相場予想2019年7月4日

  

今日の予想

ダウ

[昨日の相場分析]
始値:26798ドル
終値:26970ドル
結果:26750-26982ドル 陽線引け
予想:26600-26900ドル 陽線引け

ダウは上昇。アメリカ独立記念日を控え短縮取引だったが、ダウ工業株やS&P500といった主要指数が終値での史上最高値を更新した。日本時間7月3日23時発表のアメリカ経済指標でISM非製造業総合指数が55.1と予想55.9を下回ったほか、製造業新規受注が予想の0.4%減に対し0.7%減と市場予想を下回った弱気な内容だったが、逆にFRBが早期利下げに動くとの観測が強まったことが支援材料となった。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME9月限):26600-26900ドル 陽線引け
エントリーポイント:26750ドル
目標:26900ドル
ストップロス:26650ドル
備考:RSI(14)が過熱感を示している

原油

[昨日の相場分析]
始値:56.49ドル
終値:57.34ドル
結果:56.04-57.48ドル 陽線引け
予想:55.00-59.00ドル 陽線引け

原油は上昇。前日は世界経済の減速懸念から急落したものの、ダウやS&P500といったアメリカの主要株式指数が史上最高値を付けたことなどを好感して買いが入った。日本時間7月3日23時30分発表のEIA原油統計で原油在庫は予想の300万バレル減に対し108万バレル減と在庫減少が予想を下回ったことも懸念材料となり一時的に売りが入ったが買い戻された。また、ガソリン在庫は56.4万バレル減、抽出油在庫は140万バレル増となっている。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):56.00-58.00ドル 陽線引け
エントリーポイント:57.00ドル
目標:58.00ドル
ストップロス:56.00ドル

[昨日の相場分析]
始値:1424.7ドル
終値:1420.9ドル
結果:1414.7-1441.0ドル 陰線引け
予想:1385.0-1405.0ドル 陽線引け

金は下落。時間外取引では、経済の先行き懸念が強まりリスク回避の買いが入った。ただし、ユーロの上値が重かったことから金の上値も重かった。その後、日本時間7月3日23時発表のISM非製造業総合指数が55.1と予想55.9を下回ったほか、製造業新規受注も0.7%減と予想0.4%減を下回るなど弱気なアメリカの経済指標を受けたドル安から買いが入った。ただし、ダウ、S&P500などアメリカ株式市場の主要指数が史上最高値を超えたことが上値を抑え売りが入った。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):1395.0-1440.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:1425.0ドル
目標:1440.0ドル
ストップロス:1416.0ドル
備考:RSI(14)が過熱感を示している

白金

[昨日の相場分析]
始値:835.6ドル
終値:843.6ドル
結果:832.3-847.9ドル 陽線引け
予想:825.0-850.0ドル 陽線引け

白金は上昇。時間外取引では金の堅調を受けて白金は連れ高となった。ただし、景気の先行き懸念から上値は重かった。その後、FRBの早期利下げ期待からアメリカ株式指標が史上最高値を更新したことを受けて買いが入った。日本時間7月3日23時発表のアメリカISM非製造業総合指数は55.1と予想55.9を下回ったほか、アメリカ製造業新規受注も予想の0.4%減に対し0.7%減と市場予想を下回った。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME10月限):830.0-850.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:840.0ドル
目標:845.0ドル
ストップロス:835.0ドル

大豆

[昨日の相場分析]
始値:880.0セント
終値:889.6セント
結果:877.0-890.2セント 陽線引け
予想:865.0-895.0セント 陽線引け

大豆は上昇。コーンベルトの天候は回復しているが、今後の大豆の生育不安が支援材料となり買いが入った。現状の作柄は2012年以来過去2番目に悪い数字。金相場と原油相場が堅調だったことも支援材料。また前日3週間ぶりに900セントの大台を割り込んだが、独立記念日の休場を前にして買い戻しが入った。

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:今後数日間も雨がちな天気の見込み。
気温:気温は上昇。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:散発的に雨や雷雨。今後数日間も雨がちな天気の見込み。
気温:気温は上昇。

[本日の相場予想] (独立記念日で休場)
予想レンジ(CME8月限):
エントリーポイント:
目標:
ストップロス:

天然ガス

[昨日の相場分析]
始値:2.240ドル
終値:2.290ドル
結果:2.237-2.296ドル 陽線引け
予想:2.200-2.350ドル 陰線引け

天然ガスは上昇。今後2週間の気温が上がり、冷房用需要が増加するとの見通しと、天然ガスの輸出量が過去最高水準となる見通しから上昇した。日本時間7月3日25時発表の天然ガス在庫は予想+85Bに対し+89Bと若干増加が上回ったが影響は限定的だった。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):2.200-2.350ドル 陰線引け
エントリーポイント:2.290ドル
目標:2.240ドル
ストップロス:2.340ドル

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。