酒田五法

  

概要

酒田五法とはローソク足の応用で江戸時代中期に山形県庄内地方の酒田に生まれた本間宗久が編み出し、大坂の堂島にあった米の先物相場市場で使用した酒田罫線法のことです。数日間のローソク足の動きによってその後の相場展開つまりトレンドを予想する手法です。五法とは「三山」、「三川」、「三空」、「三兵」、「三法」の5つからなります。

五法
1.三山(さんざん)と三尊(さんぞん)
図1 三山

三山は3回突破できなかった高値はもう突破できないだろうという推測を元に相場の天井を図1のように見極め、その後の相場の値動きが下落へ転じると判断するパターン分析です。

図2 三尊

3つの山の中で中央が一番高い図2のパターンを三尊と言います。このパターンはヘッドアンドショルダーズトップあるいはトリプルトップとしても有名です。天井を確認して売りで入るという活用法になります。

2.三川(さんせん)
図3 三川

三山とは逆に3回突破できなかった安値はもう突破できないだろうという推測で図3のように相場の底を見極め、その後の値動きは上昇に転じると判断するパターン分析です。安値を谷と考え、谷には川があると考えて三川です。

図4 逆三尊

三尊と同様に真ん中の谷が一番深い図4の場合を逆三尊と呼びます。いわゆるヘッドアンドショルダーズボトムあるいはトリプルボトムのことです。

明けの明星と宵の明星
図5 明けの明星(左)と宵の明星(右)

三川明けの明星は図5のように長めの陰線が出た後、その下に窓(空)を開けて短い陽線か陰線、または十字線が出現(星の出現)し、次に上放れで陽線が見られ最初の陰線の中ほどで引けた場合です。下落局面にあった相場が均衡し、次いで窓を開けて陽線で引けることで、今後相場が上昇へ転じると分析されるパターンです。

一方、三川宵の明星は長めの陽線後に、窓を開けて短い陰線か陽線、または十字線が出現(星の出現)、次に下放れで陰線となり最初の陽線の下半分あたりで引けた場合です。これは上昇局面にあった相場が均衡した後、窓を上げて陰線で引け、今後相場が下落へ転じると分析されます。

3.三空(さんくう)
図6 三空踏み上げ(左)と三空叩き込み(右)

三空踏み上げと三空叩き込みは空=窓に焦点を当てた分析です。窓はヘッドラインニュースなど強力な材料により相場がパニック的に一方向へ動いたことを示唆しています。それが図6のように三回続けば、行き過ぎであり次は反転に転じると判断します。

陽線側を三空踏み上げ、陰線側を三空叩き込みと呼びます。強力な材料が三回続いた後に逆張りで入るという手法です。

4.三兵(さんぺい)
図7 赤三兵(左)と三羽烏(右)

図7のような連続する三本の陽線を赤三兵、三本の陰線を三羽烏あるいは黒三兵と呼びます。チャートに記入する際、陽線を朱で陰線を黒で記入していたため、また、黒を烏に例えたためこの名があります。相場の流れについていく順張りのパターンとして分析されます。

5.三法(さんぽう)
図8 上げ三法(左)と下げ三法(右)

三法は動かない相場では休んで次に相場が動き始めたら取引を始めるというパターン分析です。図8のように最初に長めの陽線があり、次のローソク足が最初の陽線の始値を支持線、終値を抵抗線としたレンジで動く場合が上げ三法、長めの陰線があり、次のローソク足が陰線の始値を抵抗線、終値を支持線としたレンジで動く場合を下げ三法と呼びます。それぞれレンジ内にとどまっている場合は取引を休み、レンジをローソク足が明確に抜けたら上げ三法は買い、下げ三法は売りで仕掛けるのがよいとされます。

上放れ三法と下放れ三法
図9 上放れ三法(左)と下放れ三法(右)

図8のように上放れ三法は上放れした陽線の後、陰線が窓を埋めた場合、下放れ三法は下放れした陰線の後、陽線が窓を埋めた場合です。この場合はこの後の相場の方向性の判断が難しいので、取引を休むのが良いとされる分析パターンです。

 


※このHPページで紹介しているテクニカル指標を使った取引ルールや売買シグナルの見方は一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。


現在、ニューラボでは人工知能による取引アルゴリズムを開発中です。11月にリリース予定。乞うご期待!
自動取引にご興味を持たれましたら お問い合わせページよりお気軽にお問合せください。