会員限定ページへログイン

IDとパスワードは半角英数字で入力してください。
最新情報をすぐに閲覧したい方は有料メルマガ登録(まぐまぐ!)をしてください。

  • ◆ ID
  • ◆ パスワード

昨日の分析と今日の予想
daily_report

2021/02/20

相場予想2021年2月22日

  

今日の予想

今日の予想安値高値エン
トリー
ポイ
ント
目標スト
ップ
ロス
ダウ(単位ドル)3125031750314503175031350
原油(単位ドル)58.0061.0058.5060.5058.00
天然ガス(単位ドル)2.9003.1502.9503.1502.900
金(単位ドル)1760.01810.01790.01760.01800.0
白金(単位ドル)1250.01310.01260.01310.01250.0
大豆(単位セント)1360.01390.01370.01390.01360.0
コーン(単位セント)530.0560.0538.0560.0530.0
*予想用テクニカル指標5つが、5対0や4対1の場合〇、3対2の場合は△

前日のダイジェスト

株式指数

ダウ
ダウ(単位ドル)始値安値高値終値前日比
前日の結果31498313623164431491陰線
前日の予想レンジ3125031800

ダウは横ばい。時間外取引は31498ドルで始まった。日本時間10時頃まで31500ドル付近の値動きだったが、10時を過ぎると売られて11時半頃に3162ドルの安値を付けた。日本時間11時半を過ぎると米国の大規模経済対策への期待から買いに転じて、15時頃に31450ドル、19時頃に31550ドル、21時半頃に31600ドルと段階的に上昇した。日本時間23時半に立会時間が始まった直後に売られる場面もあったが、買い直されて25時過ぎに31644ドルの高値を付けた。日本時間26時を過ぎると利食い売りが出て27時頃に31530ドルまで下落、以後は31530ドルを挟んで上下40ドルの値幅での値動きとなり31491ドルで引けた。

エネルギー

原油
原油4月限(単位ドル)始値安値高値終値前日比
前日の結果60.0558.5760.2958.99陰線
前日の予想レンジ58.5062.00

原油は下落。時間外取引は60.05ドルで始まった。テキサス州の寒波で閉鎖された油田の一部が再開したとの報道を材料に日本時間11時半頃まで売られて58.57ドルの安値を付けた。日本時間12時前から買いに転じて16時頃に60.00ドルまで上昇した。日本時間23時までは59.00ドルから60.00ドルのレンジでの値動きとなったが、23時に立会時間に入るとダウの上昇を材料に買われて24時頃に60.29ドルの高値を付けた。日本時間24時を過ぎるとOPECプラスの増産観測を材料として売られて27時頃に58.80ドルまで下落した。一旦59.50ドルまで買い戻されたが、上げは続かずに売られると28時半から取引終了時間まで59.00ドル付近の値動きとなり58.99ドルで引けた。この日、ベーカー・ヒューズ社発表の原油採掘用リグ稼働数は305基(前週比-1基)となり、前年11月下旬以来の減少となった。

天然ガス
天然ガス4月限(単位ドル)始値安値高値終値前日比
前日の結果2.9312.8963.0172.963陽線
前日の予想レンジ2.8503.150

天然ガスは上昇。時間外取引は2.931ドルで始まった。日本時間8時半頃に売られて2.896ドルの安値を付けた。やや買い戻されて日本時間10時以降は2.915ドル付近の値動きとなった。日本時間15時頃に買いが入ると16時頃に2.950ドルまで上昇し、22時半過ぎまでは2.950ドルを挟んだ値動きとなった。日本時間23時に立会時間が始まるとアメリカ南部の寒波によるガス田の閉鎖で需給がひっ迫するとの見方から一時3.010ドルまで上昇したが、25時頃から来週以降寒波が緩むとの観測から売りに転じて27時頃に2.960ドルまで下落した。日本時間27時過ぎに買いが入る場面もあったが、28時過ぎに売り直されると2.975ドル付近の値動きとなり2.963ドルで引けた。

