相場予想2019年10月8日

  

今日の予想

株式指数

ダウ

[昨日の相場分析]
始値:26459ドル
終値:26473ドル
結果:26420-26657ドル 陽線引け
予想:26000-26800ドル 陰線引け

ダウは小幅上昇。相場の方向感に乏しかった。時間外取引は下窓が開き26450ドル台で始まった。寄付きで26500ドル台まで上昇した後は、アジア時間から欧州時間前半まで26450ドルを中心とした小幅な値動きだった。欧州時間後半から買いが入り26530ドル台まで上昇した。立会時間直前に26420ドル台まで下落したが、立会時間に入ると上昇し日本時間で日付が変わる頃までに26560ドル台まで上昇した。その後は売りに転じ、26540ドル台まで下落した。日本時間2時半頃になると米中が部分的に合意するとの観測から買いが入り、26650ドル台まで上昇して高値を付けた。引けにかけては米中協議が難航するとの見方から売りが入り、26500ドル台を割り込んで引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券):26220-26750ドル 陰線引け
エントリーポイント:26600ドル
目標:26250ドル
ストップロス:26700ドル
備考:
上げる場合は26600ドルの付近での売りを試したい。下げる場合は26450ドルでの売りを試したい。

エネルギー

原油

[昨日の相場分析]
始値:52.64ドル
終値:52.77ドル
結果:52.56-54.04ドル 陽線引け
予想:51.00-53.80ドル 陰線引け

原油は小幅上昇。時間外取引は下窓が開き52.60ドル台で始まった。アジア時間前半は52.60ドル台で推移し、アジア時間後半に入ると上昇をはじめ、欧州時間前半に53.00ドルを超えて、立会時間が始まる頃に53.50ドルまで上昇し、日本時間で日付が変わる頃に54.00ドルに達し高値を付けた。再開される米中協議への期待感や、イラクでの反政府デモが支援材料となった。ただ、買い一巡後は様子見ムードが強まったことや米中協議の難航懸念から売りが入り、53.00ドル台を割り込んで安値付近まで下落した。引けにかけて買い戻されて、53.00ドル台まで上昇して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券11月限):52.00-54.10ドル 陰線引け
エントリーポイント:53.60ドル
目標:52.50ドル
ストップロス:54.10ドル
備考:
上げる場合は53.60ドルでの売りを試したい。下げる場合は52.50ドルでのトレンドフォローの売りか。

天然ガス

[昨日の相場分析]
始値:2.314ドル
終値:2.288ドル
結果:2.279-2.333ドル 陰線引け
予想:2.240-2.400ドル 陰線引け

天然ガスは下落。時間外取引は下窓が開き2.314ドル台で始まった。2.300ドル台まで下落した後、アジア時間から欧州時間は2.300ドルから2.330ドルのレンジで推移した。立会時間前に売りが入り2.300ドル台を割り込んだが、すぐに買い戻された。立会時間は下落して始まったが、日本時間で日付が変わる頃から買いが入り、2.330ドル台まで上昇した。日本時間3時頃まで2.320ドル台で取引されたが、引けにかけて0.03ドル下落し、2.300ドル台を割り込んで引けた。この先2週間の需要が予想を下回り、在庫が積み増すと予想された。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券11月限):2.260-2.380ドル 陰線引け
エントリーポイント:2.330ドル
目標:2.260ドル
ストップロス:2.380ドル
備考:
2.330ドルの付近で売りでエントリーしたい。下げる場合は2.280ドルの水準で買い、上げた後に2.330ドルで売ることも考えたい。

貴金属

[昨日の相場分析]
始値:1507.7ドル
終値:1493.3ドル
結果:1488.0-1509.3ドル 陰線引け
予想:1475.0-1522.0ドル 陰線引け

金は下落。時間外取引は上窓が開き1509.0ドル台で始まった。この値がこの日の高値となった。再開される米中協議に対する懸念が支援材料だった。寄付き後は小幅下落してアジア時間前半は1507.0ドル台で推移した。アジア時間後半からドル安が一服したことで売られ1505.0ドル台まで下落した。欧州時間が始まると直後に約6ドル下落し、その後も立会時間にかけて1498.0ドル台まで下落した。立会時間に入るとユーロの反発を受けて買い戻され、1504.0ドル台まで上昇したが、日本時間の日付が変わる頃からドル高に振れたことで売られて1500.0ドルを割り込むと、日本時間2時半頃に約11ドル下落し安値を付けた。その後、やや戻して1493.0ドル台で引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):1475.0-1512.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:1500.0ドル
目標:1480.0ドル
ストップロス:1510.0ドル
備考:
1500.0ドルの付近での売りを試したい。下げる場合は1490.0ドルでの売りか。

