相場予想2019年9月12日

  

今日の予想

株式指数

ダウ

[昨日の相場分析]
始値:26889ドル
終値:27130ドル
結果:26838-27136ドル 陽線引け
予想:26700-27100ドル 陽線引け

ダウは上昇。時間外取引は26890ドルの水準で始まり、アジア時間前半は26850ドルの水準まで下落した。その後、アジア時間の終盤までに26920ドルの水準まで上昇し、欧州時間は26920ドルの水準で小幅な値動きだった。立会時間には強い買いが入り、日本時間日付が変わった後に27000ドルの大台を突破した。その後も買いが入り27130ドル台まで上昇して引けた。中国がアメリカへの報復関税のうち16品目を免除の対象にしたことが支援材料となりハイテク株や工業株を中心に買いが入った。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券):26870-27370ドル 陽線引け
エントリーポイント:27050ドル
目標:27370ドル
ストップロス:26950ドル
備考:
下げを想定し、27050ドルの水準での反転での買いを狙いたい。上げる場合は27200ドルの水準でのトレンドフォローの買いを入れてみたい。

エネルギー

原油

[昨日の相場分析]
始値:57.92ドル
終値:55.94ドル
結果:55.58-58.26ドル 陰線引け
予想:57.00-58.80ドル 陽線引け

原油は下落。時間外取引は58.00ドルの水準ではじまり、アジア時間の中頃に約40セント下落する場面も見られたが、欧州時間までおおむね58.00ドルの水準で小幅な値動きをした。欧州時間に入ると買いが入り58.20ドルの水準まで上昇し高値を付けた。立会時間はEIAの指標の発表後、強い売りが入り、日本時間の日付が変わる頃には57.00ドルを割り込んだ。日本時間23時30分発表のEIAの原油在庫統計は690万バレルの減少で予想の270万バレル減少を上回った。ただし、ガソリン在庫予想84バレル減少を下回る68万バレルの減少で、留出油在庫は予想の7万バレル増加を上回る270万バレル増加となった。また、トランプ政権が対イラン強硬派で知られるボルトン国家安全保障問題担当補佐官を更迭したことで、イランに対する対話再開と制裁緩和の見通しが広がり需給が緩むとの観測が売りを呼んだ模様。その後は56.00ドル台も割り込み、55.50ドルの水準をうかがったが、割り込まず56.00の水準で推移して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券10月限):55.00-57.50ドル 陽線引け
エントリーポイント:56.20ドル
目標:57.50ドル
ストップロス:55.20ドル
備考:
56.20ドルの水準でのトレンドフォローの買いを考えたい。ただ、55.50ドルを割って下落する場合はテクニカル予想は無視してトレンドフォローの売りを入れたい。

天然ガス

[昨日の相場分析]
始値:2.577ドル
終値:2.536ドル
結果:2.521-2.591ドル 陰線引け
予想:2.550-2.630ドル 陽線引け

天然ガスは下落。時間外取引は2.570 ドルの水準で始まり、アジア時間前半は小幅な値動き。アジア時間後半から欧州時間前半にかけて買いが入り、2.590ドルの水準で堅調に推移した。欧州時間後半に入ると輸出が伸び悩んでいることと、今後2週間の冷房需要が減少するとの見通しから売りが入り、立会時間までに2.520ドルの水準まで下落し安値を付けた。立会時間は当初は買いが入り2.580ドルの水準まで戻したが、日本時間の日付が変わる頃から売りが強まり、引けまでに2.530ドルの水準まで下落した。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券10月限):2.500-2.600ドル 陽線引け
エントリーポイント:2.550ドル
目標:2.600ドル
ストップロス:2.500ドル
備考:
2.550ドルの水準でのトレンドフォローの買いを推奨。下げる場合は2.520ドルの水準での反転を狙った買いを試したい。

貴金属

[昨日の相場分析]
始値:1485.5ドル
終値:1496.0ドル
結果:1485.1-1498.2ドル 陰線引け
予想:1475.0-1505.0ドル 陰線引け

