フィボナッチ・リトレースメント

 

概要

フィボナッチ・リトレースメントは、フィボナッチ数列から求まるフィボナッチ比率(38.2%、50.0%、61.8%など)を使用したテクニカル指標で、相場が反転するポイントを判断するための指標です。

任意の点を選び始点と終点を定義します。始点のレートを基準レートとし、始点を0、終点を100とした変動幅を決めます。次にフィボナッチ比率23.6、38.2、50.0、61.8、76.4を考えます。値上がりを考える場合は始点から上に変動幅の(23.6%、38.2%、50.0%、61.8%、76.4%)上に上げたところにラインを5本引きます。値下がりを考える場合は変動幅の(23.6%、38.2%、50.0%、61.8%、76.4%)下に下げたところにラインを5本引きます。図1は8月1日の安値と30日の高値を使って描画したものです。

図1 フィボナッチ・リトレースメントの描画例(チャート出展元 サクソバンク証券

38.2、50.0、61.8が一番よく使われるフィボナッチ比率ですが、このほかに上図のように23.6や76.4、100%超えるような、161.8、261.8、423.6なども良く使われます。

フィボナッチ・リトレースメントを使った予想例

図1で言うとこの後、38.2%に当たる903ドルあるいは61.8%に当たる890ドルまで売りが入る可能性があると予想することができます。

注意点

より正確な予想を行うために、他のフィボナッチ・ツールを併用することも可能です。


※このHPページで紹介しているテクニカル指標を使った取引ルールや売買シグナルの見方は一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。


現在、ニューラボでは人工知能による取引アルゴリズムを開発中です。11月にリリース予定。乞うご期待!
自動取引にご興味を持たれましたら お問い合わせページよりお気軽にお問合せください。