アルーン・インディケータ(Aroon Indicator)

 

概要

アルーンは1995年にトゥーシャー・シャンデ氏によって開発されたアルーンインディケータとアルーン・オシレータ、2つの指標指標からなるテクニカル指標で、 アルーンとはインドのサンクスリット語で「夜明けの光」の意味します。トレンドの始まりを夜明けに例えています。 アルーン・アップとアルーン・ダウン2本のラインから構成されています。どちらも期間nの間にアルーン・アップなら最高値を、アルーン・ダウンなら最安値を更新した日がどのぐらいの比率あったかを示しています。

図1が表示例で、上昇トレンドはアルーン・アップ、下落トレンドはアルーン・ダウンで判断します。最高値を更新し続けるということは買いの勢いが強いということになるので、アルーン・アップの値が大きい場合(70%以上)は上昇トレンドと判断されます。逆にアルーン・アップの値が小さい場合は上昇トレンドではないということです。

図1 アルーン・インディケータの表示例
計算方法(n=5の場合の例)

アルーン・アップはある区間nの中で、直近の最高値を記録した日からの日数を使って計算します。区間内の最終日が最高値の場合100.0%になります。一方でアルーン・ダウンも同様にある区間の中での、最安値を記録した日からの日数を使って計算します。nを5としてみると以下の計算式となります。

$$ \rm{} アルーン・アップ=(5日-過去5日中の最高値更新の日からの日数)/5 \times 100 (\%) \\ アルーン・ダウン=(5日-過去5日中の最安値更新の日からの日数)/5 \times 100 (\%) $$

アルーン・インディケータで使用されるnは通常14日ですが、 簡単のためn=5として計算をしてみましょう。上げトレンドを捉えていることがわかります。

日数  終値  安値  高値  アルーン・アップ  アルーン・ダウン  
1日目10009971057
2日目105010401074
3日目107010571073
4日目106010561082
5日目108010781101
6日目110010951155100.0%0.0%上げトレンド発生
7日目115011121158100.0%0.0%上げトレンド
8日目11201113113280.0%20.0%上げトレンド
9日目11301094113460.0%0.0%上げトレンド
10日目(最新)11001040111240.0%20.0%トレンド終了
Pythonによる実装

必要なライブラリを読み込みます

!pip install mpl_finance #Collaboratoryに入っていないライブラリを読み込みます
import matplotlib
import matplotlib.pyplot as plt
import matplotlib.dates as mdates
import pandas as pd
import mpl_finance
import sys
import numpy as np
from datetime import datetime
from matplotlib.offsetbox import OffsetImage, AnnotationBbox
import requests
import io

疑似データを読み込みます

#ファイルの読み込み
URL = "https://neulab.co.jp/wp-content/uploads/pseudo_data.csv" #csvファイルのURL

datafile = requests.get(URL)#ファイルの読み込み

#データフレームの作成
df_temp = pd.read_csv(io.BytesIO(datafile.content), header=0, index_col=0, parse_dates=True, encoding="UTF-8")

df = df_temp.loc[:,['Open','High','Low','Close']]
df.head()

アルーン・インディケータを計算します

df['aroon_max'] = df['High'].rolling(14).max()
df['aroon_min'] = df['Low'].rolling(14).min()
    
df = df.fillna(-0.1)
df['up'] = 0
High = df['aroon_max'][0]
High_pre = 0
High_num = 0

df = df.fillna(-0.1)
df['down'] = 0
Low = df['aroon_min'][0]
Low_pre = 0
Low_num = 0

for index, item in df.iterrows():
  
    High = df.at[index, 'aroon_max']
    if High < 0:
        df.at[index, 'up'] = 0
    elif High < High_pre:
        High_num = 0
        df.at[index, 'up'] = High_num
    elif High > High_pre:
        High_num = 0
        df.at[index, 'up'] = High_num
    else:
        df.at[index, 'up'] = High_num  
        High_num = High_num + 1
    High_pre = High
        
for index, item in df.iterrows():
  
