相場分析2020年11月9日-11月13日

 

来週の経済指標カレンダー

重要な指標

新型コロナウイルス感染状況情報
今週の主な経済指標の結果
曜日    経済指標       予想      結果      
月曜日アメリカISM製造業景況指数55.859.3
火曜日API原油在庫60万増-90万バレル減801万バレル減
APIガソリン在庫245
万バレル増
API留出油在庫58万バレル減
APIクッシング原油在庫98万バレル増
水曜日ADP非農業部門雇用者数65.0万人36.5万人
アメリカISM非製造業指数57.556.6
EIA原油在庫60万増-90万バレル減799万バレル減
EIAガソリン在庫154万バレル増
EIA留出油在庫158万バレル減
EIAクッシング在庫93万バレル増
EIA製油所稼働率74.6%(前週)75.3%
木曜日アメリカ新規失業保険申請件数77.0万件75.1万件
EIA天然ガス在庫34Bcf減36Bcf減
金曜日失業率7.7%6.9%
非農業部門雇用者数60.0万人63.8万人
べーカー・ヒューズ原油採掘リグ稼働数221基(前週)226基

株式指数

ダウ

[今週の相場まとめ]

月曜日は発表されたISM製造業景況指数が59.3と予想の56.0を上回ったことを材料に大幅上昇した。火曜日はこの日実施されたアメリカ大統領選挙でバイデン候補が優勢で大規模な経済対策が行われるとの期待を材料に大幅上昇した。水曜日は、民主党の圧勝がなくなったことで、政権交代による大規模な政策転換懸念から売られていたIT株やヘルスケア株が買い戻されたことで大幅上昇した。木曜日もバイデン候補が勝ったとしても上院では共和党が優勢で政策が急転換することはないとの見方から、ITやヘルスケア株などが連日買われて上昇した。金曜日は発表された雇用統計が好調で支援材料となったが、連日の上昇から利食い売りが出て下落した。

[来週の見通し]

欧米では新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、アメリカでは新規感染者数が1日10万人を超えた。来週も引き続き懸念材料となり換金売りによる下落が起きる可能性がある。米大統領選挙後の政治的混乱は懸念材料だが、新大統領による大規模な経済対策への期待が相場を支えると考えられる。

[テクニカル分析]

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル指標予測一覧月   火   水   木   金   的中率(%) 次の日  順位 
総合下げ下げ下げ下げ上げ上げ
ROC下げ下げ下げ下げ下げ20下げ2
アルーン下げ下げ下げ下げ上げ0上げ
ドンチャン下げ下げ下げ上げ上げ20上げ3
MACD下げ下げ下げ下げ上げ0上げ
パラボリック下げ下げ上げ上げ上げ40上げ1
今週未使用
EMA下げ下げ下げ下げ下げ20下げ4
SMA下げ下げ下げ下げ下げ20上げ
AO下げ下げ下げ下げ下げ20下げ
一目均衡表上げ下げ下げ上げ上げ20上げ5
実際上げ上げ上げ上げ下げ
オシレータ
CCI上げ上げ
RSI142436424751
ストキャステクス(%K, %D)11,1621,3336,5755,7375,9596,90

エネルギー

原油

[今週の相場まとめ]

月曜日は株価の上昇とロシア石油相がロシア国内の石油会社の幹部と今後の減産について話し合ったとの報道で来年1月の増産の延期への期待感が支援材料となり上昇した。火曜日はOPECプラスが増産を延期するとの期待感や株価の上昇が支援材料となり上昇した。この日発表のAPIの週間統計は原油在庫801万バレル減、ガソリン在庫245万バレル増、留出油在庫58万バレル減、クッシング原油在庫98万バレル増となり、原油在庫の減少も支援材料となった。水曜日も株価の上昇とOPECプラスによる来年以降の減産強化への期待感などから買われた。この日発表されたEIA原油在庫統計が原油在庫799万バレル減、ガソリン在庫154万バレル増、留出油在庫158万バレル減、オクラホマ州クッシング原油在庫93万バレル減となった。木曜日は新型コロナウイルスの感染拡大による原油需要の先行き懸念や連日の上昇に対する利食い売りが出て下落した。金曜日も新型コロナウイルスの感染拡大による需要の先行き不透明感が懸念材料となり下落した。この日ベーカー・ヒューズ社が発表した原油採掘リグ稼働数は前週比5基増の226基となった。

