相場予想2020年5月11日

  

今日の予想

株式指数

ダウ

[前日の相場分析]
始値:23955ドル
終値:24326ドル
結果:23942-24350ドル 陽線引け
予想:23500-24500ドル 陽線引け

ダウは上昇。時間外取引は23955ドルで始まった。取引開始直後から買いの勢いが強く、日本時間15時頃に24250ドル付近まで上昇した。日本時間15時を過ぎると売りが入って、17時半頃に24100ドル付近まで下落した。買い戻されたが、日本時間19時を過ぎると売れられて、21時過ぎに24100ドル付近まで下落した。雇用時計が発表されると、失業率が16.0%の予想に対して14.7%(前週4.4%)、非農業部門雇用者数が2200万人減の予想に対して2050万人減(過去最悪)となるなど、歴史的な悪化の中でも予想ほど悪くなかったことや危機のピークは過ぎたとの見方から25時頃に24250ドル付近まで上昇した。上値は重く、27時頃に24150ドル付近まで下落したが、27時を過ぎると買いの勢いが強くなり、取引終了時間まで上昇して24326ドルで取引を終了した。中国の劉鶴副首相とライトハイザー首相代表部代表・ムニューシン財務長官が電話協議で両国の合意の履行を目指すことで合意したと伝わったことは支援材料となった。

[本日の相場予想]
予想レンジ (サクソバンク証券):24000-25000ドル 陽線引け
エントリーポイント:24250ドル
目標:24800ドル
ストップロス:24100ドル
備考:
下げる場合に24250ドル、上げる場合には24500ドルでの買いを考えたい。

エネルギー

原油

[前日の相場分析]
限月:6月限
始値:23.34ドル
終値:24.59ドル
結果:23.32-24.97ドル 陽線引け
予想:20.00-28.00ドル 陽線引け

原油は上昇。時間外取引は23.34ドルで始まった。取引開始時間から買いが入って、日本時間15時頃に24.00ドル付近まで上昇すると、15時頃に上げ幅を拡大して15時半頃に24.97ドルの高値を付けた。日本時間17時を過ぎると売りが入って20時頃に23.32ドルの安値を付けた。日本時間21時半に雇用統計が発表されると、戦後最悪の数値だが予想ほど悪化しなかったとの見方から23時頃に24.70ドル付近まで上昇した。上値は重く、24時前に23.50ドル付近まで売られたが、日本時間で日付が変わると買い戻された。その後、ベーカー・ヒューズ社が発表した原油採掘用リグ数が前週と比べて33基少ない292基となり、2008年の金融危機以来の低水準となり、今後アメリカの産油量が減少するとの見方から取引終了時間まで買われて24.59ドルで取引を終了した。

[本日の相場予想]

予想レンジ (サクソバンク証券6月限):22.00-28.00ドル 陽線引け
エントリーポイント:24.00ドル
目標:26.00ドル
ストップロス:23.00ドル
備考:
下げる場合に24.00ドルで、上げる場合に25.00ドルでの買いを考えたい。

天然ガス

[前日の相場分析]
限月:6月限
始値:1.893ドル
終値:1.815ドル
結果:1.802-1.919ドル 陰線引け
予想:1.800-2.050ドル 陽線引け

天然ガスは下落。時間外取引は1.893ドルで始まった。取引開始後から日本時間16時頃までは1.900ドル付近で小幅な値動きとなった。日本時間16時を過ぎると売りの勢いが強くなり、22時半頃に1.830ドル付近まで下落した。買い戻されたが、25時頃から売り直されて、28時頃に1.802ドルの安値を付けた。下値は堅く、取引終了時間まで横ばいとなり1.815ドルで取引を終了した。5月中旬の天候が穏やかとなる見通しに加えて、新型コロナウイルス感染拡大防止のための都市封鎖の影響で需要が減少すると見込まれた。ベーカー・ヒューズ社が発表する原油・天然ガス採掘用リグ数が374基と史上最低水準まで減少していることは材料視されなかった。

[本日の相場予想]

予想レンジ (サクソバンク証券6月限):1.750-2.000ドル 陽線引け
エントリーポイント:1.800ドル
目標:2.000ドル
ストップロス:1.750ドル
備考:
下げる場合に1.800ドルで、上げる場合に1.850ドルでの買いを試したい。

貴金属

[前日の相場分析]
価格:スポット金
始値:1713.8ドル
終値:1701.1ドル
結果:1700.6-1723.4ドル 陽線引け
予想:1680.0-1730.0ドル 陽線引け

