相場予想2020年1月6日

  

今日の予想

株式指数

ダウ

[前日の相場分析]
始値:28905ドル
終値:28631ドル
結果:28458-28919ドル 陰線引け
予想:28500-28900ドル 陽線引け

ダウは下落。時間外取引は28905ドルで始まった。アジア時間序盤は28900ドル付近での値動きとなった。日本時間10時頃にアメリカがイラクの空港を攻撃しイランの司令官を殺害したとの報が入ると、イランとの緊張が高まるとの懸念から売りが入って急落した。日本時間12時頃には28700ドルを割り込み、20時頃に28458ドルまで下落して安値を付けた。その後は下げが一服して引けにかけて買い戻される展開となり、日本時間22時頃に28600ドルを回復すると24時頃までに28700ドル付近まで買い戻された。日本時間24時に発表されたISM製造業景況指数が予想の49.0を下回った47.2で懸念材料となったこともあり、それ以上の上値は重く引けにかけては28600ドル付近から28700ドル付近での値動きとなった。250ドル以上下落した28631ドルで引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券):28300-28900ドル 陽線引け
エントリーポイント:28600ドル
目標:28900ドル
ストップロス:28500ドル
備考:
下げる場合に28600ドルで、上げる場合は28700ドルでの買いを試したい。

エネルギー

原油

[前日の相場分析]
始値:61.16ドル
終値:63.00ドル
結果:61.09-64.06ドル 陽線引け
予想:60.00-62.50ドル 陽線引け

原油は大幅上昇。時間外取引は61.16ドルで始まった。アジア時間序盤は61.10ドル付近で小幅な値動きだった。日本時間10時頃にアメリカがイラクの空港を攻撃しイラン人司令官を殺害したとの報が入ると急騰し、日本時間11時過ぎに63.80ドル付近まで上昇した。その後は上げが一服し、日本時間18時頃までは63.00ドル付近での値動きとなった。日本時間18時頃から再度強い買いが入って、20時頃に64.06ドルまで上昇して高値を付けた。日本時間25時頃までは63.50ドル付近での値動きとなった。日本時間25時00分発表のEIAの原油統計は原油在庫1146万バレル減(予想320万バレル減)、ガソリン在庫321万バレル増、留出油在庫877万バレル増、クッシング原油在庫144万バレル減だった。 日本時間25時を過ぎると売りが入って一時62.50ドルを割り込んだが、引けにかけて買い戻されて始値から1.80ドル以上上昇した63.00ドルで引けた。この日26時にべーカー・ヒューズが発表した原油採掘リグ稼働数は670基(前週比7基減)だった。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券2月限):61.00-65.00ドル 陽線引け
エントリーポイント:62.50ドル
目標:65.00ドル
ストップロス:62.00ドル
備考:
下げる場合に62.50ドルで、上げる場合に63.50ドルでの買いを推奨。

天然ガス

[前日の相場分析]
始値:2.122ドル
終値:2.104ドル
結果:2.074-2.154ドル 陰線引け
予想:2.050-2.250ドル 陰線引け

天然ガスは小幅下落。時間外取引は2.122ドルで始まった。アジア時間は2.125ドル付近での小幅な値動きとなった。欧州時間に入ると売りが入って日本時間20時前に2.074ドルまで下落して安値を付けた。その後は上げに転じて日本時間23時頃までに2.130ドル付近まで上昇した。日本時間24時30分発表のEIAの天然ガス統計は各社の予想(57B減~60B減)に対し58B減だった。直後から買いが入って日本時間25時頃に2.154ドルまで上昇して高値を付けた。引けにかけては売りの勢いが強くなり2.104ドルまで下落して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ( サクソバンク証券2月限):2.050-2.250ドル 陰線引け
エントリーポイント:2.150ドル
目標:2.100ドル
ストップロス:2.200ドル
備考:
上げる場合に2.150ドルで、下げる場合に2.100ドルでの売りを入れたい。

貴金属

[前日の相場分析]
始値:1528.4ドル
終値:1551.8ドル
結果:1527.9-1553.5ドル 陽線引け
予想:1515.0-1540.0ドル 陽線引け

金は大幅上昇。時間外取引は1528.4ドルで始まった。アジア時間は上昇で始まり日本時間10時頃に1530.0ドル付近まで上昇した。日本時間10時頃に、アメリカがイラクの空港の武装勢力を攻撃し、イランの司令官が死亡したとの報が入ると、中東情勢の緊迫化によるリスク回避の買いが入り続けて、日本時間21時頃までに1550.0ドル付近まで20ドル以上上昇した。日本時間21時を過ぎると上げが一服し、1540.0ドル付近まで売られる場面もあったが、24時頃までには1545.0ドル付近まで買い戻された。日本時間24時にISM製造業景況指数が発表されると予想の49.0を下回った47.2となったことが支援材料となり1550.0ドル付近まで上昇した。引けにかけては1550.0ドル付近での値動きとなり、1551.8ドルで引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):1530.0-1565.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:1547.0ドル
目標:1560.0ドル
ストップロス:1542.0ドル
備考:
下げる場合に1547.0ドルで、上げる場合に1555.0ドルでの買い試したい。