貴金属

スポット金(単位ドル)始値安値高値終値前日比
前日の結果1777.11760.51791.61783.9陽線
前日の予想レンジ1760.01800.0

金は7営業日ぶりの上昇。時間外取引は1777.1ドルで始まった。日本時間8時半頃から10時過ぎまで銀につれ安となり、1760.5ドルの安値を付けた。日本時間10時半を過ぎると買いに転じて12時頃に1770.0ドル、15時頃に1777.5ドルまで上昇した。上げが一服すると日本時間22時半過ぎまで1772.5ドル付近の値動きとなった。日本時間22時半を過ぎると追加経済対策や金融緩和によるインフレ懸念から買いが入って23時半過ぎに1791.6ドルの高値を付けた。日本時間24時以降は利食い売りが出て1783.0ドルを挟んだ上下4ドルほどの値幅の値動きとなり、1783.9ドルで引けた。

白金
スポット白金(単位ドル)始値安値高値終値前日比
前日の結果1274.11232.71299.71275.2陽線
前日の予想レンジ1240.01305.0

白金はほぼ横ばい。時間外取引は1274.1ドルで始まった。日本時間8時半頃から12時まで金や銀の下落から売りが入って1232.7ドルの安値を付けたが、12時を過ぎると買いに転じた。日本時間15時頃に1260.0ドル、18時過ぎに1270.0ドル、22時過ぎに1290.0ドルと段階的に上昇して25時頃に1299.7ドルの高値を付けた。白金の工業用需要の回復期待が支援材料となった。日本時間26時半頃から利食い売りが出て27時半頃に1270.0ドルまで下落すると、取引終了時間までは1275.0ドル付近の値動きとなり1275.2ドルで引けた。

穀物

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:東側で雪。。今後の雨量は平年以下から平年以上までまちまち。
気温:平年を上回る見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:広い範囲で雨。今後の雨量は平年を上回る見込み。
気温:平年並みの見込み。
天気予報(南米)
・ブラジル:北部を中心に雨。
・アルゼンチン(パンパ地域):降雨はなし。

大豆
大豆3月限(単位セント)始値安値高値終値前日比
前日の結果1372.71365.71387.71377.5陽線
前日の予想レンジ1355.01390.0

大豆は上昇。時間外取引は1372.7セントで始まった。日本時間11時過ぎに売られて1365.7セントの安値を付けたが、12時過ぎに買いが入って1372.0セントまで上昇すると16時頃まで1372.0セント付近の値動きとなった。日本時間16時を過ぎると需給がひっ迫の見方から買いが入り、18時半頃に1387.7セントの高値を付けた。日本時間19時を過ぎると売りが入り、20時半頃に1377.5セントまで下落し、20時半以降は1377.5セントを挟んだ値動きとなった。日本時間23時半に立会時間が始まるとアメリカ農務省が2021年は豊作となるが引き続き需給がひっ迫するとの予想を出したことで、一時的に買いが入り1387.7セントまで上昇した。その後は南米の収穫が今後加速するとの見方から売られて、24時半以降に1377.5セントを挟んだ値動きに戻った。そのまま大きな動き無く1377.5セントで引けた。この日USDAが発表した輸出成約高は62.3万トンだった。

コーン
コーン3月限(単位セント)始値安値高値終値前日比
前日の結果547.7540.2555.0542.2陰線
前日の予想レンジ540.0560.0

コーンは下落。時間外取引は547.7セントで始まった。日本時間11時過ぎから売られて540.2セントの安値を付けたが、買い戻されろ12時以降は546.5セント付近の値動きとなった。日本時間16時を過ぎると買いが入って20時頃に550.0セントまで上昇した。日本時間23時半に立会時間に入るとアメリカ農務省が2021年は豊作だが需給は緩まないとの予想を発表したことを材料に一時555.0セントの高値を付けたが、週末の手じまい売りが出て26時頃に540.2セントの安値を付けた。取引終了時間までは横ばいとなり542.2セントで引けた。この日USDAが発表した輸出成約高は118.1万トンだった。


予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせ、アポイント予約は
こちらからお気軽にご連絡ください。

Register

有料メルマガ登録

有料メルマガ登録をしていただいた方は
鍵マークのついた記事もご購読いただけます。