相場予想2019年10月22日

  

今日の予想

株式指数

ダウ

[前日の相場分析]
始値:26764ドル
終値:26825ドル
結果:26738-26874ドル 陽線引け
予想:26550-27150ドル 陽線引け

ダウは上昇。時間外取引は26760ドルで始まった。アジア時間前半は買いが優勢で26850ドルまで上昇した。アジア時間後半からは小幅な値動きとなり欧州時間後半まで、26800ドルから26870ドルの範囲で推移した。立会時間には中国がオバマ政権時代の相殺関税がWTOのルールを順守していないとしてアメリカに対する制裁をWTOへ申請したことが明らかとなったことで売りが入り、26750ドルまで下落した。その後は買いに転じて26820ドルを回復して引けた。トランプ大統領を始めとしたアメリカ政府高官の発言が中国との通商合意に対する期待感を高めたことは支援材料となった。
この日の企業決算では油田サービス大手ハリバートンの株価は続伸した。一方でボーイングは737MAXの運航再開への不透明感が増したことで下落し、ダウ平均の重しとなった。
22日はUPSやマクドナルド、P&Gなどの決算が予定されている。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券):26560-27110ドル 陽線引け
エントリーポイント:26800ドル
目標:27100ドル
ストップロス:26700ドル
備考:
26800ドルでの買いを試したい。上げる場合は26900ドルで買いを入れたい。

エネルギー

原油

[前日の相場分析]
始値:53.64ドル
終値:53.44ドル
結果:52.68-54.01ドル 陰線引け
予想:52.50-55.00ドル 陰線引け

原油は下落。時間外取引は 53.60ドル台で始まった。アジア時間は53.50ドルから53.70ドルのレンジで小幅値動きだった。アジア時間終盤から買いが入り、欧州時間前半までに53.70ドル台まで上昇した。日本時間17時半頃から英国の下院議長が離脱案の採決を拒否したことから売りが入り、約0.50ドル下落した。その後、買い戻しの動きがあり、立会時間までに53.50ドル台まで買われた。立会時間に入ると中国がオバマ政権時代の相殺関税がWTOのルールを順守していないとしてアメリカへの制裁を申請したことが明らかとなったことで、大きく売られて53.00ドルを割り込んで安値を付けた。以後は53.50ドル台まで買い戻されて引けた。シティグループの分析でOPECの減産の可能性があると示されたことが支援材料となった。 一方でロシアの9月の生産量が協調減産の上限を上回ったことは懸念材料。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券12月限):52.50-54.50ドル 陰線引け
エントリーポイント:53.20ドル
目標:52.50ドル
ストップロス:54.00ドル
備考:
53.20ドルでのトレンドフォローの売りを考えたい。上げる場合は54.00ドルでの売りを試したい。

天然ガス

[前日の相場分析]
始値:2.300ドル
終値:2.232ドル
結果:2.205-2.313ドル 陰線引け
予想:2.250-2.375ドル 陽線引け

天然ガスは下落。時間外取引は下窓が開いて2.300ドル台で始まった。アジア時間前半から欧州時間までは2.300ドルを中心とした小幅な値動きとなった。日本時間21時頃から立会時間にかけては、中国がオバマ政権時代の相殺関税がWTOのルールを順守していないとしてアメリカへの制裁を申請したことが明らかとなったことでエネルギー相場にも強い売りが入って、立会時間序盤に2.200ドル台まで下落し安値を付けた。その後、買い戻しの動きは弱く、2.230ドルまで上昇した程度だった。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券12月限):2.180-2.320ドル 陽線引け
エントリーポイント:2.220ドル
目標:2.300ドル
ストップロス:2.180ドル
備考:
2.220ドルでの買いを試したい。上げる場合は2.260で買いを入れたい。

貴金属

[前日の相場分析]
始値:1491.3ドル
終値:1484.1ドル
結果:1481.5-1495.2ドル 陰線引け
予想:1475.0-1506.0ドル 陰線引け

金は下落。時間外取引は上窓が開いて1491.0ドルで始まった。アジア時間は1489.0ドルから1491.0ドルの範囲で小幅な値動きとなった。アジア時間終盤に買いが入り1492.0ドル台まで上昇した。欧州時間に入ると売りに転じ、1487.0ドル台まで下落したが、日本時間17時ごろから買い戻されて、1492.0ドル台まで上昇した。立会時間にかけて更に買われて、一時1495.0ドル台まで上昇して高値を付けた。立会時間に入ると一転して強い売りが入り、日本時間の日付が変わる頃までに1485.0ドル台まで下落した。ドルが堅調となったこと、アメリカの長期金利の上昇と株価の堅調さが懸念材料となった。その後の買い戻しの動きは弱く、引けにかけて1484.0ドル台まで下落して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):1470.0-1500.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:1490.0ドル
目標:1480.0ドル
ストップロス:1495.0ドル
備考:
1490.0ドルでの売りを試したい。下げる場合は1480.0ドルでのトレンドフォローを試したい。

