相場予想2019年9月27日

  

今日の予想

株式指数

ダウ

[昨日の相場分析]
始値:26984ドル
終値:26899ドル
結果:26801-27060ドル 陽線引け
予想:26630-27290ドル 陽線引け

ダウは上昇。時間外取引は26980ドル台で始まり、アジア時間は軟化し、26920ドル台まで下落した。欧州時間には買いが入り、欧州時間後半に27050ドル台まで上昇した。欧州時間終盤から立会時間には下落に転じ、日本時間の日付が変わるころまでに26800ドル台まで下落し安値を付けた。トランプ・アメリカ大統領の弾劾に向けた調査が始まったことが懸念材料となった。一方で王毅・中国外相が中国側は輸入拡大の用意があると述べたことなど中国側の発言に基づいた合意期待から下値は堅く、立会時間後半前から買い戻され、27000ドル直前まで上昇したが、27000ドル台は回復できず、やや下落して引けた。日本時間21時30分発表のアメリカ新規失業保険申請数は予想21.2万件に対して21.3万件とやや悪化となり、アメリカ第2四半期国内総生産は2.0%と予想と一致した。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券):26660-27210ドル 陽線引け
エントリーポイント:27000ドル
目標:27210ドル
ストップロス:26900ドル
備考:
27000ドル周辺でのトレンドフォローの買いを推奨したい。下げる場合は26800ドル付近での買いか。

エネルギー

原油

[昨日の相場分析]
始値:56.63ドル
終値:56.52ドル
結果:55.40-56.81ドル 陰線引け
予想:55.50-58.00ドル 陽線引け

原油は下落。ウクライナ問題でアメリカ下院がトランプ・アメリカ大統領の弾劾に向けて調査が始まったことが、相場の重しとなった。時間外取引は56.60ドル台で始まり、アジア時間は軟化し、56.10ドル台まで下落した。アジア時間の終盤に買いが入り、欧州時間前半に56.80ドル台まで上昇し、高値を付けた。その後は売りに転じ、日本時間の日付が変わるころまでに55.50ドルを割り込むまで下落した。その後は買い戻されて55.70ドルまで戻した。日本時間27時ごろにアルゴリズムと思われる買いが入り約1ドル上昇し、引けにかけて56.50ドル台まで上昇した。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券10月限):55.60-57.50ドル 陽線引け
エントリーポイント:56.20ドル
目標:58.00ドル
ストップロス:55.50ドル
備考:
56.20ドル周辺での買いを推奨。下げる場合は56.70ドル付近での買いを試したい。

天然ガス

[昨日の相場分析]
始値:2.500ドル
終値:2.441ドル
結果:2.385-2.532ドル 陰線引け
予想:2.460-2.530ドル 陽線引け

天然ガスは下落。時間外取引は2.500ドル台で始まり、2.510ドル台までの上昇の後、アジア時間は軟化し、2.500ドル台まで下落した。アジア時間終盤から買いが入り、2.520ドル台まで上昇、日本時間17時半ごろから更に買いが入り、一時2.530ドル台まで上昇した。日本時間19時半ごろから売りが入り、日本時間の日付が変わるころまでに2.400ドルを割り込むまで下落した。日本時間23時30分に発表されたEIAの天然ガス統計で在庫が予想の89Bを大幅に上回る102B増加したことが懸念材料となった。その後、買い戻しの動きが続いたが、上値は重く2.430ドル台まで戻すのがやっとだった。天然ガスは8日続落となった。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券10月限):2.370-2.500ドル 陽線引け
エントリーポイント:2.400ドル
目標:2.500ドル
ストップロス:2.370ドル
備考:
2.400ドルでの買いを推奨。上げる場合は2.450ドルの水準での買いを試したい。

貴金属

[昨日の相場分析]
始値:1504.3ドル
終値:1504.3ドル
結果:1500.1-1512.3ドル 陰線引け
予想:1490.0-1527.0ドル 陰線引け

金はほぼ横ばい。時間外取引は1504ドル台から始まった。アジア時間は堅調に推移し1510ドル台まで上昇した。欧州時間に入るとドル高に転じたことからやや軟化し、日本時間21時ごろに一時1500ドル台まで下落した。その後は買い戻され、立会時間は1506ドルから1510ドルのレンジで推移した。立会時間終了後にドル高が再度進んだことから売りが入り、1504ドル台まで下落し、そのまま引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):1490.0-1525.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:1510.0ドル
目標:1490.0ドル
ストップロス:1516.0ドル
備考:
1510ドルでのトレンドフォローの売りを推奨。

白金

[昨日の相場分析]
始値:925.6ドル
終値:929.7ドル
結果:924.9-936.7ドル 陽線引け
予想:918.0-935.0ドル 陽線引け

白金は上昇。時間外取引は925ドル台で始まり、アジア時間前半終了までに933ドル台まで上昇した。その後アジア時間後半はドル高が進んだことから軟化し、欧州時間が始まるまでに927ドル台まで下落した。その後、日本時間19時ごろから上昇し、日本時間の日付が変わるころから買われ、立会時間後半には936ドル台まで上昇し高値を付けた。その後は日本時間27時ごろからドル高を材料とした売りが入り、930ドル台まで下落して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):920.0-945.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:935.0ドル
目標:945.0ドル
ストップロス:930.0ドル
備考:
935ドルでトレンドフォローの買いを推奨。下げる場合は925ドルでの買いを試したい。

穀物

産地の天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:南部や東部で雨。今後の予想雨量は平年を上回る。
気温:北部以外は月内は平年以上まで上昇する見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:南部や中部で雨。今後の予想雨量は平年を上回る。
気温:北部以外は月内は平年以上まで上昇する見込み。

大豆

[昨日の相場分析]
始値:887.5セント
終値:887.2セント
結果:886.0-893.5セント 陰線引け
予想:877.0-901.0セント 陽線引け

大豆は小幅下落。時間外取引は887セント台ではじまった。アジア時間は小幅に下落し、アジア時間終盤までに886セントまで下落した。欧州時間に入ると中国が追加で600万トンの大豆を購入するとの情報から買いが入り、日本時間19時ごろまでに892セント台まで上昇し、立会時間までは890セントから893セントのレンジで推移した。立会時間が始まると、この日USDAから発表された輸出検証高は103.8万トンと前週の172.8万トンを大幅に下回ったことで下落に転じ、日本時間の日付が変わるころに一時886セント台まで下落した。その後は立会時間の後半開始直後には891セント台まで買い戻されたが、売り直されて887セント台で引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券11月限):880.0-900.0セント 陽線引け
エントリーポイント:887.0セント
目標:900.0セント
ストップロス: 881.0セント
備考:
887セント周辺でのトレンドフォローの買いを推奨。上げる場合は883セントでの買いを試したい。

コーン

[昨日の相場分析]
始値:373.2セント
終値:371.5セント
結果:367.7-375.0セント 陰線引け
予想:368.0-378.0セント 陽線引け

コーンは下落。時間外取引は373セント台で始まり、アジア時間はそのまま推移した。欧州時間に入ると買いが入り375セント台まで上昇した。日本時間19時時ごろからUSDAの発表した弱気な輸出成約高(結果49.4万トン、前週146.5万トン)を材料に売りが入り、日本時間で日付が変わるころに368セント台まで下落した。その後は買い戻され、立会時間後半には371セント台まで上昇して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券12月限):367.0-377.0セント 陽線引け
エントリーポイント:370.0セント
目標:377.0セント
ストップロス:368.0セント
備考:
370セント周辺での買いを推奨したい。上げる場合は373セントでの買いを試したい。

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。