧州時間までに26970ドル台まで下落した。欧州時間に入ると買いが入り、日本時間21時までに27050ドル台まで上昇した。その後立会時間に入るとダウ構成株の不祥事が相場の足かせとなった。ボーイングが連邦航空局(FAA)に対して虚偽報告を行ったとの報道されたほか、ジョンソン・アンド・ジョンソン(J&J)のベビーパウダーにアスベストが混入していると食品医薬品局(FAA)が発表したことを受けて当該商品のリコールを行うと発表した。これら該当企業の株の急落を受けてダウ平均も26800ドルまで下落した。その後一時26870ドルまで買い戻された場面もあったが、再度売り直されて26770.0ドル台で引けた。

企業決算ではこの日発表のコカ・コーラは売上高が予想を上回り1株当たりの利益が予想と一致した。
21日はハリバートンなどの決算が予定されている。
*土曜日に予定されていた英国議会による離脱案採決は延期された。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券):26550-27150ドル 陽線引け
エントリーポイント:26850ドル
目標:27150ドル
ストップロス:26750ドル
備考:
26850ドルでのトレンドフォローの買いを試したい。

エネルギー

原油

[金曜日の相場分析]
始値:54.03ドル
終値:53.68ドル
結果:53.33-54.59ドル 陰線引け
予想:52.00-55.00ドル 陰線引け

原油は下落。時間外取引は 54.00ドル台で始まった。アジア時間は軟化し、欧州時間までに53.70ドル台まで下落した。中国のGDPの伸びが+6.0%と過去最低になり、景気減速の見方から売りが入った。欧州時間に入るとEIAの在庫統計で原油在庫が減少したことなどを材料とした買いが入って、54.50ドル台まで上昇した。日本時間20時ごろから世界経済の減速懸念から売りが入って下落し、日付が変わる頃までに53.30ドル台まで下落した。引けにかけてはやや上昇して53.60ドル台で引けた。日本時間26時にベーカー・ヒューズ社が発表した原油採掘リグ稼働数は713基(前週比+1基)となった。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券12月限):52.50-55.00ドル 陰線引け
エントリーポイント:53.50ドル
目標:52.50ドル
ストップロス:54.20ドル
備考:
53.50ドルでのトレンドフォローの売りを推奨。上げる場合は54.50ドルでの売りを試したい。

天然ガス

[金曜日の相場分析]
始値:2.311ドル
終値:2.348ドル
結果:2.281-2.351ドル 陽線引け
予想:2.250-2.375ドル 陰線引け

天然ガスは上昇。時間外取引は2.310ドル台で始まった。アジア時間前半は2.310ドルを中心とした小幅な値動きとなった。アジア時間後半に入ると2.320ドル台まで上昇し欧州時間までは2.320ドル台で売買された。日本時間19時ごろから売りが入って、立会時間にかけて2.290ドル台まで下落し安値を付けた。立会時間に入ると買いが入って2.340ドル台まで上昇したが、日本時間で日付が変わるころから来週の気温上昇により需要が減少するとの見込みから売りが入り、2.300ドル台まで下落して上昇分をほぼ一掃した。在庫が2年振りの高水準にあることも懸念材料となった。日本時間27時ごろからは再来週に気温が大幅に低下し、暖房需要が増加する見通しから強いが入って、引けにかけて2.350ドル台まで上昇して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券12月限):2.250-2.375ドル 陽線引け
エントリーポイント:2.320ドル
目標:2.370ドル
ストップロス:2.270ドル
備考:
2.320ドルでの買いを推奨。

貴金属

[金曜日の相場分析]
始値:1492.0ドル
終値:1489.8ドル
結果:1484.9-1494.1ドル 陰線引け
予想:1475.0-1506.0ドル 陰線引け

金は下落。時間外取引は1492.0ドルで始まった。アジア時間は1492.0ドルを中心とした小幅な値動きとなった。アジア時間終盤から欧州時間前半にかけて売りが入り1487.0ドル台まで下落した。英国議会でのEU離脱修正案の採決を19日に控えて手じまい売りが出た。日本時間20時ごろに1485.0ドル台まで下落したが、直後にドル安や株安を受けた買いが入って上昇に転じ、立会時間にかけて1490.0ドル台まで上昇した。立会時間は材料待ちの展開となり、1490.0ドルを中心とした小幅な値動きとなって1489.0ドル台で引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):1470.0-1506.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:1495.0ドル
目標:1475.0ドル
ストップロス:1506.0ドル
備考:
1495.0ドルでの売りを試したい。下げる場合は1480.0ドルでのトレンドフォローの売りか。

