相場予想2020年6月26日

  

今日の予想

株式指数

ダウ

[前日の相場分析]
始値:25519ドル
終値:25738ドル
結果:25134-25767ドル 陽線引け
予想:25000-26200ドル 陰線引け

ダウは上昇。時間外取引は25519ドルで始まった。取引開始時間から日本時間10時頃までは25500ドル付近での値動きとなった。米国内で新型コロナウイルスの感染が広がっていることが懸念材料となって、日本時間10時を過ぎると売りが入り、11時頃に25300ドル付近まで下落した。その後日本時間16時頃までは25350ドル付近での値動きとなったが、16時を過ぎると売りが入り、25200ドル付近まで下落した。ECBが新型コロナウイルス対策のため、ユーロ圏外の中央銀行にユーロ融資を行うと発表したことを材料に日本時間17時を過ぎると買い戻されて、19時前に25500ドル付近まで上昇した。上値は重く、日本時間21時頃に25300ドル付近まで下落した。日本時間22時半に立会時間が始まった直後は売られて25300ドル付近まで下落したが、FRBが発表したデリバティブ取引や投資に関する金融規制の緩和を好感して、23時前から買い戻されると23時半頃に25500ドル付近まで上昇した。その後は売り買いが交錯した。日本時間24時頃には25400ドル付近まで売られたが、25時には25500ドルまで買い戻されて、27時頃までは25500ドル付近での値動きとなった。日本時間27時を過ぎると売りが入って、一時25400ドル付近まで下落したが、28時になると急伸して25767ドルの高値を付けた後、25738ドルの高値圏で取引を終了した。

[本日の相場予想]
予想レンジ (サクソバンク証券):25000-26200ドル 陰線引け
エントリーポイント:26000ドル
目標:25300ドル
ストップロス:25100ドル
備考:
上げる場合に26000ドル、下げる場合には25500ドルでの売りを試したい。

エネルギー

原油

[前日の相場分析]
限月:8月限
始値:37.99ドル
終値:39.02ドル
結果:37.05-39.21ドル 陽線引け
予想:36.00-41.00ドル 陽線引け

原油は上昇。時間外取引は37.99ドルで始まった。取引開始時間後、やや売られて37.70ドル付近まで下落した後、日本時間9時前から買いが入って10時頃に38.40ドル付近まで上昇した。株価の下落から日本時間10時を過ぎると強く売られて11時頃に37.50ドル付近まで下落し、16時頃までは37.50ドル付近での値動きとなった。日本時間16時を過ぎると売りが入って、17時頃に37.10ドル付近まで下落した。日本時間17時頃から買い戻されて、18時頃に38.00ドル付近まで上昇したが、18時半を過ぎると売り直されて、22時前に37.05ドルの安値を付けた。新型コロナウイルスの感染拡大による需要減少懸念から売りが入った。その後、株価が上昇に転じたことから、日本時間22時を過ぎると上昇に転じて、取引終了時間まで上昇して、取引終了時間間際に39.21ドルの高値を付けた後、39.02ドルで取引を終了した。

[本日の相場予想]

予想レンジ (サクソバンク証券8月限):36.50-41.50ドル 陽線引け
エントリーポイント:38.70ドル
目標:41.00ドル
ストップロス:38.20ドル
備考:
下げる場合に38.70ドルで、上げる場合に39.50ドルでの買いを試したい。

天然ガス

[前日の相場分析]
限月:8月限
始値:1.649ドル
終値:1.516ドル
結果:1.509-1.652ドル 陰線引け
予想:1.570-1.730ドル 陰線引け

天然ガスは大幅下落。時間外取引は1.649ドルで始まった。取引開始直後に高値を付けると、売りが入って下落が始まった。日本時間12時頃に1.640ドル付近まで下落すると、下げが一服して18時頃まで1.640ドル付近での値動きとなった。日本時間16時を過ぎると、新型コロナウイルスの感染拡大でこの先の需要が低迷し、夏の終わりまでに貯蔵施設が満杯になると見込まれたことで、再度売りが入って23時頃に1.600ドルを割り込んだ。日本時間23時を過ぎると売りの勢いが強くなり、25時前に1.509ドルの安値を付けた。この日EIAが発表した天然ガス在庫は120Bcfの大幅増となり、前週の85Bcfや各社予想の平均値107Bcfを上回ったことで売りが加速した。その後、買い戻しの動きが入ったが、日本時間27時頃に1.550ドル付近で売り直されて、1.516ドルの安値圏で取引を終了した。

[本日の相場予想]

予想レンジ (サクソバンク証券8月限):1.450-1.700ドル 陰線引け
エントリーポイント:1.550ドル
目標:1.470ドル
ストップロス:1.600 ドル
備考:
上げる場合に1.550ドルで、下げる場合に1.500ドルでの売りを考えたい。

