会員限定ページへログイン

IDとパスワードは半角英数字で入力してください。
最新情報をすぐに閲覧したい方は有料メルマガ登録(まぐまぐ!)をしてください。

  • ◆ ID
  • ◆ パスワード

昨日の分析と今日の予想
daily_report

2021/05/20

相場予想2021年5月20日

  

今日の予想

今日の予想安値高値エン
トリー
ポイ
ント
目標スト
ップ
ロス
ダウ(単位ドル)3340034300335003430033400
原油(単位ドル)61.5065.5062.0065.0061.50
天然ガス(単位ドル)2.9503.1503.0003.1002.950限月変更
金(単位ドル)1845.01890.01855.01885.01845.0
白金(単位ドル)1170.01220.01210.01170.01220.0トレンド転換
大豆(単位セント)1515.01575.01560.01515.01575.0トレンド転換
コーン(単位セント)640.0685.0675.0640.0675.0
*予想用テクニカル指標5つが、5対0や4対1の場合〇、3対2の場合は△

前日のダイジェスト

株式指数

ダウ
ダウ(単位ドル)始値安値高値終値前日比
前日の結果34011334703406133897陰線
前日の予想レンジ3380034500

ダウは下落。時間外取引は34011ドルで始まった。取引開始直後からアメリカ議会下院議長が冬の北京オリンピックボイコットを呼びかけたことで米中対立の激化懸念が高まるとの見方、早期利上げ懸念が再燃したことなどを材料に売られて23時半頃に33470ドルの安値を付けた。日本時間24時頃から買われて26時頃に33850ドルまで上昇したが、26時を過ぎると横ばいとなった。日本時間27時に公開されたFOMCの議事録の中で大規模緩和終了が示唆されていたことから売られて28時頃に33650ドルまで下落した。日本時間28時過ぎから緩和終了懸念の後退で取引終了時間まで買い戻されて33897ドルで引けた。

エネルギー

原油
原油7月限(単位ドル)始値安値高値終値前日比
前日の結果65.3161.9265.3363.34陰線
前日の予想レンジ63.5067.50

原油は大幅下落。時間外取引は65.31ドルで始まった。日本時間8時半頃からアジアでの新型コロナウイルスの感染拡大やダウの下落を材料に売られて12時頃に64.70ドルまで下落すると17時頃までは横ばいとなった。日本時間17時を過ぎると売りが入り、22時に立会時間が始まると売りが加速して24時頃に61.92ドルの安値を付けた。イランとの核協議の前進で原油輸出が再開されるとの見方の他、大規模緩和の終了懸念の高まり、EIAの発表した原油在庫の増加を材料に売られた。日本時間24時を過ぎると買い戻しの動きが入り26時頃に63.50ドルまで上昇したが、上げは続かず横ばいとなり63.34ドルで引けた。日本時間23時半にEIAの週間統計が発表され、原油在庫は132万バレル増、ガソリン在庫は196万バレル減、留出油在庫は232万バレル減、オクラホマ州クッシング原油在庫は14万バレル減だった。

天然ガス
天然ガス6月限(単位ドル)始値安値高値終値前日比
前日の結果3.0012.9323.0062.954陰線
前日の予想レンジ2.9003.150

天然ガスは下落。時間外取引は3.001ドルで始まった。日本時間20時頃まで2.990ドルを中心に上下約0.010ドルの値動きとなった。日本時間20時を過ぎると5月中旬以降の気温があまり上がらないとの天気予報や輸出減を材料に売られて24時頃に2.932ドルの安値を付けた。日本時間24時を過ぎると買い戻されたが、27時頃に2.970ドルで取引終了時間まで売り直されて2.954ドルで引けた。

貴金属

スポット金(単位ドル)始値安値高値終値前日比
前日の結果1869.01852.11890.01869.2陽線
前日の予想レンジ1855.01890.0

金は横ばい。時間外取引は1869.0ドルで始まった。日本時間16時頃まで1870.0ドルを中心に上下約3.0ドルの値動きとなった。日本時間16時を過ぎると大規模緩和終了による早期利上げ懸念が再燃したことから売りが入って21時前に1852.1ドルの安値を付けたが、21時を過ぎるとアメリカの長期金利が下落したことから強く買われて23時前に1890.0ドルの高値を付けた。日本時間23時過ぎから27時まで1882.5ドル付近で横ばいとなったが、27時過ぎから売られて28時頃に1865.0ドルまで下落した。日本時間27時に公開されたFOMCの議事録の中で大規模緩和終了が示唆されていたことが懸念材料となった。取引終了時間までやや買われて1869.2ドルで引けた。

白金
スポット白金(単位ドル)始値安値高値終値前日比
前日の結果1218.21185.11227.01193.0陰線
前日の予想レンジ1200.01260.0

白金は下落。時間外取引は1218.2ドルで始まった。日本時間17時頃まで1220.0ドルを中心に上下約5.0ドルの値動きとなった。日本時間17時半を過ぎると金の下落を材料に売りが入り22時頃に1188.0ドルまで下落した。日本時間23時頃までに金の上昇を材料に1205.0ドルへ買い戻されたが、買いは続かず1195.0ドルを挟んで上下約5.0ドルの値動きとなった。日本時間28時頃に売られて1185.1ドルの安値を付けた後やや買い戻されて1193.0ドルで引けた。

穀物

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:広い範囲で雨。今後の雨量は平年以上の見込み。
気温:平年以上の見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:広い範囲で雨。今後の雨量は平年以上の見込み。
気温:平年並みの見込み。
天気予報(南米)

・ブラジル:降雨はなし
・アルゼンチン(パンパ地域):広い範囲で雨。

大豆
大豆7月限(単位セント)始値安値高値終値前日比
前日の結果1571.71521.21573.71542.0陰線
前日の予想レンジ1550.01610.0

大豆は下落。時間外取引は1571.7セントで始まった。日本時間11時まで買われて1573.7セントの高値を付けた後は16時頃まで1567.0セントを中心に上下約3.0セントの値動きとなった。日本時間16時を過ぎると売られて17時頃に1560.0セントまで下落して横ばいとなった。日本時間20時を過ぎると22時半に立会時間に入った後に1521.2セントの安値を付けた。大規模緩和終了による早期利上げ懸念が再燃し売られた。日本時間23時前から買い戻され23時過ぎから取引終了時間までは1535.0セントを挟んだ値動きとなり1542.0セントで引けた。

コーン
コーン 7月限(単位セント)始値安値高値終値前日比
前日の結果661.0636.4661.0660.2陰線
前日の予想レンジ635.0680.0

コーンは横ばい。時間外取引は661.0セントで始まった。日本時間20時頃まで655.0セントを中心に上下約6.0セントの値動きとなった。大規模緩和終了による早期利上げ懸念が再燃したことや小麦相場の下落を材料に日本時間20時過ぎから売られ立会時間に入った22時半過ぎに636.4セントの安値を付けた。これ以上の下げは続かず23時前から643.0セント付近の値動きとなった後、25時頃から取引終了時間まで買われて660.2セントで引けた。この日、USDAが発表した中国向けの136.0万トンの大口成約が支援材料となった。


予想方法

予想方法についてはこちら


参考サイト

CME、NYMEX、ロイター、ブルームバーグ、時事通信、日本経済新聞、サクソバンク証券株式会社、Investing.com


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。また、取引への参加を促すものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせ、アポイント予約は
こちらからお気軽にご連絡ください。

Register

有料メルマガ登録

有料メルマガ登録をしていただいた方は
鍵マークのついた記事もご購読いただけます。