相場予想2019年6月22日

  

本日の予想

ダウ

[先週金曜日の相場分析]
始値:26757ドル
終値:26697ドル
結果:26671-26922ドル 陽線引け
予想:26500-26900ドル 陽線引け

ダウは上昇。ペンス・アメリカ副大統領が中国に対する演説を中止するなど緊張激化を回避する動きがみられることから、再開される米中協議やG20での米中首脳会談への期待感が支援要因となった。撤回されているもののアメリカが無人偵察機撃墜に対しイランに対して報復を行うとの懸念はなお根強く、エネルギー関連株に買いが入る展開となった。日本時間6月21日21時30分発表のアメリカ中古住宅販売戸数は予想の525万件に対し、結果534万件と予想を上回った。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME9月限):26500-26900ドル 陽線引け
エントリーポイント:26800ドル
目標:26900ドル
ストップロス:26700ドル
備考:RSI(14)が過熱感を示している

原油

[先週金曜日の相場分析]
始値:57.26ドル
終値:57.43ドル
結果:56.66-57.98ドル 陽線引け
予想:54.50-58.00ドル 陰線引け

原油は上昇。アメリカが無人偵察機を撃墜された報復にイランを攻撃する可能性への懸念から上昇した。ただ、米中協議の再開による貿易摩擦への楽観的な見通しの後退とダウの上げの一服が上げ幅を抑えた。その後、アメリカ・イラン間の緊張が高まっていることや利下げ期待によるドル安、アメリカ東海岸の製油所火災などが支援要因となり、V字型の上昇となった。日本時間6月21日26時のベーカー・ヒューズ発表の原油採掘リグ稼働数は789基(先週比+1基)と3週間ぶりに増加したが、影響は限定的だった。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):55.50-58.00ドル 陰線引け
エントリーポイント:57.00ドル
目標:55.50ドル
ストップロス:58.00ドル
備考:ストキャスティクスが過熱感を示している

[先週金曜日の相場分析]
始値:1391.2ドル
終値:1400.1ドル
結果:1386.1-1415.4ドル 陽線引け
予想:1360.0-1400.0ドル 陽線引け

金は上昇。時間外では利下げ期待によるアメリカ国債の利回り低下からのドル安を受けて堅調に推移した。その後フランスのPMI速報値が予想の52.1に対し、結果52.9と予想以上に好調だったことを受けて為替相場でユーロ高、ドル安が進んだことから引き続き買いが入った。中国紙が中国は関税が続く限り合意はしないと報じたことやアメリカ商務省が、スーパーコンピューターを手掛ける中国企業をエンティティ―リストに追加するなど、アメリカ・中国間の通商協議の先行きに対する不透明感やアメリカによるイランへの攻撃の懸念などが支援材料となった。イランに対する軍事攻撃の情報はその後すぐに撤回されている。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):1380.0-1415.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:1405.0ドル
目標:1415.0ドル
ストップロス:1400.0ドル
備考:ストキャスティクスとRSI(14)が過熱感を示しているほか、ボリンジャーバンドが+2σを超えている

白金

[先週金曜日の相場分析]
始値:807.7ドル
終値:811.0ドル
結果:798.1-814.5ドル 陰線引け
予想:800.0-825.0ドル 陰線引け

白金は上昇。時間外取引は利下げ期待によるドル安や金の堅調を受けて買いが入った。その後、同安の一服で売られる場面もあったが、ダウ高を背景に買い戻しが入った。中国紙が中国は関税が続く限り合意はしないと報じたことなど、米中間の通商協議に対する不透明感が懸念材料となったものの、ドル安が下値を支えた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME7月限):800.0-825.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:812.0ドル
目標:800.0ドル
ストップロス:817.0ドル

大豆

[先週金曜日の相場分析]
始値:901.2セント
終値:915.4セント
結果:896.4-917.4セント 陽線引け
予想:900.0-925.0セント 陽線引け

大豆は上昇。前日の急伸に対して売りが入った。来週のG20で米中首脳会談が予定されているが、アメリカが関税を維持するなら中国は合意をしないとの情報を中国紙が報じたことで、貿易摩擦問題の早期妥結の楽観的見通しが後退したことが懸念材料となった。

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:一旦降りやんでいる。今後、寒冷前線通過により週明けまで雨が降り続く見込み。
気温:平年を大幅に下回っている。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:寒冷前線通過により週末明けまで散発的に雨が降り続く見込み。
気温:平年を大幅に下回っている。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME7月限):895.0-920.0セント 陽線引け
エントリーポイント:906.0セント
目標:916.0セント
ストップロス:898.0セント

天然ガス

[先週金曜日の相場分析]
始値:2.213ドル
終値:2.186ドル
結果:2.181-2.222ドル 陰線引け
予想:2.100-2.300ドル 陰線引け

天然ガスは下落。値動きは小さく、2016年5月末以来となる3年ぶりの安値が続いている。来週以降の気温上昇から需要増加が見込まれているものの、生産量が増加していることが懸念材料となっている。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME7月限):2.150-2.300ドル 陰線引け
エントリーポイント:2.220ドル
目標:2.180ドル
ストップロス:2.260ドル
備考:RSI(14)とストキャスティクスが過熱感を示している

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。