相場予想2020年6月16日

  

今日の予想

株式指数

ダウ

[前日の相場分析]
始値:25224ドル
終値:25774ドル
結果:24546-25893ドル 陽線引け
予想:25000-26000ドル 陰線引け

ダウは上昇。中国北京市の市場で新型コロナウイルスのクラスタが発生したほか、アメリカのカルフォルニア州やテキサス州、フロリダ州で感染が拡大していることから、時間外取引は下窓が開いて25224ドルで始まった。取引開始時間から日本時間13時頃までは25200ドル付近での小幅な値動きとなった。新型コロナウイルスの第2波の懸念から日本時間13時半頃から売られて、15時頃に24546ドルの安値を付けた。日本時間15時を過ぎると買いの勢いが強くなった。19時頃に一旦上げが一服したが、22時半に立会時間が始まると、強く買われて日本時間27時頃に25893ドルの高値を付けた。FRBがETFに加えて社債の買取を行うと表明したことで急伸した。取引終了時間まではやや軟化して25774ドルで取引を終了した。

[本日の相場予想]
予想レンジ (サクソバンク証券):25300-26300ドル 陰線引け
エントリーポイント:26000ドル
目標:25300ドル
ストップロス:26100ドル
備考:
上げる場合に26000ドル、下げる場合には25700ドルでの売りを試したい。

エネルギー

原油

[前日の相場分析]
限月:7月限
始値:35.68ドル
終値:37.04ドル
結果:34.33-37.22ドル 陽線引け
予想:34.00-39.00ドル 陽線引け

原油は上昇。時間外取引は下窓が開いて35.68ドルで始まった。ダウの下落を受けて取引開始時間から売りの勢いが強く、日本時間15時頃に34.33ドルの安値を付けた。買い戻されたが、21時頃から売りが入って、23時頃に34.50ドル付近まで下落した。ダウが急上昇したことを材料に日本時間23時を過ぎると、強い買いが入り、取引終了時間まで上昇して、37.04ドルの高値圏で引けた。UAEの石油相が減産目標遵守に向けて努力すると述べたほか、原油需要の増加の兆しがあると述べたこと、中国の5月の原油消費量が上向いたことなどで市場の悲観論が後退した。

[本日の相場予想]

*予想に使用する限月を8月へ変更しました。

予想レンジ (サクソバンク証券8月限):35.00-40.00ドル 陽線引け
エントリーポイント:36.50ドル
目標:40.00ドル
ストップロス:35.50ドル
備考:
下げる場合に36.50ドルで、上げる場合に37.50ドルでの買いを試したい。

天然ガス

[前日の相場分析]
限月:7月限
始値:1.746ドル
終値:1.666ドル
結果:1.651-1.753ドル 陰線引け
予想:1.680-1.850ドル 陰線引け

天然ガスは下落。時間外取引は1.746ドルで始まった。取引開始時間後、売りが入って、日本時間17時頃に1.700ドル付近まで下落した。その後、22時頃までは1710.0ドル付近での小幅な値動きとなった。気温が穏やかになり、今後2週間の冷房用需要が低下するとの見方から、日本時間22時頃から売られて、24時過ぎに1.651ドルの安値を付けた。取引終了時間までは1.670ドル付近での小幅な値動きとなり、1.666ドルで取引を終了した。

[本日の相場予想]

予想レンジ (サクソバンク証券7月限):1.570-1.800ドル 陰線引け
エントリーポイント:1.750ドル
目標:1.570ドル
ストップロス:1.800 ドル
備考:
上げる場合に1.750ドルで、下げる場合に1.630ドルでの売りを考えたい。

貴金属

[前日の相場分析]
価格:スポット金
始値:1729.8ドル
終値:1724.6ドル
結果:1704.0-1734.0ドル 陰線引け
予想:1700.0-1760.0ドル 陽線引け

金は下落。時間外取引は1729.8ドルで始まった。日本時間12時前までは1732.0ドル付近での値動きとなった。日本時間12時頃からダウの急落から換金売りが入って、23時前に1704.0ドルの安値を付けた。日本時間23時頃からダウが上昇に転じたことを材料に強く買われて、27時頃に1728.0ドル付近まで上昇した。その後、取引終了時間までは横ばいとなり、1724.6ドルで取引を終了した。