白金

[前日の相場分析]
始値:978.7ドル
終値:980.7ドル
結果:976.9-995.2ドル 陽線引け
予想:950.0-1000.0ドル 陽線引け

白金は小幅上昇。時間外取引は978.7ドルで始まった。日本時間10時頃にアメリカによりイラン人司令官がイラクで空爆で殺害されたとの報が流れて中東の戦争リスクの高まりから金が上昇したことが支援材料となって日本時間11時頃に987.0ドル付近まで上昇した。日本時間12時前からは売りが入って980.0ドル付近まで下落した。日本時間14時頃から再度上げに転じて、19時頃に995.2ドルまで上昇して高値を付けた。日本時間20時を過ぎると売りの勢いが強くなり22時前に980.0ドルまで下落した。その後、買い戻しの動きが入って日付が変わる頃までに990.0ドル付近まで上昇したが、売り直されて引けにかけて980.7ドルまで下落して引けた。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券スポット):950.0-1000.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:977.0ドル
目標:1000.0ドル
ストップロス:972.0ドル
備考:
下げる場合に977.0ドルで、上げる場合に986.0ドルでの買いを行いたい。

穀物

産地の天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:北部でみぞれ南部で雨。今後の降水量は平年並みから上回る見込み。
気温:今後は気温が上昇する見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:北部で雪、南部でみぞれ。今後の降水量は平年並みから上回る見込み。
気温:今後は気温が下がる見込み。

天気予報(ブラジル)
・ブラジル産地北部:マトグロッソ州、マトグロッソ・ド・スル州、ゴイアス州
天気:散発的な雨、今後も毎日雨がちとなる見込み。
気温:平年を上回る見込み。
・ブラジル産地南部:リオグランデ・ド・スル州、パラナ州
天気:散発的な雨、今後は降雨があっても弱い雨の見込み。
気温:週の前半は平年以上、その後は平年以下の見込み。

天気予報(アルゼンチン)
・アルゼンチン産地北部:サンタ・フェ州、コルドバ州
天気:過去2日間雨はなし、今後もほとんど降雨はない見込み。
気温:週の前半はまちまち、その後は平年以下となる見込み。
・アルゼンチン産地南部:ブエノスアイレス州、ラ・パンパ州
天気:過去2日間雨はなし、今後はあっても弱い雨の見込み。
気温:週の前半は平年以下、その後はまちまちの見込み。

大豆

[前日の相場分析]
始値:955.5セント
終値:940.2セント
結果:936.5-956.2セント 陰線引け
予想:940.0-970.0セント 陽線引け

大豆は下落。時間外取引は955.5セントで始まった。日本時間11時頃から売りが入って下落が始まり、アジア時間終盤の17時頃までに952.0セント、欧州時間終盤の22時頃までに947.0セントまで下落した。日本時間22時30分に立会時間に入ると強く売られて、日本時間25時頃までに936.5セントまで下落して安値を付けた。引けにかけてはやや買い戻されたが、始値から15セント以上下落した940.2セントで引けた。この日USDAが発表した輸出成約高は33.2万トンと前週の74.7万トンより大幅に減少したことは懸念材料となった。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券1月限):930.0-960.0セント 陽線引け
エントリーポイント:938.0セント
目標:950.0セント
ストップロス:933.0セント
備考:
下げる場合に938.0セントで、上げる場合は943セントでの買いを推奨したい。

コーン

[前日の相場分析]
始値:390.7セント
終値:385.0セント
結果:384.9-391.2セント 陰線引け
予想:385.0-395.0セント 陽線引け

コーンは下落。時間外取引は390.7セントで始まった。アジア時間から欧州時間にかけては391.0セント付近で小幅な値動きだった。欧州時間に入ると大豆に連れ安となった売りが入って、22時30分に立会時間に入ると下げが一服する場面もあったが、引けにかけて下落を続け始値から5セント以上下落した385.0セントで引けた。この日USDAが発表した輸出成約高は54.0万トンと前週の62.6万トンより減少、EIAが発表したエタノール統計は生産量が日量106.6万バレル(前週108.3万バレル)、在庫が2103.4万バレル(前週2146.9万バレル)と生産量、在庫とも減少だった。

[本日の相場予想]
予想レンジ(サクソバンク証券3月限):382.0-393.0セント 陽線引け
エントリーポイント:383.0セント
目標:388.0セント
ストップロス:380.0セント
備考:
下げる場合に383.0セントで、上げる場合は387.0セントでの買いを行いたい。

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。