[来週の見通し]

欧州での新型コロナウイルスの感染拡大による需要先行き懸念やリビアの増産が引き続き材料となると考えられる。今週発表のベーカー・ヒューズ社発表の稼働リグ数は5基の増加で226基となり、原油が増産される可能性が高い。またOPECプラスの新型コロナウイルスの感染拡大による需要減への対応や月末の会合へのコメントがあるかどうかに注意したい。火曜日発表のAPIの週間統計と水曜日発表のEIAの週間統計では今週はハリケーン要因で原油在庫が減少したが、来週増加に再度転じるか注目したい。

[テクニカル分析]

来週は下落トレンド

[予想の振り返り]

テクニカル指標予測一覧月   火   水   木   金   的中率(%) 次の日  順位 
総合下げ下げ下げ下げ下げ下げ
AO下げ下げ下げ下げ下げ40下げ1
パラボリック下げ下げ下げ下げ上げ20上げ
ドンチャン下げ下げ上げ上げ上げ20下げ
MACD下げ下げ下げ下げ下げ40下げ2
EMA下げ下げ下げ下げ下げ40下げ3
今週未使用
一目均衡表下げ下げ下げ下げ下げ40下げ4
アルーン下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
ROC下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
SMA下げ下げ下げ下げ下げ40下げ5
実際上げ上げ上げ下げ下げ
オシレータ
CCI下げ
RSI313536424037
ストキャステクス(%K, %D)12,1123,4136,5657,7465,6767,61
天然ガス

[今週のまとめ]

月曜日は従来の予報より気温が上昇し暖房用需要が伸び悩むとの見方から下落した。火曜日も気温上昇による需要減の見方から大幅下落した。水曜日も気温上昇による需要減懸念で売られたが、買い戻されて横ばいとなった。木曜日は水曜日と同様の展開となったが、EIAが発表さした天然ガス在庫が前週比で36Bcf減となり、各社予想の34Bcf減を減少幅が上回ったが影響は小さかった。金曜日は天然ガスの生産増加とこの先の気温上昇で暖房用需要が伸び悩むとの見方から売られた。

[来週の見通し]

LNGの輸出は歴史的な好調さとなっているが、来週以降月内の気温上昇による暖房用需要減少見通しが懸念材料となっている。EIAが木曜日に発表する天然ガス統計では生産量が増加するかどうかと、今週減少に転じた天然ガス在庫量の減少具合に注意したい。

[テクニカル分析]

下落トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル指標予測一覧月   火   水   木   金   的中率(%) 次の日   順位 
総合上げ上げ上げ上げ下げ40下げ
パラボリック上げ上げ下げ下げ下げ40下げ1
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ20上げ5
ROC上げ上げ上げ上げ下げ40下げ2
SMA上げ上げ上げ上げ上げ20上げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ下げ40下げ3
今週未使用
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ20下げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ20上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ20上げ
MACD上げ上げ上げ下げ下げ40下げ4
実際下げ下げ上げ下げ下げ
オシレータ
CCI上げ
RSI716763605952
ストキャステクス(%K, %D)92,9589,7265,3245,3223,514,4

貴金属

[今週の相場まとめ]

