相場予想2020年4月7日

  

今日の予想

株式指数

ダウ

[前日の相場分析]
始値:21285ドル
終値:22624ドル
結果:21255-22782ドル 陽線引け
予想:20250-22000ドル 陰線引け

ダウは上昇。時間外取引は21285ドルで始まった。取引開始直後は21300ドル付近での値動きだったが、日本時間9時を過ぎると買いが入って、15時頃に22000ドル付近まで上昇した。日本時間15時過ぎから22時半前までは21900ドル付近で小幅な値動きとなった。日本時間22時半に立会時間が始まると、取引終了時間直前まで上昇が続き22782ドルの高値を付けた。イタリアやスペインなどで新型コロナウイルスの感染者・死者の増加ペースに鈍化がみられることや、NY州でも死者の増加ペースにブレーキが掛かったことを好感して買いが入った。VIX指数が2週間ぶりの低水準となったことも買いを支援した。取引終了時間直前に売られて22624ドルで取引を終了した。

[本日の相場予想]
予想レンジ (サクソバンク証券):21300-23500ドル 陰線引け
エントリーポイント:23000ドル
目標:22000ドル
ストップロス:23200ドル
備考:
上げる場合に23000ドル、下げる場合には22500ドルで売りを考えたい。

エネルギー

原油

[前日の相場分析]
限月:5月限
始値:25.55ドル
終値:26.27ドル
結果:25.53-28.22ドル 陽線引け
予想:22.00-35.00ドル 陰線引け

原油は上昇。時間外取引は今日予定されていたOPECプラスの会合の延期を受けて下窓が開いて25.55ドルで始まった。取引開始からは買いの動きが入って、日本時間15時頃に28.22ドルの高値を付けた。日本時間15時を過ぎると売りの勢いが強まった。日本時間19時半、23時半、24時半と買い戻しの動きが見られたが、そのたびに売り直されて、日本時間27時半頃に26.00ドル付近まで下落した。日量1500万バレルと前例のない量の協調減産となる可能性やカナダやノルウェーが会合へ参加することを示唆したことなどが支援材料となったが、会合そのものが6日から9日以降に延期されたことが最大の懸念材料となった。日本時間28時から取引終了時間までは、OPECプラス各国がアメリカの減産を条件に減産に同意する公算と報じられたことから、やや買い戻されて26.27ドルで取引を終了した。

[本日の相場予想]

予想レンジ (サクソバンク証券5月限):23.00-30.00ドル 陰線引け
エントリーポイント:27.50ドル
目標:23.00ドル
ストップロス:28.50ドル
備考:
上げる場合に27.50ドルで、下げる場合に26.20ドルの売りを試したい。

天然ガス

[前日の相場分析]
限月:5月限
始値:1.641ドル
終値:1.741ドル
結果:1.621-1.747ドル 陽線引け
予想:1.550-1.750ドル 陰線引け

天然ガスは上昇。時間外取引は1.641ドルで始まった。取引開始時間から日本時間14時頃までは1.640ドル付近での値動きとなった。日本時間14時を過ぎると買いが入って1.690ドル付近まで上昇したが、上値は重く18時前に1.640ドル付近まで下落した。日本時間20時前から買いの勢いが強まって、23時頃に1.720ドル付近まで上昇、その後も買いが入って、29時頃に1.747ドルの高値を付けた。従来の天気予報より寒さが強まり、暖房用需要が増加するとの見方が支援材料となった。取引終了時間までは高値圏を維持して1.741ドルで取引を終了した。

[本日の相場予想]

予想レンジ (サクソバンク証券5月限):1.590-1.850ドル 陰線引け
エントリーポイント:1.770ドル
目標:1.650ドル
ストップロス:1.850ドル
備考:
上げる場合に1.770ドルで、下げる場合に1.700ドルでの売りを考えたい。

貴金属

[前日の相場分析]
価格:スポット金
始値:1618.7ドル
終値:1659.1ドル
結果:1608.3-1668.9ドル 陽線引け
予想:1570.0-1645.0ドル 陽線引け

金は大幅上昇。時間外取引は1618.7ドルで始まった。取引開始時間直後は売りが入って1608.3ドルまで下落したが、日本時間7時半頃からドル安を支援材料とした買いが入って8時頃に1620.0ドル付近まで上昇した。日本時間9時頃から14時半頃までは1618.0ドル付近での値動きとなった。日本時間14時半頃から買いが入って、22時頃に1640.0ドル付近まで上昇した。その後も買いが入って、日本時間28時半頃に1668.9ドルの高値を付けた。株価が急伸する中、新型コロナウイルスの感染拡大の安定化が始まったとの楽観的な見方、欧州とアメリカで金融緩和による資金供給が続くとの見方が支援材料となった。日本時間28時半から取引終了時間まではやや軟化して1659.1ドルで取引を終了した。

