相場予想2019年10月31日

  

今日の予想

株式指数

ダウ

[前日の相場分析]
始値:27109ドル
終値:27184ドル
結果:26993-27206ドル 陽線引け
予想:26810-27370ドル 陽線引け

ダウは横ばい。時間外取引は27100ドル台で始まった。アジア時間前半は売りが優勢で、日本時間12時ごろまでに27070ドル台まで下落した。その後は27070ドル付近で小幅な値動きとなった。欧州時間に入ると買いがやや入って立会時間開始までに27100ドル台まで上昇した。立会時間に入ると売りに転じて、日本時間23時頃27000ドルを一時割り込む場面もあった。日本時間25時頃に27050ドル付近から買いが入って26時までに立会時間前の水準まで戻した。日本時間27時前になるとFOMC終了を受けて27020ドル台まで下落したが、予想通りの0.25%の利下げとパウエルFRB議長の金融政策はよい状況にあり、経済見通しに変化がない限り、金利の据え置きを示唆した。その後はほぼ一方的に上昇し、引けにかけて27180ドル台で引けた。なお、S&P500とナスダックは史上最高値を更新している。この日チリの大統領は国内の騒乱を理由にAPECの開催を断念したとの報が入っているが、アメリカ政府は予定通りの時期に署名を行うと発表している。この日発表の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が12.5万人増と、予想の12万人増を上回った。

31日はシェルなどの決算発表が予定されている。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券):26880-27420ドル 陽線引け
エントリーポイント:27180ドル
目標:27400ドル
ストップロス:27080ドル
備考:
27180ドルでの買いを考えたい。上げる場合は27250ドルでの買いを試したい。

エネルギー

原油

[前日の相場分析]
始値:55.46ドル
終値:54.88ドル
結果:54.41-55.70ドル 陰線引け
予想:54.50-57.00ドル 陽線引け

原油は下落。時間外取引は55.40ドル台で始まった。アジア時間は売りが優勢で欧州時間が始まるまでに55.20ドル台まで下落した。欧州時間に入ると買いが優勢に転じて日本時間21時ごろまでに55.70ドル台まで上昇して高値を付けた。立会時間は買いで始まったが、日本時間23時30分のEIA原油在庫が原油在庫570万バレル増(予想50万バレル増)、ガソリン在庫303万バレル減、留出油103万バレル減だったことで、売りが入り日本時間25時頃までに54.50ドル台を割り込んで安値を付けた。原油輸入量が増加したことが在庫の増加要因となった。ただし石油精製物の在庫は低い水準にあることや利下げ決定後の株高が下値を幾分支えた。その後は買い戻しの動きが入ったものの、上値は重い中、55.00ドル付近まで上昇したが売り直されて、54.80ドル台で引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券12月限):54.00-56.00ドル 陽線引け
エントリーポイント:55.00ドル
目標:57.00ドル
ストップロス:54.50ドル
備考:
55.00ドルでの買いを推奨。

天然ガス

[前日の相場分析]
始値:2.710ドル
終値:2.769ドル
結果:2.699-2.801ドル 陽線引け
予想:2.670-2.800ドル 陽線引け

天然ガスは上昇。時間外取引は2.710ドル台で始まり、アジア時間は2.710ドル台から2.720ドル台までの間で小幅な値動きとなった。欧州時間は売りが入って2.710ドル台まで下落した。その後、現在の寒波が11月半ばまでの寒さをもたらすとの予報から暖房用需要が増加するとの見方から上昇し、立会時間までに2.800ドル台まで上昇して高値を付けた。その後は上値が重く、2.770ドル台を中心として2.750ドル台から2.780ドル台までの小幅な値動きとなり引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券1月限):2.730-2.850ドル 陽線引け
エントリーポイント:2.770ドル
目標:2.850ドル
ストップロス:2.740ドル
備考:
2.770ドルで買いで入りたい。上げる場合は2.800ドルでの買いを試したい。

貴金属

[前日の相場分析]
始値:1487.9ドル
終値:1495.8ドル
結果:1481.1-1496.6ドル 陽線引け
予想:1470.0-1510.0ドル 陽線引け

