会員限定ページへログイン

IDとパスワードは半角英数字で入力してください。
最新情報をすぐに閲覧したい方は有料メルマガ登録(まぐまぐ!)をしてください。

  • ◆ ID
  • ◆ パスワード

ポートフォリオ最適化ツール(デモ版)利用方法

図1 ポートフォリオ最適化画面

ご利用方法

ポートフォリオ最適化ツールのご利用方法を解説します。ポートフォリオ最適化とは、ある収益率を達成するのに最もリスク(=ボラティリティ)が小さくなる銘柄構成比率を見つける作業です。

①銘柄の選択

 お好みの銘柄のチェックボックスにチェックを入れます。20種全てを選択することも可能です。

図2
②最適化開始

「この条件で最適化する」ボタンを押します。

図3
③最適化結果の表示

画面左側にポートフォリオ最適化の結果として2つのグラフが表示されます。

図4

 

④収益とリスクの選択

図5黒枠内のグラフ(横軸ボラティリティ、縦軸収益)内の点の集合を投資フロンティアと呼びます。解が上にあるほど収益が高く、右にあるほどリスクが高くなります。好みの点(解)をマウスでポインティングして選んでください。最適化によって見つかった構成比率(パレート解)では、どの個別銘柄単独で持つよりも左上にある(=同じリターンを得るのに、リスクをより小さく抑えることが出来ている)ことが確認できます。

図5
⑤ポートフォリオ(構成銘柄比率)の表示

点にマウスポインタを合わせると、最適解(収益を達成するのに最もリスクの低い構成銘柄比率)が計算され、図6黒枠内に収益を横軸として各株式の保有割合で塗り分けたグラフと構成銘柄比率の数字が黒枠内に出力されます。

図6
⑥運用実績の表示

④で選択した点に対応した予想収益が表示されます。この予想収益は株式を5年間保有した場合の収益で淡色の方が株式を単純に保持(5銘柄なら20%ずつ保有)していた場合の運用実績、濃色の場合がポートフォリオを最適化して資金を保有株に割り振った場合の収益です。図7ではポートフォリオ最適化を行ったほうが収益が得られることがわかります。
⑤と⑥の結果は左上のグラフから選んで点に対応してリアルタイムに表示が変わります。

図7
 

Mail Magazine

有料メルマガ登録

有料メルマガ登録をしていただいた方は
鍵マークのついた記事もご購読いただけます。