相場予想2019年6月21日

  

本日の予想

ダウ

[昨日の相場分析]
始値:26521ドル
終値:26774ドル
結果:26514-26812ドル 陽線引け
予想:26300-26700ドル 陽線引け

ダウは上昇。FOMCの声明を受けて、景気の後退を防ぐためにFRBが早期に利下げを行うとの観測からダウが上昇した。G20に合わせて再開される米中協議への期待感が支援要因となっている。また、イランがアメリカ軍の無人偵察機を撃墜したと発表したことで中東の緊張が高まり原油価格が上昇したことでエネルギー関連株に買いが入る展開となったこと、日本時間6月20日21時30分発表のアメリカ新規失業保険申請数が予想の22.0万件に対し、結果21.6万件と予想を下回り、雇用市場の堅調さを示したことも支援要因となった。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME9月限):26500-26900ドル 陽線引け
エントリーポイント:26600ドル
目標:26800ドル
ストップロス:26500ドル
備考:RSI(14)とストキャスティクスが共に過熱感を示している

原油

[昨日の相場分析]
始値:54.38ドル
終値:57.07ドル
結果:54.35-57.37ドル 陽線引け
予想:52.00-56.00ドル 陰線引け

原油は上昇。イランの革命防衛隊がアメリカ軍の無人偵察機を撃墜したとの情報が入ったことで、タンカー攻撃に続きアメリカとイランの間での軍事的緊張が高まり中東情勢が悪化するとの懸念から上昇した。また、FOMCの声明で利下げが示唆され、エネルギー需要に対する先細り懸念が後退したこと、協調減産の延長を協議するOPEC総会が7月1日、2日開催で決定したことなどが支援要因となった。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):54.50-58.00ドル 陰線引け
エントリーポイント:57.00ドル
目標:55.50ドル
ストップロス:58.00ドル
備考:ストキャスティクスが過熱感を示している

[昨日の相場分析]
始値:1364.5ドル
終値:1396.9ドル
結果:1361.3-1397.7ドル 陽線引け
予想:1345.0-1370.0ドル 陽線引け

金は上昇。時間外取引ではFOMCで利下げの可能性が示されたことで、アメリカ国債の利回りが低下し、ドル安の展開になったことが支援要因となり金が買われた。その後、イランの革命防衛隊がアメリカ軍の無人偵察機を撃墜したとの情報が流れたことで、アメリカとイランの関係が更に悪化する懸念が高まったことも金の支援要因となった。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):1360.0-1400.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:1385.0ドル
目標:1400.0ドル
ストップロス:1380.0ドル
備考:ストキャスティクスとRSI(14)が過熱感を示しているほか、ボリンジャーバンドが+2σを超えている

白金

[昨日の相場分析]
始値:811.6ドル
終値:805.6ドル
結果:805.1-823.9ドル 陰線引け
予想:795.0-820.0ドル 陰線引け

白金は下落。時間外取引はFOMCで利下げの可能性が示されたことによるドル安を受けて堅調で推移した。その後、金の堅調を受けて白金も上昇したが、ドル安が一服すると売りが入った。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME7月限):800.0-825.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:820.0ドル
目標:805.0ドル
ストップロス:825.0ドル

大豆

[昨日の相場分析]
始値:901.2セント
終値:915.4セント
結果:896.4-917.4セント 陽線引け
予想:900.0-925.0セント 陽線引け

大豆は上昇。コーンベルトで激しい雨が続く中、雨と低温による大豆の作付け遅延と生育遅延への懸念から買いが入った。作付けの更なる遅延で収穫量減少への懸念も出始めている。また、USDA発表の週間純輸出成約高は前週の53.1万トンを上回り77.1万トンだったことが支援材料となった。

来週天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:激しい雨、週明けまで雨が降り続く見込み。
気温:平年を大幅に下回る。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:週末明けまで散発的に雨が降り続く見込み。
気温:平年を大幅に下回る。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME7月限):900.0-925.0セント 陽線引け
エントリーポイント:917.0セント
目標:925.0セント
ストップロス:910.0セント

天然ガス

[昨日の相場分析]
始値:2.280ドル
終値:2.185ドル
結果:2.159-2.303ドル 陰線引け
予想:2.200-2.300ドル 陰線引け

天然ガスは下落。2016年5月末以来となる3年ぶりの安値が続いている。日本時間6月20日23時30分発表のEIAの天然ガス在庫が予想の+107Bに対し、結果+115Bと予想を上回る大幅増加となったことから下落した。また、6月下旬の気温が従来より低下するとの天気予報が懸念材料となった。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME7月限):2.100-2.300ドル 陰線引け
エントリーポイント:2.200ドル
目標:2.150ドル
ストップロス:2.250ドル
備考:RSI(14)が過熱感を示している

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。