貴金属

[前日の相場分析]
価格:スポット金
始値:1760.1ドル
終値:1763.7ドル
結果:1753.3-1768.8ドル 陽線引け
予想:1740.0-1785.0ドル 陽線引け

金は上昇。時間外取引は1760.1ドルで始まった。取引開始後から日本時間15時前までは1760.0ドルから1765.0ドルのレンジでの値動きとなった。日本時間15時頃から買いが入って、16時頃に1768.8ドルの高値を付けた。日本時間16時を過ぎると利食い売りや換金売りが入って、21時頃に1753.3ドルの安値を付けた。日本時間21時を過ぎると、買い戻されて、22時頃に1765.0ドル付近まで上昇した。その後、日本時間25時頃までは1757.0ドルから1.765ドルのレンジでの値動きとなった。日本時間26時以降は取引終了時間まで上昇して1763.7ドルで取引を終了した。

[本日の相場予想]
予想レンジ (サクソバンク証券スポット):1745.0-1790.0ドル 陽線引け
エントリーポイント:1760.0ドル
目標:1790.0ドル
ストップロス:1755 .0ドル
備考:
下げる場合に1760.0ドルで、上げる場合に1770.0ドルでの買いを試したい。

白金

[前日の相場分析]
価格:スポット白金
始値:794.2ドル
終値:802.6ドル
結果:784.2-809.4ドル 陽線引け
予想:745.0-845.0ドル 陽線引け

白金は上昇。時間外取引は794.2ドルで始まった。取引開始時間から買われて、日本時間12時頃までに808.0ドル付近まで上昇した。上値は重く、日本時間16時頃から売りが入って、805.0ドル付近まで下落すると、日本時間21時頃までに805.0ドル付近での値動きとなった、日本時間21時を過ぎると、24時半頃に利食い売りや換金売りが入って、795.0ドル付近まで下落した。金が堅調となったことから日本時間25時を過ぎから取引終了時間まで買い戻されて、802.6ドルで取引を終了した。

[本日の相場予想]
予想レンジ (サクソバンク証券スポット):775.0-845.0ドル 陰線引け
エントリーポイント:805.0ドル
目標:790.0ドル
ストップロス:810.0ドル
備考:
上げる場合に805.0ドルで、下げる場合に795.0ドルでの売りを考えたい。

穀物

産地の天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:西側を中心に雨。今後の雨量は平年以下から平年以上までまちまち。
気温:平年を上回る見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:広い範囲で雨。今後の雨量は平年を上回る見込み。
気温:平年を上回る見込み。

大豆

[前日の相場分析]
限月:7月限
始値:869.7セント
終値:867.2セント
結果:860.7-870.5セント 陰線引け
予想:860.0-880.0セント 陽線引け

大豆は下落。時間外取引は869.7セントで始まった。コーンベルトで生育に適した天候が続くとの見通しから取引開始時間から売りが入って、日本時間18時頃までに868.0セント付近まで下落した。日本時間18時を過ぎると一時買い戻されて18時半頃に870.5セントの高値を付けた。株安や原油安を受けて日本時間18時半を過ぎると売りの勢いが強まり、24時頃に860.7セントの安値を付けた。取引終了時間までは強く買い戻されて、867.2ドルで取引を終了した。この日USDAが発表した輸出検証高は116.1万トンと前週の192.0万トンを大きく下回り懸念材料となった。

[本日の相場予想]

*予想を11月限へ変更しました。

予想レンジ (サクソバンク証券11月限):855.0-885.0セント 陽線引け
エントリーポイント:861.0セント
目標:880.0セント
ストップロス:856.0セント
備考:
下げる場合に861.0セントで、上げる場合に871.0セントでの買いを考えたい。

コーン

[前日の相場分析]

限月:7月限
始値:323.2セント
終値:316.0セント
結果:314.4-323.5セント 陰線引け
予想:315.0-330.0セント 陽線引け

コーンは下落。時間外取引は323.2セントで始まった。取引開始時後、日本時間18時半頃までは323.0セント付近での小幅な値動きとなった。コーンベルトでコーンの生育に適した天候が続くとの見通しから日本時間19時頃から売りが入って、22時前に320.0セント付近まで下落した。日本時間22時半に立会時間が始まると株安や原油安を受けて下げ幅を拡大して、25時頃に314.4セントの安値を付けた。取引終了時間までは買い戻されて、316.0セントで取引を終了した。この日USDAが発表した輸出検証高は53.8万トンと前週の47.2万トンを上回ったが影響は小さかった。

[本日の相場予想]

*予想を12月限へ変更しました。

予想レンジ (サクソバンク証券12月限):320.0-340.0セント 陰線引け
エントリーポイント:331.0セント
目標:320.0セント
ストップロス:336.0セント
備考:トレンド転換
上げる場合に331.0セントで、下げる場合に325.0セントでの売りを試したい。

予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。