相場予想2019年10月28日

  

今日の予想

株式指数

ダウ

[前日の相場分析]
始値:26818ドル
終値:26945ドル
結果:26018-26760ドル 陽線引け
予想:26580-27150ドル 陽線引け

ダウは上昇。時間外取引は上窓が開いて26968ドル台で始まった。アジア時間前半は26960ドル台での小幅な値動きとなった。欧州時間直前から中盤にかけて買いが入って、26520ドルまで上昇したが、日本時間20時頃からに売られて一時26760ドルまで下落した。その後、立会時間に入ると強硬派のアメリカ通商代表部が第1段階の協議の合意に近づいていると発表したことを好感した買いが優勢となり、日付の変わる頃までに26980ドル台の高値を付けた。アメリカ企業の第3四半期の企業決算が好調であることも支援材料。立会時間後半に入るとやや売られたが26940ドル台を維持して引けた。

28日はアルファベット、AT&Tなどの決算が予定されている。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券):26580-27250ドル 陽線引け
エントリーポイント:26930ドル
目標:27250ドル
ストップロス:26830ドル
備考:
下げる場合は26930ドルで、上げる場合は27000ドルでのエントリーを考えたい。

エネルギー

原油

[前日の相場分析]
始値:56.02ドル
終値:56.60ドル
結果:55.57-56.72ドル 陽線引け
予想:55.00-57.00ドル 陰線引け

原油は上昇。OPECプラスが12月の会合で協調減産を拡大する見通しであることは相場の支援材料となった。時間外取引は56.00ドル台で始まった。アジア時間前半は軟調に推移し、55.80ドル台まで下落した。欧州時間直前からは買いが入り、56.10ドル台まで上昇した。立会時間直前には55.70ドル台まで売られたが、立会時間に入るとアメリカ通商代表部の声明で、米中協議は第一弾の合意に向けて仕上げに向けて進展しているとの発表があり、第1弾の合意が11月のAPECで行われる見通しが強まり、買いが入り日本時間の日付が変わる頃までに56.50ドルまで上昇した。その後56.20ドル台で推移したが、引けにかけて56.60ドル台まで買われて引けた。日本時間26時発表のベーカー・ヒューズ社発表の原油採掘リグ稼働数は696基(-17基)となった。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券12月限):55.70-57.50ドル 陽線引け
エントリーポイント:56.20ドル
目標:57.50ドル
ストップロス:55.70ドル
備考:
56.20ドルでの買いを推したい。

天然ガス

[前日の相場分析]
始値:2.468ドル
終値:2.451ドル
結果:2.424-2.472ドル 陰線引け
予想:2.250-2.350ドル 陽線引け

天然ガスはやや下落。時間外取引は2.460ドル台で始まった。アジア時間から欧州時間にかけては2.460ドル台から2.470ド ル台の間で小幅な値動きとなり欧州時間の直前に上昇して高値を付けた。欧州時間に入ると売りが入り、2.450ドル台を割り込んだ。日本時間20時頃からさらに売りが入って2.420ドル台まで下落した。立会時間直前からはやや上下の値動きが激しくなりつつ、2.460ドル台まで上昇した。引けにかけては2.450ドル台を中心とした小幅な値動きとなった。11月第1週からの気温上昇による需要減が懸念材料となり、月末の寒波による需要増見込みが支援材料となったが相場の方向性に乏しかった。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券12月限):2.400-2.500ドル 陽線引け
エントリーポイント:2.430ドル
目標:2.500ドル
ストップロス:2.400ドル
備考:
2.430ドルまで下げた場合に反転を狙って買いで入りたい。上げる場合は2.460ドルでの買いを試したい。

貴金属

[前日の相場分析]
始値:1503.4ドル
終値:1504.3ドル
結果:1500.6-1517.9ドル 陽線引け
予想:1482.0-1513.0ドル 陽線引け

