会員限定ページへログイン

IDとパスワードは半角英数字で入力してください。
最新情報をすぐに閲覧したい方は有料メルマガ登録(まぐまぐ!)をしてください。

  • ◆ ID
  • ◆ パスワード

昨日の分析と今日の予想
daily_report

2021/05/13

相場予想2021年5月13日

  

今日の予想

今日の予想安値高値エン
トリー
ポイ
ント
目標スト
ップ
ロス
ダウ(単位ドル)3340034000335003400034000
原油(単位ドル)64.3067.0065.3067.0064.30
天然ガス(単位ドル)2.8503.0502.9203.0002.850
金(単位ドル)1800.01850.01810.01850.01800.0
白金(単位ドル)1200.01255.01210.01255.01200.0
大豆(単位セント)1620.01670.01630.01670.01620.0
コーン(単位セント)680.0730.0695.0730.0680.0
*予想用テクニカル指標5つが、5対0や4対1の場合〇、3対2の場合は△

前日のダイジェスト

株式指数

ダウ
ダウ(単位ドル)始値安値高値終値前日比
前日の結果34235335523431633590陰線
前日の予想レンジ3400035000

ダウは下落。時間外取引は34235ドルで始まった。日本時間9時頃に34316ドルの高値を付けた後は売られて10時頃に34150ドルまで下落すると横ばいとなった。日本時間12時半頃に売りが入り13時半頃に34000ドルまで下落したが、この時は買い戻されて17時頃に34250ドルまで上昇した後、34150ドルを中心に上下約50ドルの値動きとなったが、21時半になるとこの日発表のアメリカのCPIが予想を大きく上回る4.2%増となったことを受けてインフレ懸念が高まり34000ドルまで急落した。日本時間22時前に34150ドルまで買い戻されたが、22時半頃から取引終了時間まで売られて33590ドルで引けた。

エネルギー

原油
原油6月限(単位ドル)始値安値高値終値前日比
前日の結果65.4364.9466.6065.70陽線
前日の予想レンジ63.8066.80

原油は上昇。時間外取引は65.43ドルで始まった。日本時間15時頃まで64.40ドルを中心に上下約0.40ドルの値動きとなった。日本時間15時を過ぎると買いが入り17時頃に66.00ドルまで上昇した。日本時間17時を過ぎると売られて65.25ドルまで下落したが、18時前から買いに転じて21時頃に66.25ドルまで上昇した。上げが一服し日本時間22時過ぎには65.70ドルまで下落したが、22時半前から買われて24時頃に66.50ドルまで上昇した。日本時間24時を過ぎると66.20ドル付近で横ばいとなったが、27時過ぎからダウの下落やサイバー攻撃で先週末から停止していたコロニアル・パイプラインの再開を材料に売られて28時半頃に65.70ドルまで下落すると取引終了時間まで横ばいとなり65.70ドルで引けた。この日、EIAが発表した週間在庫統計は原油在庫42万バレル減、ガソリン在庫37万バレル増、留出油在庫173万バレル減と、オクラホマ州クッシング在庫42万バレル減となったが影響は小さかった。

天然ガス
天然ガス6月限(単位ドル)始値安値高値終値前日比
前日の結果2.9462.9172.9802.972陽線
前日の予想レンジ2.8303.030

天然ガスは小幅上昇。この日の天然ガスは上下約0.040ドルの小幅な値動きとなった。時間外取引は2.946ドルで始まった。日本時間9時までにやや値を落とすと9時頃から20時頃まで2.930ドルを中心に上下約0.010ドルの値動きとなった。日本時間20時半を過ぎると原油の上昇を材料に買われて28時頃に2.980ドルまで上昇すると取引終了時間まで横ばいとなり2.972ドルで引けた。

貴金属

スポット金(単位ドル)始値安値高値終値前日比
前日の結果1837.11813.21843.61815.3陰線
前日の予想レンジ1820.01855.0

金は下落。時間外取引は1837.1ドルで始まった。日本時間12時頃まで売られて1827.0ドルまで下落したが、12時を過ぎると買い戻されて16時頃に1835.0ドルまで上昇して横ばいとなった。日本時間21時半頃にこの日発表のアメリカのCPIの大幅上昇を受けてダウが急落すると売られて1822.0ドルまで下落したが、その後買いに転じて22時頃に1843.6ドルの高値を付けた。日本時間22時過ぎから取引終了時間までアメリカの長期金利の上昇を材料に売りが入って1815.3ドルで引けた。

白金
スポット白金(単位ドル)始値安値高値終値前日比
前日の結果1237.51211.61248.71214.1陰線
前日の予想レンジ1220.01275.0

白金は下落。時間外取引は1237.5ドルで始まった。日本時間13時頃まで売られて1226.0ドルまで下落したが、13時を過ぎると買い戻されて17時頃に1243.0ドルまで上昇しすると上げが一服し1237.0ドル付近で横ばいとなった。日本時間21時半頃に金やダウが下落すると売られて1220.0ドルまで下落したが、買いに転じて22時頃に1248.7ドルの高値を付けた。日本時間22時過ぎから金の下落を材料に売りが入って25時半頃に1220.0ドルまで下落し、横ばいとなった。日本時間28時過ぎから取引終了時間まで売られて1214.1ドルで引けた。

穀物

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:降雨はなし。今後の雨量は平年以上の見込み。
気温:平年以上の見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:降雨はなし。今後の雨量は平年以下から平年以上の見込み。
気温:平年以上の見込み。
天気予報(南米)

・ブラジル:南部で雨。
・アルゼンチン(パンパ地域):降雨はなし。

大豆
大豆7月限(単位セント)始値安値高値終値前日比
前日の結果1614.71614.21666.21642.5陽線
前日の予想レンジ1590.01635.0

大豆は上昇。時間外取引は1614.7セントで始まった。日本時間15時頃まで買いが入り1652.0セントまで上昇したが、15時を過ぎると売りに転じて、22時半に立会時間が始まると1635.0セントまで下落した。日本時間22時半過ぎから大豆油の上昇や需給ひっ迫の見方から買いに転じて24時頃に1660.0セントまで上昇した。この日の需給報告が発表されると一時1633.0セントまで売られたが、大豆需給のひっ迫の見方から1666.0セントまで上昇した。その後、2021/2022年シーズンの期末在庫が2020/2021年シーズンから2000万ブッシェル増加した1億4000万ブッシェルへ増加するとの予測を材料に取引終了時間まで利食い売りが出て1642.5セントで引けた。

コーン
コーン 7月限(単位セント)始値安値高値終値前日比
前日の結果722.7703.0730.5713.7陰線
前日の予想レンジ710.0760.0

コーンは下落。時間外取引は722.7セントで始まった。日本時間19時頃まで728.0セントを中心に上下約2.0セントの値動きとなった。日本時間19時過ぎに売りが入り20時以降は724.0セント付近での値動きとなった。日本時間25時に需給報告が発表されると2021/2022年シーズンの期末在庫が15.7億ブッシェルと事前予想の12.5億ブッシェルを大きく上回ったことを材料に売られて一時703.0セントの安値を付けた。間もなくブラジルの生産量に引き下げを材料に725.0セント付近まで買い戻されたが、上げは続かず717.0セント付近の値動きとなった。日本時間26時過ぎから取引終了時間まで売られて713.7セントで引けた。


予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせ、アポイント予約は
こちらからお気軽にご連絡ください。

Register

有料メルマガ登録

有料メルマガ登録をしていただいた方は
鍵マークのついた記事もご購読いただけます。