相場予想2019年10月23日

  

今日の予想

株式指数

ダウ

[前日の相場分析]
始値:26834ドル
終値:26791ドル
結果:26782-26946ドル 陰線引け
予想:26560-27110ドル 陽線引け

ダウは下落。時間外取引は26830ドル台で始まった。アジア時間序盤に買いが入って、26880ドル台まで上昇した後は26880ドル付近で小幅な値動きとなった。欧州時間が始まる直前から売りが入って、日本時間18時頃までに26790ドル台まで下落した。その後はやや買いが入って、26830ドル台まで上昇した。立会時間に入ると買いが優勢となり、日本時間の日付が変わる頃に26936ドル台まで上昇して少し後に高値を付けた。その後は英国でEU離脱協定関連法案の審議促進のための動議が否決され、月内の離脱が不透明な情勢になったことから上値が重く、引けにかけて売られて26790ドル台まで下落して引けた。P&Gの決算は予想を上回ったが、マイクロソフトは予想を下回った。
23日はボーイング、キャタピラー、マイクロソフトなどの決算が予定されている。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券):26570-27120ドル 陽線引け
エントリーポイント:26840ドル
目標:27000ドル
ストップロス:26740ドル
備考:
26840ドルでのトレンドフォローの買いを試したい。

エネルギー

原油

[前日の相場分析]
始値:53.39ドル
終値:54.30ドル
結果:52.05-54.77ドル 陽線引け
予想:52.50-54.50ドル 陰線引け

原油は上昇。時間外取引は53.30ドル台で始まった。アジア時間はやや売られて53.10ドル台まで下落する小幅な値動きだった。欧州時間に入ってもしばらくは小幅な値動きだったが、日本時間20時頃から買いが入って、立会時間開始時間頃に54.00ドルを回復した。米中の高官による貿易協議へのポジティブな発言が支援材料となった。トランプ・アメリカ大統領は11月のAPECに合わせて署名したい意向を示している。その後も買いが入って、日本時間で日付が変わる頃に54.77ドルまで上昇して高値を付けた。その後は伸び悩み、53.30ドル台で引けた。日本時間29時30分発表のAPI原油統計は原油在庫220万バレル増、ガソリン在庫230万バレル減、留出油在庫280万バレル減となった。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券12月限):52.90-55.00ドル 陰線引け
エントリーポイント:54.50ドル
目標:53.00ドル
ストップロス:55.00ドル
備考:
一度上げて再度下げてくる場面で54.50ドルで売りを考えたい。下げる場合は53.70ドルでの売りを入れてみたい。

天然ガス

[前日の相場分析]
始値:2.231ドル
終値:2.268ドル
結果:2.224-2.302ドル 陽線引け
予想:2.180-2.320ドル 陽線引け

天然ガスは上昇。時間外取引は2.230ドル台で始まった。アジア時間から欧州時間にかけては、2.225ドル台から2.245ドル台のレンジで小幅な値動きとなった。立会時間直前から買いが入り、日本時間の日付が変わった頃に2.300ドル台まで上昇して高値を付けた。生産量は増えているが、月末から2週間の気温が低下するとの予報が支援材料となった。その後の上値は重く、日本時間26時頃には2.260ドル台まで下落して、そのまま引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券12月限):2.210-2.320ドル 陽線引け
エントリーポイント:2.250ドル
目標:2.320ドル
ストップロス:2.200ドル
備考:
2.250ドルまで下がったら買いを入れたい。

貴金属

[前日の相場分析]
始値:1484.8ドル
終値:1487.6ドル
結果:1480.8-1488.9ドル 陽線引け
予想:1470.0-1500.0ドル 陰線引け

金は上昇。時間外取引は1484.0ドルで始まった。アジア時間前半に1483.0ドルまで下落すると、買いに転じて以後アジア時間はほぼ一方的に上昇、1485.0ドル台まで上昇した。欧州時間に入ると序盤に買いが入り、1488.0ドル台まで上昇して高値を付けた。日本時間20時ごろからドル安が一服したことで売りが優勢となり、立会時間前半も流れは変わらず1482.0ドル台まで下落した。立会時間後半に入ると英国で離脱協定関連法案の審議のための動議が否決され、月内の離脱が不透明になったことから買いが入り、引けにかけて1487.0ドル台まで上昇して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):1470.0-1501.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:1495.0ドル
目標:1475.0ドル
ストップロス:1500.0ドル
備考:
1495.0ドルでの売りを試したい。下げる場合は1482.0ドルでのトレンドフォローの売りを試したい。

白金

[前日の相場分析]
始値:886.7ドル
終値:890.2ドル
結果:883.2-891.7ドル 陽線引け
予想:880.0-900.0ドル 陰線引け

白金は上昇。小幅な値動きだった。時間外取引は886.0ドル台で始まった。アジア時間から欧州時間にかけては金の連れ高となってほぼ一方的に上昇し、欧州時間後半には889.0ドル台まで上昇した。立会時間前にドル安が一服したことで一時急落し883.0ドル台まで下落したが、直後に買い戻された。立会時間に入っても英国で離脱協定関連法案の審議のための動議が否決されて月内の離脱が不透明になったことで金が堅調となり、上げが優勢のままで引けにかけて890.0ドル台まで上昇して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):880.0-900.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:895.0ドル
目標:880.0ドル
ストップロス:900.0ドル
備考:
895.0ドルでの売り入れたい。下げる場合は885.0ドルでの売りを考えたい。

穀物

産地の天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:北部と東部で雷雨。今後の予想雨量は平年並み。
気温:北部で気温が低下。2週間後は平年以下の見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:北部の広い範囲でみぞれ。今後の予想雨量は平年並み。
気温:北部で気温が低下。2週間後は平年以下の見込み。

大豆

[前日の相場分析]
始値:932.2セント
終値:933.2セント
結果:930.2-944.2セント 陽線引け
予想:924.0-943.0セント 陽線引け

大豆は上昇。時間外取引は931.0セント台で始まった。アジア時間前半は931セント台で小幅な値動きだった。アジア時間後半から欧州時間にかけては中国の劉鶴副首相が貿易協議が前進していると語ったこと、中国政府が非課税の輸入割り当て1000万トン分を業者提供すると発表したことで中国の大豆需要増加に対する期待感から買いが入り、欧州時間後半には944.2ドル台まで上昇した。立会時間に入ると転売の動きが広がって急落し、直後に約7セント、引けにかけては約11セント下落して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券1月限):926.0-950.0セント 陽線引け
エントリーポイント:930.0セント
目標:940.0セント
ストップロス: 925.0セント
備考:
937.0セントでのトレンドフォローの買いを考えたい。下げる場合は930.0セント台での買いを試したい。

コーン

[前日の相場分析]
始値:386.5セント
終値:387.5セント
結果:384.0-392.0セント 陽線引け
予想:381.0-395.0セント 陽線引け

コーンは上昇。時間外取引は下窓が開いて386.0セント台で始まった。アジア時間前半に385.0セント台に下落の後、アジア時間後半まで小幅な値動きだった。欧州時間からはコーンベルトの寒波による品質悪化懸念や、産地での収穫遅れ懸念から買いが入り、欧州時間後半には392.0ドル台まで上昇した。大豆が上昇したことも支援材料となった。立会時間に入ると転売の動きが広がって急落し、直後に約5セント、引けにかけては約6セント下落して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券12月限):383.0-395.0セント 陽線引け
エントリーポイント:385.0セント
目標:395.0セント
ストップロス:381.0セント
備考:
下げる場合は385.0セントでの買いを、上げる場合は391.0セントでの買いを試したい

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。