    Low = df.at[index, 'aroon_min']
    if Low < 0:
        df.at[index, 'down'] = 0
    elif Low > Low_pre:
        Low_num = 0
        df.at[index, 'down'] = Low_num
    elif Low < Low_pre:
        Low_num = 0
        df.at[index, 'down'] = Low_num
    else:
        df.at[index, 'down'] = Low_num  
        Low_num = Low_num + 1
    Low_pre = Low
  
df_aroon_up   = (14 - df['up'])/14 * 100
df_aroon_down = (14 - df['down'])/14 * 100

Matplotを使った描画例です

canvas_color = '#fffafa'
line_color = '#c8ced1'
font_color = '#171510'
colorup = '#bf0000'
colordown = '#006fbf'

n_data = -100
data = df[n_data:]
ohlc = np.vstack((range(len(data)), data.T)).T

fig, (ax1, ax2) = plt.subplots(2, 1, gridspec_kw={'height_ratios': [10, 6]}, sharex=True, figsize=(12,9))
fig.patch.set_facecolor(canvas_color)
ax1.patch.set_facecolor(canvas_color)
mpl_finance.candlestick_ohlc(ax1, ohlc, width=0.5, alpha=1, colorup=colorup, colordown=colordown)
ax2.patch.set_facecolor(canvas_color)
ax2.plot(range(len(data)), df_aroon_up.values[n_data:], color='red', ls='-', label='Up')
ax2.plot(range(len(data)), df_aroon_down.values[n_data:], color='blue', ls='-', label='Down')
ax1.grid()
ax2.grid()

#ロゴ読み込み
logoURL = "https://neulab.co.jp/wp-content/uploads/logo.png" #logoファイルのURL
img_c = plt.imread(logoURL)
imagebox = OffsetImage(img_c, zoom=0.020) #画像をimageboxにいれる。
imagebox.image.axes = ax1
im_sabo = AnnotationBbox(imagebox, (0, 9850), xybox=(0, 9950), xycoords="data", boxcoords="data", pad=0.3, frameon=False)

l1,l2 = ax2.get_legend_handles_labels()
ax2.legend(l1,l2, fontsize=14, edgecolor='none', facecolor=canvas_color)

ax1.add_artist(im_sabo)
ax1.set_ylabel("Price of Something", fontsize=22)
ax1.set_ylim(9000., 10000.)
ax1.yaxis.tick_right()
ax1.yaxis.set_label_coords(0, 0.5)
ax1.tick_params(labelsize=24, labelcolor=font_color, color=line_color)

ax1.spines['left'].set_linewidth(0)
ax1.spines['right'].set_linewidth(0)
ax1.spines['top'].set_linewidth(0)
ax1.spines['bottom'].set_linewidth(0)

ax2.yaxis.tick_right()
ax2.set_ylim([-5,105])
ax2.tick_params(labelsize=22, labelcolor=font_color, color=line_color)

ax2.spines['left'].set_color(line_color)
ax2.spines['right'].set_color(line_color)
ax2.spines['top'].set_color(line_color)
ax2.spines['bottom'].set_color(line_color)

xtick0 = 2
plt.xticks(range(xtick0,len(data),12), [x.strftime('%m/%d') for x in df_aroon_up.index][xtick0::12])

plt.subplots_adjust(left=0.05, right=0.89, bottom=0.1, top=0.99)
plt.grid(which='major',color=line_color,linestyle='-')
plt.grid(which='minor',color=line_color,linestyle='-')

ax2.grid(linestyle='--', lw=1)
ax1.set_axisbelow(True)

fig.savefig('Aroon.png', facecolor=fig.get_facecolor(), edgecolor='none')

以上のコードをGoogle社の提供しているColaboratory上で公開しており、実際に動作させることができます。

リンク先はこちら

アルーンを使った予想

図2がエントリーポイントの予測です。(代表的な点だけ図示しています。)

図2 アルーン・インディケータを使った予想例(代表的な点)
注意点

他の指標の多くが100%と0%のようにトレンドの発生ポイントが上下に離れているのと異なり、アルーン・アップとアルーン・ダウンともに100%がトレンドの発生を示していることに注意してください。


※このHPページで紹介しているテクニカル指標を使った取引ルールや売買シグナルの見方は一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。


現在、ニューラボでは人工知能による取引アルゴリズムを開発中です。11月にリリース予定。乞うご期待!
自動取引にご興味を持たれましたら お問い合わせページよりお気軽にお問合せください。