金は上昇。時間外取引は1487.0ドル台で始まって、アジア時間前半に1489.0ドル台まで上昇すると以後は欧州時間まで小幅な値動きとなった。欧州時間に入る頃からユーロ高・ドル安を受けて買いが優勢となり、日本時間21時ごろに1493.0ドル台まで上昇した。立会時間開始前後は予想以上のアメリカの第3四半期GDP(予想1.6%、結果1.9%)受けて軟化し、1491.0ドルまで売られたが、日本時間で日付が変わる頃に1495.0ドルまで上昇した。 日本時間27時頃、FOMCの発表後の議長会見で利下げ休止が示唆されたことでドル高となったことから売りが入って1481.0ドル台まで売り込まれた。安値を付けた後は、ドル高一服となお利下げの可能性が残っているとの見方から買い戻しの動きが入って引けにかけて1496.0ドル付近まで上昇して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):1480.0-1510.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:1492.0ドル
目標:1505.0ドル
ストップロス:1487ドル
備考:
1492.0ドルでの買いを推奨。上げる場合は1500.0ドルでの買いを考えたい。

白金

[前日の相場分析]
始値:917.8ドル
終値:924.0ドル
結果:913.2-927.2ドル 陽線引け
予想:904.0-931.0ドル 陽線引け

白金は上昇。時間外取引は917.0セント台で始まった。アジア時間序盤に920.0セント台まで上昇した。その後はアジア時間終盤にかけて軟化し、917.0ドル台まで下落した。欧州時間に入ると金が堅調となったことから買いに転じて日本時間21時頃までに、922.0ドル台まで上昇した。その後、予想以上のアメリカの第3四半期GDP(予想1.6%、結果1.9%)を材料に 21時頃から売りが入って日本時間の日付が変わる頃までに915.0ドルを割り込むまで下落した。日付が変わる頃からは金に連れ高となり買いが入って、日本時間26時頃に927.0ドルまで上昇して高値を付けた。その後、FOMCが終了した27時頃にドル高となったことから913.0ドル台まで売られて安値を付けた。その後は金と株が堅調となったことから買い戻されて、引けにかけて924.0ドル台まで上昇して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):913.0-935.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:925.0ドル
目標:935.0ドル
ストップロス:920.0ドル
備考:
下げる場合は925.0ドルでの買いを、下げる場合は930.0ドルでの買いを試したい。

穀物

産地の天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:ほぼ全域でみぞれや雷雨。今後の予想雨量は平年を下回る。
気温:東部以外は気温が低下。2週間後は平年以下の見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:東部や南部の広い範囲でみぞれ。今後の予想雨量は平年を下回る。
気温:ほぼ全域で氷点下の冷え込み。2週間後は平年以下の見込み。

大豆

[前日の相場分析]
始値:932.2セント
終値:930.0セント
結果:929.4-936.0セント 陰線引け
予想:910.0-940.0セント 陽線引け

大豆は下落。時間外取引は932.0セント台で始まった。アジア時間は買いが入って欧州時間までに936.0セント台まで上昇し高値をつけた。欧州時間に入ると、米中協議の部分合意署名への不透明感から売りが優勢となり、立会時間にかけて931.0セント付近まで下落した。日本時間の日付が変わる頃に、USDAが13.2万トンの仕向地不明の大口成約を発表したことで約5セント上昇したが、チリで開催予定だったAPECがチリ国内の騒乱のため開催断念との報が入り、米中間の合意署名の不透明感がさらに高まったことで、引けにかけて930.0セント台まで下落して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券1月限):920.0-940.0セント 陽線引け
エントリーポイント:930.0セント
目標:940.0セント
ストップロス: 925セント
備考:
930.0セントでの買いを考えたい。上げる場合は935.0セントで買いを入れたい。

コーン

[前日の相場分析]
始値:385.2セント
終値:390.0セント
結果:384.9-390.0セント 陽線引け
予想:380.0-392.0セント 陽線引け

コーンは上昇。時間外取引は385.0セントで始まった。アジア時間前半に387.0セント台まで上昇すると、アジア時間終盤までは小幅な値動きとなった。アジア時間終盤から売りが入って、欧州時間前半までに386.0セント付近まで下落した。その後、立会時間に入ると、コーンベルトの寒気が未収穫のコーンの収穫や品質に影響するとの懸念や、エタノールの生産量が伸び、約2か月ぶりに日量100万バレル台に乗ったことで需要が伸びるとの期待から買いが入り、引けにかけて390.0セント台までほぼ一方的に上昇した。この日EIAが発表したエタノール統計は生産量が日量100.4万バレル(前週99.6万バレル)、在庫2109.9万バレル(前週2136.4万バレル)だった。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券12月限):384.0-396.0セント 陽線引け
エントリーポイント:388.0セント
目標:396.0セント
ストップロス:384.0セント
備考:
388セントでの買いを試したい。上げる場合は392.0セントでの買いを考えたい。

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。