金は小幅上昇。時間外取引は1503.0ドル台で始まった。アジア時間は1501.0ドルから15033.0ドルまでの間で小幅な値動きとなった。アジア時間の終盤から買いが入り欧州時間の前半にかけて1506.0ドル台まで上昇した。日本時間20時頃から来週のFOMCでの利下げ期待を材料とした強い買いが入り、日本時間の日付が変わる頃までに1517.0ドル台まで上昇して高値を付けた。日付が変わった後はアメリカ通商代表部が米中協議は最初の部分合意に向け前進していることを発表すると売りに転じ、一時1500.0ドル台まで下落した。その後はやや買い戻されて、引けにかけて1504.0ドルまで買い戻されて引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):1489.0-1520.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:1500.0ドル
目標:1520.0ドル
ストップロス:1495ドル
備考:
1500.0ドルでの買いを考えたい。上げる場合は1510.0ドルでトレンドフォローの買いか。

白金

[前日の相場分析]
始値:920.7ドル
終値:925.1ドル
結果:917.3-938.5ドル 陽線引け
予想:900.0-937.0ドル 陽線引け

白金は上昇。時間外取引は920.0ドル台で始まった。アジア時間前半には925.0ドルまで上昇すると、アジア時間後半は小幅値動きとなった。アジア時間終盤から欧州時間序盤にかけて931.0ドル台まで上昇した。欧州時間後半まではやや軟化し、日本時間20時までに926.0ドル台まで下落した。20時頃から金の急伸を材料にした買いが入って日本時間の日付が変わる頃までに937.0ドルまで上昇し高値を付けた。その後は、強硬派のアメリカ通商代表部代表が米中協議の進展を発表したことで売りに転じて926.0ドル台まで急落、その後も引けにかけて下落したが協議の前進によって需要増が期待されることから下値は固く925.0ドル台で引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):910.0-945.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:920.0ドル
目標:945.0ドル
ストップロス:915.0ドル
備考:
下げる場合は920.0ドルでの買いを、上げる場合は930.0ドルでの買いを試したい。

穀物

産地の天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:西部で雷雨。今後の予想雨量は平年を下回る。
気温:2週間後は平年以下の見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:西部でみぞれ。今後の予想雨量は平年を下回る。
気温:北部から冷え込む。2週間後は平年以下の見込み。

大豆

[前日の相場分析]
始値:932.7セント
終値:921.2セント
結果:918.7-936.5セント 陰線引け
予想:926.0-950.0セント 陽線引け

大豆は下落。時間外取引は932.0セント台で始まった。アジア時間前半には買いが935.0セント台まで上昇した。アジア時間後半からは売りが入り、欧州時間には932.0セント台まで下落、欧州時間は日本時間で19時を過ぎた頃から売りが強まり、926.0セント台まで下落した。立会時間に入ると米中が電話で閣僚級協議を行っており、USTR(アメリカ通商部代表)が協議は前進していると声明を出したことで日本時間に日付が変わる頃までに932.0セント台まで上昇したが、期待されたほど中国からの大豆の需要が見られないことが失望売りを呼び、引けにかけて一方的に売られて920.0セント台を割り込んで引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券1月限):916.0-940.0セント 陽線引け
エントリーポイント:927.0セント
目標:940.0セント
ストップロス: 924セント
備考:
927.0セントでのトレンドフォローの買いを試したい。下げる場合は920.0セントでの一旦の売りも選択肢。

コーン

[前日の相場分析]
始値:386.7セント
終値:387.0セント
結果:385.2-389.2セント 陽線引け
予想:383.0-395.0セント 陽線引け

コーンはほぼ横ばい。時間外取引は386.0セント台で始まった。アジア時間は買いが優勢で、欧州時間が始まるまでに397.0セント台まで上昇した。欧州時間に入ると19時過ぎから売りが入り、立会時間にかけて385.0セント台まで下落した。立会時間に入ると買いが入り、389.0セント台まで上昇して高値を付けた。その後は、コーンベルトでは週末に寒気が流れ込むものの、収穫が進展していることやコーンの国外需要が低調な事が懸念材料となって売りに転じ、引けまでに387.0セント台まで下落して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券12月限):383.0-393.0セント 陽線引け
エントリーポイント:388.0セント
目標:393.0セント
ストップロス:383.0セント
備考:
393.0セントでのトレンドフォローの買いを試したい。下げる場合は385.0セントでの買いか。

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。