相場予想2019年7月6日

  

今日の予想

ダウ

[昨日の相場分析]
始値:26973ドル
終値:26885ドル
結果:26728-27009ドル 陰線引け
予想:26800-27100ドル 陽線引け

ダウは下落。日本時間7月5日21時30分発表のアメリカの雇用統計で非農業部門雇用者数が22.4万人増加と事前予想の16万人増加を大幅に上回ったことで、FRBの利下げ観測が後退し、売りが入った。また、雇用統計発表後アメリカ国債の金利が上昇したことを受けて銀行株や金融株が上昇したが、不動産株、公益株、国防産業株などは低調だった。

[8日月曜日の相場予想]
予想レンジ(CME9月限):26750-27000ドル 陽線引け
エントリーポイント:26920ドル
目標:27000ドル
ストップロス:26820ドル
備考:ストキャスティクスが過熱感を示している

原油

[昨日の相場分析]
始値:57.38ドル
終値:57.51ドル
結果:56.29-57.82ドル 陽線引け
予想:56.00-57.70ドル 陽線引け

原油は上昇。昨日イラン産原油をシリアに輸送していたイランのタンカーがジブラルタルで英海軍に拿捕されるなど、ペルシャ湾の地政学的リスクが懸念されている。ただ、日本時間7月5日21時30分発表の雇用統計が強気の結果となったことを受けたドル高と利下げ観測後退によるダウ安を受けて上値は重かった。その後、ロイターがOPECの原油生産量が2014年4月以来の低水準となる日量2960万バレルとなったと伝えたこと受けて上昇した。ベーカー・ヒューズ社発表の原油採掘リグ数は788基と先週より5基減少した。

[8日月曜日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):56.00-60.00ドル 陽線引け
エントリーポイント:58.00ドル
目標:60.00ドル
ストップロス:57.00ドル

[昨日の相場分析]
始値:1421.6ドル
終値:1400.1ドル
結果:1388.6-1426.8ドル 陰線引け
予想:1405.0-1435.0ドル 陽線引け

金は下落。時間外取引はアメリカの雇用統計発表前のポジション調整から売りが入って推移した。その後、日本時間7月5日21時30分発表のアメリカの雇用統計で非農業部門雇用者数が22.4万人増加と事前予想の16万人増加を大幅に上回ったことからドル高が進み、金は急落し、一時1400ドルの大台を割り込んだ。

[8日月曜日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):1385.0-1435.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:1400.0ドル
目標:1415.0ドル
ストップロス:1395.0ドル

白金

[昨日の相場分析]
始値:842.5ドル
終値:811.4ドル
結果:808.3-845.3ドル 陰線引け
予想:830.0-850.0ドル 陽線引け

白金は下落。時間外取引は金の軟調を受けて連れ安。その後、日本時間7月5日21時30分発表の雇用統計で非農業部門雇用者数が22.4万人増加と事前予想の16万人増加を大幅に上回ったことからドル高、金安となったことに加え、ダウが下落したため白金は急落した。

[8日月曜日の相場予想]
予想レンジ(CME10月限):805.0-825.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:815.0ドル
目標:825.0ドル
ストップロス:810.0ドル

大豆

[昨日の相場分析]
始値:889.0セント
終値:876.0セント
結果:874.4-889.4セント
予想:878.0-900.0セント

大豆は下落。独立記念日と週末をはさんで短縮取引となった。USDAが発表した輸出成約高は102.9万トンと前週の48.8万トンを大きく上回り、好調な結果だったが、中国国務院が豚コレラ拡散防止のための指示を出したことから、飼料用大豆の減少懸念が蒸し返された。ただし、昨年8月以来の同国内の感染事例は143件だが今年は44件と減少している。また、コーンベルトの天候改善と潤沢な在庫も懸念材料となった。

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:今後数日は雨がちな天気の見込み。来週の雨量は平年並みの見込み。
気温:気温は上昇。来週寒冷前線が南下の見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:今後数日は雨がちな天気の見込み。来週も雨量は平年を上回る見込み。
気温:気温は上昇。

[8日月曜日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):870.0-890.0セント 陰線引け
エントリーポイント:875.0セント
目標:870.0セント
ストップロス:890.0セント

天然ガス

[昨日の相場分析]
始値:2.287ドル
終値:2.418ドル
結果:2.263-2.445ドル 陽線引け
予想:2.250-2.300ドル 陰線引け

天然ガスは上昇。生産量の増加は懸念材料だったが、気温上昇の見通しによる需要増期待がより重視された。6月3日以来の高値まで値を上げた。

[8日月曜日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):2.350-2.500ドル 陰線引け
エントリーポイント:2.440ドル
目標:2.380ドル
ストップロス:2.490ドル

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。