相場予想2019年7月9日

  

今日の予想

ダウ

[昨日の相場分析]
始値:26890ドル
終値:26793ドル
結果:26742-26924ドル 陰線引け
予想:26750-27000ドル 陽線引け

ダウは下落。日本時間7月5日発表のアメリカの雇用統計が好調だったことを受けて利下げ観測が後退し、ハイテク株やヘルスケア株を中心に売りが入った。今週10日、11日にパウエル・FRB議長の議会証言が予定されており、今後の金融政策についての様子見ムードも広がっている

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME9月限):26650-26900ドル 陽線引け
エントリーポイント:26750ドル
目標:26900ドル
ストップロス:26650ドル

原油

[昨日の相場分析]
始値:57.66ドル
終値:57.77ドル
結果:57.30-58.46ドル 陽線引け
予想:56.00-60.00ドル 陽線引け

原油は上昇。イランの核開発計画再開を巡ってアメリカとの緊張が高まっていることを背景に上昇した。イランは2015年の核合意停止の第2弾として7日にウラン濃縮度を3.67%から4.5%まで高めること、8日に核開発が可能となる20%まで濃縮度を高めることも選択肢の1つと発表している。一方で、イランとフランスの間で7月15日までに対話再開に向けて交渉が続いており、緊張の高まりに一定のブレーキを掛けている。その他、米中の貿易摩擦が続いていることなど、世界的な景気減速懸念を受けてエネルギー需要の先細り観測や為替相場がドル高で推移したことが原油の上値を抑えた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):56.00-59.00ドル 陽線引け
エントリーポイント:57.80ドル
目標:59.00ドル
ストップロス:57.00ドル

[昨日の相場分析]
始値:1401.0ドル
終値:1400.0ドル
結果:1393.8-1409.9ドル 陰線引け
予想:1385.0-1435.0ドル 陽線引け

金は下落。時間外は安値拾いの買いが入った。その後、ドル高となったことから上げが一服し、利益確定売りなどが出て下落した。FRBによる利下げの見通しや米中の通商協議が難航するとの見通しが下支え要因となったが、雇用統計の好調を受けたドル高が上値を抑えた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):1385.0-1415.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:1398.0ドル
目標:1410.0ドル
ストップロス:1392.0ドル

白金

[昨日の相場分析]
始値:815.0ドル
終値:820.4ドル
結果:811.1-823.9ドル 陰線引け
予想:805.0-825.0ドル 陽線引け

白金は下落。時間外取引は金の堅調を受けて連れ高となった。立会時間は予想以上のアメリカ雇用統計を背景に株安・ドル高となったことから売りが入ったが、その後、買い戻され上昇した。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME10月限):810.0-830.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:814.0ドル
目標:825.0ドル
ストップロス:809.0ドル

大豆

[昨日の相場分析]
始値:883.0セント
終値:879.0セント
結果:873.2-884.0セント 陰線引け
予想:870.0-890.0セント 陰線引け

大豆は下落。コーンベルトの天候の不透明感から買いが入ったが、7月後半の天気予報で気温上昇による熱波が予測されていることが生育への懸念材料となった。USDA発表輸出検証高は75.7万トンで先週の72.0万を若干上回った。引け後に発表されたUSDAの作物進度報告では、大豆作付け率は96%(前年100%、平年99%)、発芽率は90%(前年100%、平年98%)と平年を大幅に下回っており、作柄予測も良以上が53%と先週の54%より悪化、前年の71%を大幅に下回っている。

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:今後5日間は降雨はない見込み。
気温:気温は低下。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:今後5日間は降雨はない見込み。
気温:気温は低下。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):870.0-885.0セント 陰線引け
エントリーポイント:880.0セント
目標:870.0セント
ストップロス:885.0セント

コーン

[昨日の相場分析]
始値:443.4セント
終値:439.4セント
結果:433.4-445.2セント 陰線引け
予想:

コーンは下落。コーンベルトでの天候回復と7月下旬以降の気温上昇予測による熱波による生育懸念から上昇した。USDAが発表した輸出検証高が70.3万トンと前週の28.4万トンを大きく上回り、好調な結果だったことが支援材料。取引時間後のUSDAの作物進度報告では発芽率は98%と平年・前年の100%を下回っており、シルキング率も8%と前年の34%、平年の22%を大きく下回った。作柄報告では良以上が57%と先週の56%をわずかに上回ったが、依然として平年の75%を大きく下回っている。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME9月限):430.0-445.0セント 陰線引け
エントリーポイント:440.0セント
目標:430.0セント
ストップロス:445.0セント

天然ガス

[昨日の相場分析]
始値:2.460ドル
終値:2.403ドル
結果:2.369-2.467ドル 陽線引け
予想:2.350-2.500ドル 陰線引け

天然ガスは下落。生産量が過去最高水準に近付いていることが懸念材料となり下落した。今後2週間の冷房用需要が予想を下回るとの見通しも嫌気された。

[本日の相場予想]
予想レンジ(CME8月限):2.350-2.480ドル 陰線引け
エントリーポイント:2.440ドル
目標:2.370ドル
ストップロス:2.490ドル

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。