月曜日は欧州での新型コロナウイルスの感染拡大や米大統領選挙後の混乱懸念から買いが入った。火曜日は大統領選挙後にアメリカが政治的に混乱するとの見方から安全資産である金に買いが入って上昇した。ドル安ユーロ高も支援材料となった。水曜日は米の選挙が民主党圧勝の事前予想と異なり接戦となったことが懸念材料となって下落したが、株価の上昇や大統領選挙の結果を巡る政治的混乱への懸念から上昇した。木曜日はバイデン候補が優勢となり大規模な経済対策への期待感が高まったことや選挙結果を巡る政治的混乱への懸念で上昇した。金曜日はバイデン候補が勝利し大規模な追加経済対策が実施されるとの期待感、新型コロナウイルスの感染拡大懸念やドル安から買いが入って上昇した。終盤、利食い売りが出て上げ幅を削った。

[来週の見通し]

新型コロナウイルスが欧州で感染拡大によるドル買いと換金売りは来週も出やすいと思われる。また、アメリカ大統領選挙後の政治的混乱懸念や、経済対策への期待などから買いが入りやすいと考えられる。新型コロナウイルスや選挙の開票に関するヘッドラインに注意したい。

[テクニカル分析]

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル指標予測一覧月   火   水   木   金   的中率(%) 次の日   順位 
総合下げ下げ下げ上げ上げ60上げ
アルーン下げ下げ下げ下げ上げ20上げ
ドンチャン下げ下げ上げ上げ上げ40上げ4
MACD下げ下げ下げ上げ上げ60上げ1
パラボリック下げ下げ下げ上げ上げ60上げ2
SMA下げ下げ下げ下げ上げ40上げ5
今週未使用
AO下げ下げ下げ下げ上げ40上げ
EMA下げ下げ下げ下げ上げ40上げ
一目均衡表上げ上げ下げ下げ方向感なし60方向感なし3
ROC下げ下げ上げ下げ上げ20上げ
実際上げ上げ下げ上げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ
RSI365152486362
ストキャステクス(%K, %D)16,2629,4948,6961,6576,9684,90
白金

[今週の相場まとめ]

月曜日は金が堅調となったこと、株価の上昇を受けて上昇した。火曜日も大統領選挙後にアメリカが政治的に混乱するとの見方や株価の上昇を材料に買いが入って上昇した。水曜日も金の上昇を材料に買いが入ったが終盤利食い売りが出て上げ幅を削った。木曜日は経済対策期待と大統領選挙をめぐる政治的混乱懸念か®買いが入った。金曜日はドル安と金の上昇、良好な雇用統計を材料に買いが入って上昇した。

[来週の見通し]

新型コロナウイルスの感染拡大が欧州で進み、白金の工業用需要の低迷が見込まれる他、換金売りの懸念もある。一方で、株価の上昇や安全資産としての需要が見込まれるため、上昇する場面もあると思われる。新型コロナウイルス関係のヘッドラインニュースに注意したい。

[テクニカル分析]

トレンド転換。来週は買いトレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル指標予測一覧月   火   水   木   金   的中率(%) 次の日   順位 
総合下げ下げ下げ下げ下げ20上げ
ドンチャン下げ下げ下げ下げ上げ20上げ4
アルーン下げ下げ下げ下げ下げ0上げ
ROC下げ上げ下げ下げ上げ40下げ1
MACD下げ下げ下げ上げ上げ40上げ2
パラボリック下げ下げ下げ下げ上げ20上げ5
先週未使用
一目均衡表下げ上げ上げ下げ下げ40下げ3
AO下げ下げ下げ下げ下げ0上げ
EMA下げ下げ下げ下げ下げ0上げ
SMA下げ下げ下げ下げ下げ0上げ
実際上げ上げ上げ上げ上げ
オシレータ
CCI上げ
RSI394853525959
ストキャステクス(%K, %D)14,212,2924,4237,4051,7261,72

穀物

来週天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:降雨はなし。今後の雨量は平年以下から平年以上までまちまち。
気温:平年を上回る見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:降雨はなし。今後の雨量は平年以下から平年以上までまちまち。
気温:平年を上回る見込み。

