相場予想2019年6月25日

  

本日の予想

ダウ

[昨日の相場分析]
始値:26674ドル
終値:26762ドル
結果:26662-26815ドル 陽線引け
予想:26500-26900ドル 陽線引け

ダウは上昇。再開されている米中協議やG20での米中首脳会談への期待感が支援要因となった。関税に影響を受ける工業株やハイテク株を中心に買いが入った。ただし、G20の結果の様子見が見られ全体の値動きは小さかった。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME9月限):26600-26900ドル 陽線引け
エントリーポイント:26800ドル
目標:26900ドル
ストップロス:26700ドル
備考:RSI(14)が過熱感を示している

原油

[昨日の相場分析]
始値:57.72ドル
終値:57.90ドル
結果:56.75-58.22ドル 陽線引け
予想:54.50-58.00ドル 陰線引け

原油は上昇。先週の無人偵察機の撃墜を受けて、アメリカがイランに対する追加制裁を発表したことで中東地域の軍事的緊張が高まり、原油供給に混乱が生じるのではないかとの懸念から買いが入った。制裁はイランの最高指導者と革命防衛隊の幹部を対象としている。今週イランの低濃縮ウランの貯蔵量が2015年の合意を上回る見込みで、英独仏がイランへ警告の書簡を送付したとの報が入っている。また、来月開催されるOPEC総会で減産が延長されるとの期待感も支援材料。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):56.00-59.00ドル 陽線引け
エントリーポイント:58.00ドル
目標:59.00ドル
ストップロス:57.00ドル
備考:RSI(14)とストキャスティクスが過熱感を示している

[昨日の相場分析]
始値:1403.9ドル
終値:1418.2ドル
結果:1403.6-1425.1ドル 陽線引け
予想:1380.0-1415.0ドル 陽線引け

金は上昇。時間外ではユーロ高・ドル安を受けて堅調に推移した。ユーロの上げ一服で金の上げも一服したが、FRBの利下げ観測が下値を支えた。その後、アメリカがイランに対して追加制裁を科すことを決定したことを受けて金へ買いが入った。追加制裁はイランの最高指導者と革命防衛隊の幹部を対象としている。また。米中首脳会談への不透明感も支援要因となった。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):1395.0-1430.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:1420.0ドル
目標:1430.0ドル
ストップロス:1415.0ドル
備考:ストキャスティクスとRSI(14)が過熱感を示しているほか、ボリンジャーバンドが+2σを超えている

白金

[昨日の相場分析]
始値:808.4ドル
終値:814.1ドル
結果:807.3-815.9ドル 陽線引け
予想:800.0-825.0ドル 陰線引け

白金は上昇。時間外取引は金の堅調を受けて買いが入った。その後、ユーロ高が一服したことで上げが一服、米中間の通商協議に対する不透明感が懸念材料となり売りが入ったが、イランに対する追加制裁の実施などアメリカとイランの対立を受けて金が堅調に推移したこと、ドル安が下値を支えた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME7月限):805.0-825.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:820.0ドル
目標:810.0ドル
ストップロス:825.0ドル

大豆

[昨日の相場分析]
始値:902.0セント
終値:909.0セント
結果:899.4-911.2セント 陽線引け
予想:895.0-920.0セント 陽線引け

大豆は上昇。USDAが発表した輸出高報告で68.2万トンの内、中国向けが52.9万トンを占めたこと、輸出高が先週を上回ったことが好感された。また、悪天候による生育遅延懸念、米中協議の再開への期待が支援材料となった。取引終了後の発表によると作付け率85%(平年97%)、発芽率71%(平年91%)と農作業が遅れている。

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:五大湖からオハイオ川流域にかけて散発的に雨。
気温:平年を下回っているが、週の後半には上昇する見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:週の後半にかけて雨の見込み。
気温:平年を下回っているが、週の後半には上昇する見込み。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME7月限):895.0-920.0セント 陽線引け
エントリーポイント:905.0セント
目標:920.0セント
ストップロス:895.0セント
備考:ストキャスティクスが過熱感を示している

天然ガス

[昨日の相場分析]
始値:2.174ドル
終値:2.284ドル
結果:2.174-2.298ドル 陽線引け
予想:2.150-2.300ドル 陰線引け

天然ガスは上昇。この夏の気温が平年を上回るとの予報を背景に買いが入った。今年1月以来の上昇率となった。ただし、ガス生産量が増加していることが上値を抑えた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):2.180-2.350ドル 陰線引け
エントリーポイント:2.300ドル
目標:2.250ドル
ストップロス:2.350ドル

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。