相場予想2019年6月26日

  

本日の予想

ダウ

[昨日の相場分析]
始値:26758ドル
終値:26562ドル
結果:26539-26827ドル 陰線引け
予想:26600-26900ドル 陽線引け

ダウは下落。ハイテク株の下落が下げを主導した。米中間の貿易摩擦をめぐる懸念や日本時間6月26日23時発表のアメリカ消費者信頼感指数は予想131.1、結果121.5、新築住宅販売戸数は予想68.0万件に対し結果62.6万件といずれも市場の予想を下回る弱気な内容だったことで売りが入った。また、パウエル・FRB議長やブラード・セントルイス地区連銀総裁が利下げを必要としない可能性を示唆したことで売りが入った。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME9月限):26400-26800ドル 陽線引け
エントリーポイント:26500ドル
目標:26700ドル
ストップロス:26400ドル
備考:RSI(14)が過熱感を示している

原油

[昨日の相場分析]
始値:57.74ドル
終値:57.83ドル
結果:57.20-58.84ドル 陽線引け
予想:56.00-59.00ドル 陽線引け

原油は上昇。米中首脳会談で最終合意には達しないとの見通しが広がり米中貿易戦争による原油需要の下振れ懸念が懸念材料になった。一方で、6月27日に濃縮ウランの貯蔵量が2015年の合意量を上回り、アメリカ・イランの対立が強まり供給が減少するとの懸念が支援材料となり、売り買いが交錯した。取引終了後に発表されたAPI原油統計で原油在庫は755万バレル、ガソリン在庫は317万バレルの減少となった。一方で、留出油在庫は16万バレルの増加だった。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):56.50-59.50ドル 陽線引け
エントリーポイント:58.00ドル
目標:59.00ドル
ストップロス:57.00ドル
備考:RSI(14)とストキャスティクスが過熱感を示している

[昨日の相場分析]
始値:1423.4ドル
終値:1418.7ドル
結果:1415.1-1427.9ドル 陰線引け
予想:1395.0-1430.0ドル 陽線引け

金は下落。時間外ではアメリカとイランへ追加制裁を科したことを受けて買いが入った。ドルの下げ一服で金の上げも一服した。その後、ブラード・セントルイス地区連銀総裁が利下げは必要ではないと発言をしたことでドル高となり売りが入った。その後、パウエルFRB議長が講演でインフレの傾向は緩和の議論に向かっていると述べたことでドル高が一服し買いが入った。日本時間6月26日23時発表のアメリカ消費者信頼感指数は予想131.1、結果121.5、新築住宅販売戸数は予想68.0万件に対し結果62.6万件といずれも市場の予想を下回る弱気な内容だった。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):1395.0-1430.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:1420.0ドル
目標:1440.0ドル
ストップロス:1415.0ドル
備考:ストキャスティクスとRSI(14)が過熱感を示しているほか、ボリンジャーバンドが+2σを超えている

白金

[昨日の相場分析]
始値:813.6ドル
終値:809.8ドル
結果:806.6-820.4ドル 陰線引け
予想:805.0-825.0ドル 陰線引け

白金は下落。時間外は金の堅調を受けて買いが入ったが、ドル安が一服したことで上げが一服した。その後も金堅調を受けた買いが入ったが、ブラード・セントルイス地区連銀総裁の利下げは必要ないとの発言でドル安が一服したことや日本時間6月26日23時発表のアメリカ消費者信頼感指数の弱気な内容(予想131.1、結果121.5)による株安を受けて下落した。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME7月限):800.0-820.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:815.0ドル
目標:805.0ドル
ストップロス:820.0ドル

大豆

[昨日の相場分析]
始値:915.0セント
終値:903.4セント
結果:900.4-917.6セント 陰線引け
予想:895.0-920.0セント 陽線引け

大豆は下落。昨日、USDAが発表した作柄報告では作付けと生育の遅延が明らかになったことは支援材料だったが、今後、コーンベルトでは気温が上昇し、雨が止むとの天気予報を受けて売りが入った。

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:雨はやみ天候は回復。今後は散発的に雨。
気温:平年を下回っているが、今後上昇する見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:雨はやみ天候は回復。ミシシッピ川沿い西部では散発的な雨。
気温:平年を下回っているが、今後上昇する見込み。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME7月限):895.0-920.0セント 陽線引け
エントリーポイント:908.0セント
目標:920.0セント
ストップロス:898.0セント

天然ガス

[昨日の相場分析]
始値:2.279ドル
終値:2.286ドル
結果:2.235-2.296ドル 陽線引け
予想:2.180-2.350ドル 陰線引け

天然ガスは上昇。発電用のガス需要は減少すると見込まれたものの、LNGの輸出量が増加していることが支援材料となった。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):2.230-2.350ドル 陰線引け
エントリーポイント:2.300ドル
目標:2.240ドル
ストップロス:2.350ドル

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。