[本日の相場予想]
予想レンジ (サクソバンク証券スポット):1700.0-1760.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:1710.0ドル
目標:1750.0ドル
ストップロス:1705 .0ドル
備考:
下げる場合に1710.0ドルで、上げる場合に1735.0ドルで買いを入れたい。

白金

[前日の相場分析]
価格:スポット白金
始値:803.2ドル
終値:814.5ドル
結果:779.3-821.5ドル 陽線引け
予想:770.0-855.0ドル 陽線引け

白金は上昇。時間外取引は803.2ドルで始まった。取引開始時間直後は買われて、日本時間7時半頃に809.0ドル付近まで上昇したが、7時売半を過ぎると株が軟調となったことから売りの勢いが強まって、日本時間15時頃に785.0ドル付近まで安値を付けた。金が軟調となったことも懸念材料となった。日本時間15時半頃からダウが上昇に転じたことから買い戻されて、21時前に815.0ドル付近まで上昇した。日本時間21時頃から売りが入って、23時前に785.0ドル付近まで下落した。ダウが上昇したことを材料に日本時間23時前から強く買われて、27時頃に821.5ドルの高値を付けた。その後はやや軟化して814.5ドルで取引を終了した。

[本日の相場予想]
予想レンジ (サクソバンク証券スポット):770.0-855.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:790.0ドル
目標:840.0ドル
ストップロス:785.0ドル
備考:
下げる場合に790.0ドルで、上げる場合に822.0ドルで買いを考えたい。

穀物

産地の天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:北部の一部で雨。今後の雨量は平年を上回る見込み。
気温:平年並みから平年を上回る見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:北部で雨。今後の雨量は平年を上回る見込み。
気温:平年並みから平年を上回る見込み。

大豆

[前日の相場分析]
限月:7月限
始値:869.7セント
終値:868.9セント
結果:863.7-871.0セント 陽線引け
予想:857.0-877.0セント 陽線引け

大豆は横ばい。時間外取引は869.7セントで始まった。取引開始時間から12時前までは870.0セント付近の値動きとなった。日本時間12時を過ぎると売りの勢いが強まって、16時頃に864.0セント付近まで下落した。日本時間16時を過ぎると上昇に転じて868.0セント付近まで上昇したが、22時前に865.5セント付近まで売られた。日本時間22時半に立会時間が始まると、安値を付けた後、USDAが中国向けの39.0万トンの大口成約を発表したことから買いが入って、23時頃に871.0セントの高値を付けた。大豆の作柄状況が良好なことから、日本時間23時を過ぎると売られて、24時頃に865.5セント付近まで下落した。日本時間25時頃から買い戻された後、日本時間26時頃に869.0セントで再度売られて、26時過ぎに867.0セント付近まで下落した。取引終了時間までは買い戻されて、868.9セントで取引を終了した。この日、USDAから発表された輸出検証高は37.6万トンと前週の27.4万トンを上回った。

[本日の相場予想]

予想レンジ (サクソバンク証券7月限):857.0-877.0セント 陽線引け
エントリーポイント:865.0セント
目標:877.0セント
ストップロス:860.0セント
備考:
下げる場合に867.0セントで、上げる場合に872.0セントでの買いを試したい。

コーン

[前日の相場分析]

限月:7月限
始値:328.7セント
終値:328.9セント
結果:324.9-329.2セント 陽線引け
予想:322.0-335.0セント 陽線引け

コーンは横ばい。時間外取引は328.7セントで始まった。取引開始時間から日本時間15時頃までは329.0セント付近での値動きとなった。日本時間15時を過ぎると売りが入って、22時前に328.0セント付近まで下落した。日本時間22時半に立会時間が始まるとコーンの作柄が良好で供給過剰となるとの見方から売りが入って、24時半頃に324.9セントの安値を付けた。取引終了時間までは買い戻されて、328.9セントで取引を終了した。この日、USDAから発表された輸出検証高は91.0万トンと前週の116.1万トンを下回った。

[本日の相場予想]

予想レンジ (サクソバンク証券7月限):320.0-335.0セント 陽線引け
エントリーポイント:325.0セント
目標:335.0セント
ストップロス:320.0セント
備考:
下げる場合に325.0セントで、上げる場合に332.0セントでの買いを考えたい。

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。