白金

[金曜日の相場分析]
始値:886.7ドル
終値:889.7ドル
結果:881.8-893.7ドル 陽線引け
予想:872.0-895.0ドル 陰線引け

白金は小幅上昇。時間外取引は886.0ドル台で始まった。アジア時間序盤から金の軟調を受けて軟化し、アジア時間後半までに885.0ドル台まで下落した。欧州時間に入っても売りが優勢で、日本時間20時ごろに安値を付けた。昨日合意した英国とEUの合意案の採決を控えて手じまい売りが出た。21時ごろからは買いが入って上昇に転じ、立会時間までに887.0ドル台まで上昇した。立会時間に入ると一時882.0ドル台まで売られたが、ドル安を受けた強い買いが入って892.0ドル台まで約10ドル上昇した。FRBの利下げ観測などが支援材料となった。日本時間で日付が変わるころから売りが入って890.0ドル台まで下落した。引けまでは890.0ドル台で小幅な値動きとなったが、引け直前に強い売りが入って881.0ドルまで下落して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):875.0-900.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:895.0ドル
目標:880.0ドル
ストップロス:900.0ドル
備考:
895.0ドルでの売りを試したい。下げる場合は887.0ドルでの売りを入れたい。

穀物

産地の天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:現在降雨はない。今後の予想雨量は平年を上回る。
気温:オハイオ州で霜注意報が出ている。2週間後は平年以下の見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:広い範囲で雷雨。今後の予想雨量は平年を上回る。
気温:北部でも寒さが緩む。2週間後は平年以下の見込み。
・メキシコ湾で熱帯暴風雨ネストルが発生。進路はフロリダ半島。

大豆

[金曜日の相場分析]
始値:931 .0セント
終値:933.0セント
結果:930.0-937.7セント 陽線引け
予想:922.0-945.0セント 陽線引け

大豆は上昇。時間外取引は931.0セント台で始まった。アジア時間前半には買いが入り935.0セント台まで上昇した。その後は935.0セントを中心とした小幅な値動きとなった。欧州時間に入ると売りが入り932.0セント台まで下落した。日本時間20時頃から再び売りが入り、930.0セント台まで下落した。立会時間に入ると、USDAが発表した純輸出成約高が160.1万トンで、内中国向けが85.0万トン含まれたことを好感した買いが入り、935.0セント台まで上昇した。コーンベルトで収穫作業が遅れていることも支援材料となった。日本時間の日付が変わる頃からは935.0セント台で小幅な値動きとなり、引けにかけて売りが入って933.03セント台まで下落して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券1月限):924.0-947.0セント 陽線引け
エントリーポイント:932 .0セント
目標:945.0セント
ストップロス: 927.0セント
備考:
932.0セントでの買いを推奨。上げる場合は937.0セント台で買いを入れたい。

コーン

[金曜日の相場分析]
始値:393.7セント
終値:389.7セント
結果:389.2-395.2セント 陰線引け
予想:389.0-401.0セント 陽線引け

コーンは下落。時間外取引は393.0セント台で始まった。アジア時間前半は393.0セントを中心とした小幅な値動きとなった。日本時間10時ごろから買いが入り、395.0セントまで上昇した。欧州時間に入ると売りが入り、USDA発表の純輸出成約高は36.8万トンと低調だったことを受けて、立会時間までに391.0セント台まで下落した。立会時間に入ると390.0セントまで下落した。ただコーンベルトでの収穫遅れ懸念から下値は固く、直後に391.0セント台まで買い戻されたが、再度売り直されて、390.0セント台まで下落して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券12月限):385.0-400.0セント 陽線引け
エントリーポイント:392.0セント
目標:400.0セント
ストップロス:387.0セント
備考:
392.0セントでのトレンドフォローの買いを試したい。下げる場合は387.0セントでの買いを入れたい。

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。