[本日の相場予想]
予想レンジ (サクソバンク証券スポット):1600.0-1680.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:1650.0ドル
目標:1680.0ドル
ストップロス:1640.0ドル
備考:
下げる場合に1650.0ドルで、上げる場合に1670.0ドルでの買いを試したい。

白金

[前日の相場分析]
価格:スポット白金
始値:724.8ドル
終値:738.4ドル
結果:719.1-742.3ドル 陽線引け
予想:700.0-760.0ドル 陰線引け

白金は上昇。時間外取引は724.8ドルで始まった。日本時間9時頃から株高を材料に買いが入って、10時頃に740.0ドル付近まで上昇した。日本時間10時を過ぎると上げが一服し、727.0ドル付近まで下落したが、14時を過ぎると金が堅調となったことから買いに転じて、18時頃に735.0ドル付近まで上昇した。日本時間18時を過ぎると売りに入って、22時半頃に725.0ドル付近まで下落した。日本時間23時半頃からは金の急伸や株高が支援材料となって上昇に転じて、28時半頃に742.3ドルの高値を付けた。28時半を過ぎると取引終了時間まで売りが入って、738.4ドルで取引を終了した。

[本日の相場予想]
予想レンジ (サクソバンク証券スポット):710.0-760.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:755.0ドル
目標:715.0ドル
ストップロス:760.0ドル
備考:
上げる場合に755.0ドルで、下げる場合に730.0ドルでの売りを考えたい。

穀物

産地の天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:南部を中心に雨。今後の雨量は平年を上回る見込み。
気温:平年並みから平年を下回る見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:広い範囲で雨。今後の雨量は平年を上回る見込み。
気温:平年並みから平年を下回る見込み。

大豆

[前日の相場分析]
限月:5月限
始値:850.9セント
終値:854.5セント
結果:847.7-858.0セント 陽線引け
予想:840.0-870.0セント 陰線引け

大豆は上昇。時間外取引は850.9セントで始まった。取引開始後に買いが入って、日本時間10時までに854.0セント付近まで上昇した。日本時間10時を過ぎると新型コロナウイルスの感染拡大による需要懸念から売りが入って、12時頃に850.0セント付近まで下落した。日本時間12時を過ぎると、上昇に転じて15時頃に855.0セント付近まで上昇した。日本時間15時を過ぎると、再び需要懸念が蒸し返されて売りの勢いが強まって、22時過ぎに848.0セントの安値を付けた。日本時間22時半を過ぎると、ブラジルのリオグランデ・ド・スル州で干ばつが発生しの2019/2020年の収穫が約400万トン下方修正されたことを好感した強い買いが入って23時半過ぎに857.0セント付近まで上昇した。日本時間24時前から売りが入って24時半に853.0セントまで下落したが買い戻されて、26時頃に858.0セントの高値を付けた。日本時間26時から取引終了時間までは売りが入って、854.5セントで取引を終了した。この日USDAから発表された輸出検証高は29.8万トンと前週の41.3万トンを下回った。

[本日の相場予想]
予想レンジ (サクソバンク証券5月限):840.0-870.0セント 陰線引け
エントリーポイント:858.0セント
目標:845.0セント
ストップロス:865.0セント
備考:
上げる場合に858.0セントで、下げる場合に852.0セントでの売りを考えたい。

コーン

[前日の相場分析]
限月:5月限
始値:328.5セント
終値:327.2セント
結果:324.9-331.0セント 陰線引け
予想:320.0-340.0セント 陰線引け

コーンは横ばい。時間外取引は328.5セントで始まった。取引開始時間直後に売られて326.0セント付近まで下落したが、買い戻されて上昇に転じると、日本時間17時前に331.0セントの高値を付けた。日本時間17時過ぎからは原油価格の下落で、エタノール用の需要が低下するとの見通しから売りが入って下落した。日本時間20時半頃に下げが一服し、23時頃までに329.0セント付近まで買い戻された。日本時間23時を過ぎると再び需要減退懸念が蒸し返されて、売りの勢いが強まって24時過ぎに324.9セントの安値を付けた。日本時間24時半を過ぎると買い戻されて、327.2セントで取引を終了した。この日USDAが発表した輸出検証高は127.1万トンと前週の127.0万トンをわずかに上回ったが影響は小さかった。

[本日の相場予想]
予想レンジ (サクソバンク証券5月限):320.0-340.0セント 陰線引け
エントリーポイント:331.0セント
目標:320.0セント
ストップロス:335.0セント
備考:
上げる場合に331.0セントで、下げる場合は326.0セントで売りを入れたい。

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。