金は下落。時間外取引は1485ドルの水準から上げで始まり、アジア時間の前半には押し目買いで1492ドルの水準まで上昇した。その後はやや軟化したが、アジア時間終盤に一時1495ドル台まで買いが入った。欧州時間開始後はユーロ安から軟調で、1490ドル台まで下落した。後、上昇に転じ、1495ドルの水準まで上昇した。その後は立会時間にかけて軟調に推移、日本時間21時30分発表のアメリカPPIが予想の0.0%を上回る0.1%の上昇となったことで売りが入り、立会時間直前に安値を付けた。立会時間はユーロ安が一服したことで上昇で始まり、1492ドルから1497ドルのレンジ内で堅調に推移し高下、引けにかけて1497ドルの水準まで上昇して引けた

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):1475.0-1510.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:1495.0ドル
目標:1475.0ドル
ストップロス:1505.0ドル
備考:
1495ドルの水準での売りを推奨。上げる場合は1500ドルの水準での売りを試したい。

白金

[昨日の相場分析]
始値:928.6ドル
終値:944.0ドル
結果:927.7-945.7ドル 陽線引け
予想:920.0-955.0ドル 陽線引け

白金は上昇。時間外取引は928ドルの水準で始まり堅調に推移した。アジア時間後半には金の堅調を受けて940ドルの水準に上昇したが、その後の欧州時間はユーロ安が上値を抑え、937ドルから942ドルのレンジで推移した。立会時間になると943ドルの水準まで買いが入った後、金の軟調を受けて白金も軟化し937ドルまで再び下落した。立会時間後半は金の堅調を背景に再び買いが入り、一時945ドル台の高値を付けた。その後も堅調で、944ドルの水準で引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):930.0-955.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:945.0ドル
目標:955.0ドル
ストップロス:935.0ドル
備考:
945ドルの水準でのトレンドフォローの買いを推奨。

穀物

来週の天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:広い範囲で雨。今後の予想雨量はまちまち。
気温:平年以上まで上昇する見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:雨や雷雨。今後の予想雨量は平年を上回る。
気温:平年以上まで上昇する見込み。

大豆

[昨日の相場分析]
始値:871.2セント
終値:866.2セント
結果:863.2-872.2セント 陰線引け
予想:860.0-885.0セント 陽線引け

大豆は下落。12日の需給報告前で小幅な値動きでポジションの調整が入った。時間外取引は871セントの水準で始まったが、おおむね軟調で推移した。アジア時間はほぼ一方的に軟調で推移し、870セントを割り込んだ。欧州時間になると買い戻しの動きがみられ870セントを回復したが動きは鈍かった。立会時間は気温の上昇で成育が促進されるとの見方が懸念材料となり下落した。862セントで安値を付けた後、ポジション調整の動きで868セントまでのレンジで高下した。立会時間の後半に安値を付けた後に866セント台まで買い戻されて引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券11月限):860.0-880.0セント 陽線引け
エントリーポイント:868.0セント
目標:880.0セント
ストップロス: 863.0セント
備考:需給報告では生産量の下振れが予想される
868セントでのトレンドフォローの買いを考えたい。下げる場合は865セントでの買いを推奨。需給報告次第だが、上げの勢いが強い場合は目標を引き上げたい。サプライズで下げる場合は、テクニカル予想は無視して855セントを目標にトレンドフォローの売りを試したい。

コーン

[昨日の相場分析]
始値:362.5セント
終値:359.0セント
結果:356.0-362.5セント 陰線引け
予想:355.0-365.0セント 陰線引け

コーンは下落。12日の需給報告前で売りが強く買いポジションの調整が入った。時間外取引は862.5セントの水準で始まったがこのレートがこの日の高値となった。その後はおおむね軟調で推移した。アジア時間は361セントの水準まで下落、欧州時間に入ると売りが加速し360セントの水準まで下落、買い戻しの動きもあり360セントから361セントの水準で推移した。立会時間になるとコーンベルトの気温上昇による作柄改善を懸念した売りが入り、356セント台前半まで下落し安値を付けた。その後は買い戻しの動きが入り360セントの水準を回復して引けた。 EIAが発表するエタノール生産量は前週の101.3万バレルを上回る102.3万バレル、在庫は2380.1万バレルから2249.9万バレルへ減少した。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券12月限):355.0-365.0セント 陰線引け
エントリーポイント:360.0セント
目標:355.0セント
ストップロス:365.0セント
備考:
360セントの水準でのトレンドフォローの売りを考えたい。需給報告の結果次第だが、売りが強い場合は目標を352セントへ変更したい。サプライズがあった場合はテクニカル指標は無視し、370セントを目標にトレンドフォローの買いを試したい。

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。