白金

[昨日の相場分析]
始値:881.2ドル
終値:877.2ドル
結果:872.8-888.2ドル 陰線引け
予想:865.0-890.0ドル 陰線引け

白金は下落。時間外取引は881.0 ドルの水準で始まり。アジア時間は876.0ドルから881.0ドルのレンジで推移した。下髭の長い値動きだった。欧州時間に入るとドル安一服による金の軟調を受けて872.0ドル台まで下落し安値を付けた。欧州時間後半になるとユーロが反発したことから買いが入り、887.0ドル台まで上昇した。立会時間前に882.0ドルまで一時下落した後、立会時間に入ると株高を受けて買い戻されて、888.0ドル台まで上昇して高値を付けた。日本時間の日付が変わる頃から金の軟調を受けて下落に転じ、引けまでに877.0ドル台まで下落して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):865.0-890.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:885.0ドル
目標:870.0ドル
ストップロス:890.0ドル
備考:
上げる場合は885.0ドルでの売りを、下げる場合は870.0ドルでの売りを試したい。

穀物

産地の天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:東部や南部で雨。今後の予想雨量は平年を上回る。
気温:北部では気温が低下。この先2週間は平年を下回る見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:広範囲で晴。今後の予想雨量は特に西部で平年を上回る。
気温:北部では気温が低下。この先2週間は平年を下回る見込み。

大豆

[昨日の相場分析]
始値:922.5セント
終値:918.2セント
結果:918.0-922.7セント 陰線引け
予想:902.0-921.0セント 陽線引け

大豆は下落。時間外取引は916.0セント台で始まり、寄りで918.0セント台まで上昇した後、アジア時間前半は917.0セント台で推移した。アジア時間後半に入ると下落し、欧州時間の後半までに915.0セント台を割り込むまで下落した。欧州時間後半に入ると今週後半から気温が低下し降霜が見込まれるとの予報を受けて上昇に転じ、917.0セント台まで戻した。ただし上値は重く、その後は917.0セントから912.0セントのレンジで推移し、914.0セント台で引けた。10日の需給報告を控えた様子見だった。引け後に発表されたUSDAのクロップレポートでは大豆の落葉率72%(前週55%、平年87%)、収穫率14%(前週7%、平年34%)だった。作柄予想は良以上が53%と前週より2%悪化、劣以下は15%と前週の13%から引き上げられた。またこの日発表された輸出検証高は103.8万トンで前週の98.6万トンを上回った。内中国向けは13.9万トンだった。なお需給報告ではイールド・在庫共に引き下げられと予想されている。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券11月限):905.0-925.0セント 陽線引け
エントリーポイント:913.5セント
目標:925.0セント
ストップロス: 907.0セント
備考:
下げる場合は913.5セントでの買いを推奨。上げる場合は917.0セントでの買いを試したい。

コーン

[昨日の相場分析]
始値:386.7セント
終値:386.2セント
結果:384.5-387.0セント 陰線引け
予想:380.0-390.0セント 陽線引け

コーンは小幅下落。時間外取引は386.0セント台で始まり、アジア時間は386.0セントを中心として小幅な値動きだった。欧州時間に入ると384.0セント台に下落し、立会時間までは384.0セントから386.0セントのレンジで推移した。立会時間に入り、日本時間の日付が変わる頃から今週末に寒波が到来し霜が作柄に影響するとの予報を受けて上昇し始め、387.0セント台まで上昇して引けた。10日の需給報告を控えて様子見ムードだった。なお、需給報告ではイールド・在庫共に引き下げ予測となっている。引け後に発表されたUSDAのクロップレポートではコーンのデント率93%(前週88%、平年99%)、成熟率58%(前週43%、平年85%)、収穫率15%(前週11%、平年27%)と遅れている。作柄予想は良以上が56%と前週より1%悪化、劣以下は15%と前週の14%から引き上げられた。 USDA発表の輸出検証高は46.6万トンと前週の42.1万トンを上回った。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券12月限):382.0-390.0セント 陽線引け
エントリーポイント:385.0セント
目標:390.0セント
ストップロス:382.0セント
備考:
385.0セントでの買いを推奨。上げる場合は387.0セントでのトレンドフォローの買いを試したい。

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。