白金

[前日の相場分析]
始値:891.3ドル
終値:887.7ドル
結果:883.5-898.1ドル 陰線引け
予想:875.0-900.0ドル 陰線引け

白金は下落。時間外取引は891.0ドル台で始まった。アジア時間序盤に884.0ドル台まで下落した後、890ドル台まで上昇した。その後も買いが入りアジア時間後半までに893.0ドル台まで買われた。欧州時間に入っても買いが優勢で、立会時間までに895.0ドル台まで上昇した。立会時間に入ると一時898.0ドル台まで上昇したが、直後に金が軟調となったことから売りに転じ、日本時間の日付が変わる頃までに885.0ドル台まで売られた。その後買い戻しの動きは弱く、887.0ドル付近まで上昇して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):880.0-900.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:890.0ドル
目標:880.0ドル
ストップロス:895.0ドル
備考:
890.0ドルでの売りを試したい。下げる場合は883.0ドルでの売りを考えたい。

穀物

産地の天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:広範囲で雷雨。今後の予想雨量は平年並み。
気温:オハイオ州で霜注意報が出ている。2週間後は平年以下の見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:広い範囲で雷雨、北部ではみぞれ。今後の予想雨量は平年並み。
気温:北部で再び気温低下。2週間後は平年以下の見込み。

大豆

[前日の相場分析]
始値:930 .2セント
終値:932.5セント
結果:929.2-939.0セント 陽線引け
予想:924.0-947.0セント 陽線引け

大豆は上昇。時間外取引は930.0セント台で下窓が開いて始まった。アジア時間前半には買いが入り937.0セント台まで大きく上昇した。アジア時間後半に入ると売りに転じ、934.0セント台まで下落すると以降は欧州時間まで小幅な値動きとなった。欧州時間前から買いが入り937.0セント台まで上昇し、立会時間までは936.0セント台から938セント台で推移した。立会時間に入ると、中国がオバマ政権時代の相殺関税がWTO協定を順守していないとして制裁措置をWTOへ申請していたことが明らかとなったことから強い売りが入り932.0セント台まで下落した。その後、輸出検証高が129.6万トン(中国向け7.0万トン)と、前週の95.5万トンを大きく上回ったことから935.0セント台まで買い戻されたが、売り直されて、932.0セント台で引けた。引け後に発表されたUSDAのプログレスレポートでは落葉率94%(平年97%)、収穫率46%(平年64%)となった。作柄は良以上が54%、劣以下が14%と据え置かれた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券1月限):924.0-943.0セント 陽線引け
エントリーポイント:930 .0セント
目標:940.0セント
ストップロス: 925.0セント
備考:
930.0セントでの買いを考えたい。上げる場合は935.0セント台での買いを試したい。

コーン

[前日の相場分析]
始値:389.2セント
終値:386.5セント
結果:386.0-393.0セント 陰線引け
予想:385.0-400.0セント 陽線引け

コーンは下落。時間外取引は下窓が開いて389.0セント台で始まった。アジア時間前半は389.0セントを中心とした小幅な値動きとなった。欧州時間前から買いが入り、日本時間18時までに391.0セントまで上昇した。その後、立会時間までは小幅な値動きとなったが、立会時間に入ると売りが入り、388.0セントまで下落した。立会時間後半には輸出検証高が前週の48.0万トンを上回ったものの、53.1万トンは前年の4割ほどで低調との見方から更に売られて、386.0セント台まで下落した引けた。コーンベルトの悪天候は収穫遅れの観測から下値を支えた。引け後に発表されたUSDAのプログレスレポートでは成熟率86%(平年97%)、収穫率30%(平年47%)となった。作柄は良以上が56%と1%の改善、劣以下が14%と1%改善した。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券12月限):381.0-395.0セント 陽線引け
エントリーポイント:385.0セント
目標:395.0セント
ストップロス:381.0セント
備考:
385.0セントでの買いを試したい。上げる場合は389.0セントでの買いを入れたい。

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。