相場予想2019年6月28日

  

本日の予想

ダウ

[昨日の相場分析]
始値:26521ドル
終値:26546ドル
結果:26445-26665ドル 陽線引け
予想:26400-26700ドル 陽線引け

ダウは上昇。週末の米中首脳会談での合意期待が支援材料となり買われた。首脳会談を前に香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが米中は貿易戦争の一時休戦で合意したと報じると楽観的な見方が広がった。ただ、中国がアメリカに対し合意への条件を提示するとWSJが報じたことで期待がしぼむ形となったこと、カドロー・アメリカ国家経済会議議長が首脳会談後に関税を発動する可能性を述べたことで不透明感が強まり売りが入った。経済指標では日本時間6月27日21時30分発表のアメリカ失業保険申請件数は予想22.0万件に対し結果は22.7万件と市場の予想を若干下回る内容、第1四半期のアメリカ国内総生産の確報値は年率換算3.1%増と市場予想と一致した。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME9月限):26400-26700ドル 陽線引け
エントリーポイント:26500ドル
目標:26700ドル
ストップロス:26400ドル
備考:RSI(14)が過熱感を示している

原油

[昨日の相場分析]
始値:59.27ドル
終値:59.43ドル
結果:58.61-59.73ドル 陽線引け
予想:58.00-60.00ドル 陽線引け

原油は上昇。週末米中首脳会談や来週のOPEC総会を控えて様子見の展開。香港紙が米中貿易戦争は一時休戦と報道したが、中国外務省は否定している。OPEC総会では減産の延長が検討されているが、現状の減産規模が拡大されるかどうかが注目ポイントとなっている。また、イランの濃縮ウラン保有量は当初予測の27日時点では合意上限をまだ超過していない見込み。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):57.80-60.00ドル 陽線引け
エントリーポイント:58.80ドル
目標:60.00ドル
ストップロス:57.80ドル
備考:RSI(14)とストキャスティクスが過熱感を示している

[昨日の相場分析]
始値:1412.7ドル
終値:1412.0ドル
結果:1401.4-1415.3ドル 陰線引け
予想:1400.0-1430.0ドル 陽線引け

金は下落。時間外は香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが米中は貿易戦争の一時休戦で合意したと報じ、首脳会談での合意への期待からドル高に振れたことで売りが入った。その後、中国がアメリカに対しファーウェイへの技術売却禁止撤回などを要求したと報じられると、首脳会談での合意が不透明となったとの見方が強まりドル高が一服、金の下げも一服となった。日本時間6月27日21時30分発表のアメリカ失業保険申請件数は予想22.0万件に対し結果は22.7万件と市場の予想を若干下回る内容だった。第1四半期のアメリカ国内総生産の確報値は年率換算3.1%増と市場予想と一致した。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):1400.0-1425.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:1415.0ドル
目標:1420.0ドル
ストップロス:1410.0ドル
備考:RSI(14)が過熱感を示している

白金

[昨日の相場分析]
始値:814.2ドル
終値:812.6ドル
結果:806.6-816.4ドル 陰線引け
予想:800.0-820.0ドル 陰線引け

白金は下落。時間外はドル高と金の軟調を受けて売りが入ったが、米中首脳会談での合意への期待感から買戻しが入った。その後、中国がアメリカに対しファーウェイへの技術売却禁止撤回などを要求したと報じられ、米中首脳会談の見通しに対する不透明感が強まり売りが入った。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME7月限):804.0-820.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:815.0ドル
目標:805.0ドル
ストップロス:820.0ドル

大豆

[昨日の相場分析]
始値:893.2セント
終値:887.6セント
結果:883.4-898.2セント 陰線引け
予想:890.0-915.0セント 陽線引け

大豆は下落。6月28日にUSDAが発表する作付け面積報告や四半期在庫報告を前にポジション調整の売りが入った。また、コーンベルトの気温が上がり、遅れている大豆の生育が順調に進むとの見方が懸念材料となった。USDAが発表した先週の輸出成約高は48.8万トンと市場予想とほぼ一致した。

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:天候が回復し晴天が広がる。
気温:今後上昇する見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:ミシシッピ川流域で散発的な雨。他の地域では天候が回復。
気温:西部の一部で平年を下回るが、そのほかの地域では上昇する見込み。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):880.0-910.0セント 陽線引け
エントリーポイント:890.0セント
目標:910.0セント
ストップロス:880.0セント
備考:RSI(14)が過熱感を示している

天然ガス

[昨日の相場分析]
始値:2.271ドル
終値:2.324ドル
結果:2.265-2.339ドル 陽線引け
予想:2.230-2.350ドル 陰線引け

天然ガスは上昇。気温上昇が見込まれるのに加えて、日本時間6月27日23時30分発表のEIA天然ガス在庫が市場予想の101Bに対して結果98Bと予想を若干下回る増加だったことで買いが入った。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):2.250-2.360ドル 陰線引け
エントリーポイント:2.310ドル
目標:2.260ドル
ストップロス:2.360ドル

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。