ジグザグチャート(Zigzag)

 

概要

ジグザグは相場のトレンドを読み取るための指標です。レートの変化率の上限を決めて、価格がその変化率以上に動いた地点を転換点として逆方向へラインを引いていきます。転換点ではなくラインの方向でトレンドの方向を見るための指標です。

まず価格の変化率とチャートの更新期間を決めます。例えば変化率を5%をとし、更新期間を7日間とした場合を考えます。レートの最安値を始点として最安値から7日間以上たった後の最高値に向けてラインを引きます。この最初に考えた最高値より高値が更新した場合は、始点から更新した点に向けて改めてラインを延長します。最安値から7日以上たった後に、最安値から5%以上値下がりした場合は直近の高値を転換点とし、下向きラインの起点とした上で、今度は安値を更新した点に向かって下向きのラインを転換点より5%値上がりするまで、引いていきます。これを交互に繰り返してジグザグにラインを引きます。図1が描画例となります。

図1 ジグザク線の描画例(手書き書き加え、チャート出展元 サクソバンク証券
ジグザグチャートを使った予想

ジグザグチャートはトレンドだけを判断するので、具体的な売買ポイントを決めるわけではありません。

図1の例では高値更新が続いている限りは買いトレンドとなりますが、陰線があれば、トレンド転換が起きる可能性を考えることができます(実際にトレンドが転換したと確認するには図1では7日かかります)。

注意点

売買ポイントは判断できないので、ほかの指標を組み合わせて判断することをお勧めします。


※このHPページで紹介しているテクニカル指標を使った取引ルールや売買シグナルの見方は一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。


現在、ニューラボでは人工知能による取引アルゴリズムを開発中です。11月にリリース予定。乞うご期待!
自動取引にご興味を持たれましたら お問い合わせページよりお気軽にお問合せください。