大豆

[今週のまとめ]

月曜日は利食い売りが入って下落したが、中国向けの輸出期待から買い戻されて横ばいとなった。この日、USDAから発表された輸出検証高は208.2万トンと好調で支援材料となった。火曜日は順調な輸出と干ばつにより国内で大豆の高値の続くブラジルが23年振りにアメリカ産大豆を購入との情報を材料に買われた。水曜日は順調な輸出見込みや南半球の産地が干ばつとなり生産が伸び悩むとの見方を材料に買いが入り上昇した。木曜日も中国やブラジル向けの順調な輸出や南半球の産地の干ばつを材料に買いが入り上昇した。この日、USDAが発表した輸出成約高は153.0万トンと好調だった。金曜日は中国やブラジル向けの輸出が堅調なことを材料に買われた場面もあったが、利食い売りが優勢となり下落して取引を終了した。

[来週の見通し]

中国のアメリカ産大豆の輸入期待は引き続き強い。また南米の乾燥で、大輸出国であるブラジルまでが23年ぶりにアメリカ産大豆を購入するなど需要が高まっている。アメリカ産大豆の収穫は8割強終了している。USDAが月曜日に発表するクロッププログレスレポートや火曜日のWeekly Weather and Crop Bulletinで天候や収穫の状況を確認したい。USDAは11月9日に輸出検証高、11月10日に11月の需給報告、11月11日に輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル指標予測一覧月   火   水   木   金   的中率(%) 次の日   順位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ60上げ1
パラボリック下げ下げ下げ上げ上げ40上げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ3
SMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ4
MACD下げ下げ下げ下げ下げ40上げ
今週未使用
ドンチャン下げ下げ下げ上げ上げ40上げ
ROC上げ下げ下げ上げ上げ20上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ60下げ5
アルーン下げ下げ下げ下げ上げ20上げ
実際下げ上げ上げ上げ下げ
オシレータ
CCI上げ上げ
RSI595352596968
ストキャステクス(%K, %D)20,2013,1323,3544,8268,8684,85
コーン

[今週のまとめ]

月曜日は好調な輸出が支援材料となったが利食い売りが出て小幅な上昇となった。この日、USDAが発表した輸出検証高は72.1万トンだった。火曜日は順調に進む収穫を材料に利食い売りが入ったが、買い戻されて上昇となった。水曜日は順調な輸出見込みや南半球の産地が干ばつで生産が伸び悩むとの見方を材料に買い入った。木曜日はこの日USDAが発表した輸出成約高が261.0万トンと好調だったことを材料に買いが入った。金曜日は利食い売りが強く6営業日ぶりの下落となった。

[来週の見通し]

中国やメキシコによるアメリカ産のコーンの大量購入期待が相場の支援材料となっている。また、南米の乾燥報告もアメリカ産コーンへの需要を高まえるとの見方から買われやすい状態が続く。アメリカのコーンの収穫は8割が終了、火曜日にUSDAが発表するWeekly Weather and Crop Bulletinで天候や収穫状況を確認したい。USDAは11月9日に輸出検証高、11月10日に11月の需給報告、11月11日に輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル指標予測一覧月   火   水   木   金   的中率(%) 次の日   順位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
ドンチャン下げ下げ下げ下げ上げ0上げ
SMA上げ上げ上げ上げ上げ80上げ1
EMA上げ上げ上げ上げ上げ80上げ2
MACD下げ下げ下げ下げ下げ20下げ5
AO上げ上げ上げ上げ上げ80上げ3
今週未使用
アルーン下げ下げ下げ下げ下げ20下げ
ROC下げ下げ下げ下げ下げ0下げ
パラボリック下げ下げ下げ下げ上げ0上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ80上げ4
実際上げ上げ上げ上げ下げ
オシレータ
CCI
RSI575453505551
ストキャステクス(%K, %D)18,1513,1016,2425,4039,5245,44

※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。