金は上昇。時間外取引は1713.8ドルで始まった。取引開始時間直後からは1715.0ドル付近での値動きだったが、日本時間10時頃に買いが入って1720.0ドル付近まで上昇すると、14時まではじり安となり、1715.0ドル付近まで下落した。日本時間14時を過ぎると雇用統計の様子見の買いが入って、18時頃に1723.4ドルの高値を付けた。上値は重く、横ばいとなった。日本時間21時半に雇用統計が発表されると、戦後最悪だが、事前予想ほど悪化していないとの見方から22時頃に1705.0ドル付近まで下落した。日本時間22時頃からは買い戻されたが、24時前からドルが堅調となったことを材料に売り直されて、取引終了時間直前に安値を付けた後1701.1ドルで取引を終了した。

[本日の相場予想]
予想レンジ (サクソバンク証券スポット):1675.0-1730.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:1690.0ドル
目標:1730.0ドル
ストップロス:1680.0ドル
備考:
下げる場合に1690.0ドルで、上げる場合に1710.0ドルでの買いを試したい。

白金

[前日の相場分析]
価格:スポット白金
始値:765.2ドル
終値:765.7ドル
結果:748.8-778.5ドル 陽線引け
予想:730.0-800.0ドル 陰線引け

白金は横ばい。時間外取引は765.2ドルで始まった。取引開始直後から日本時間10時頃までは765.0ドル付近での値動きとなったが、10時を過ぎるとアジア市場の株高を受けた買いが入って775.0ドル付近まで上昇したが、上値は重くじり安となり、日本時間16時頃に760.0ドル付近まで下落した。日本時間16時から買いに転じて、18時頃に775.0ドル付近まで再度上昇したが、ここでも売られて、21時半頃に760.0ドル付近まで下落した。雇用統計が予想より悪化しなかったこと受けて株が堅調となったことから、日本時間22時頃から買いが入って、23時半頃に778.5ドルの高値を付けた。日本時間で日付が変わるとドル高となったことで軟化して、27時頃に765.0ドル付近まで下落した。取引終了時間まではやや買い戻されて、765.7ドルでほぼ始値と同値で取引を終了した。

[本日の相場予想]
予想レンジ (サクソバンク証券スポット):735.0-795.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:760.0ドル
目標:780.0ドル
ストップロス:750.0ドル
備考:
下げる場合に760.0ドルで、上げる場合に770.0ドルでの買いを考えたい。

穀物

産地の天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:北部でみぞれ。今後の雨量は平年を上回る見込み。
気温:平年並みから平年を下回る見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:北部でみぞれ、南部で雨。今後の雨量は平年を上回る見込み。
気温:平年並みから平年を上回る見込み。

大豆

[前日の相場分析]
限月:7月限
始値:843.7セント
終値:849.2セント
結果:842.7-855.7セント 陽線引け
予想:830.0-855.0セント 陰線引け

大豆は上昇。時間外取引は843.7セントで始まった。取引開始時間から中国の農産物の購入期待から日本時間10時頃までに847.0セント付近まで上昇すると、17時頃までは846.0セント付近での値動きとなった。日本時間17時を過ぎると買いが入って、24時頃に855.7セントの高値を付けた。USDAがこの日仕向け地不明の12.0万トンの大口成約を発表したことや、コーンベルトでの歴史的な冷え込みによる発芽遅れ懸念が支援材料となった。ブラジルの植物油加工協会が今年の大豆輸出量を170万トン上方修正したとの報から上値は重く、日本時間24時頃から取引終了時間までは売りが入って849.2セントで取引を終了した。


[本日の相場予想]

予想レンジ (サクソバンク証券7月限):835.0-865.0セント 陽線引け
エントリーポイント:847.0セント
目標:860.0セント
ストップロス:840.0セント
備考:
下げる場合に847.0セントで、上げる場合に852.0セントでの買いを考えたい。

コーン

[前日の相場分析]
限月:7月限
始値:317.2セント
終値:319.2セント
結果:316.7-322.2セント 陽線引け
予想:312.0-325.0セント 陰線引け

コーンは上昇。時間外取引は317.2セントで始まった。取引開始時間から中国の農産物の買い付け期待から日本時間10時半頃までに319.0セント付近まで上昇すると、日本時間21時頃までは319.0セント付近での値動きとなった。日本時間21時を過ぎるとコーンベルトの歴史的な冷え込みで発芽が遅れるとの懸念から買いが入って、26時頃に322.2セントの高値を付けた。来週の需給報告で在庫水準が引き上げられるとの見方から上値は重く、取引終了時間までは売られて319.2セントで取引を終了した。

[本日の相場予想]

予想レンジ (サクソバンク証券7月限):315.0-330.0セント 陽線引け
エントリーポイント:320.0セント
目標:325.0セント
ストップロス:310.0セント
備考:
上げる場合に320.0セントで、下げる場合に317.0セントでの買いを考えたい。

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。