会員限定ページへログイン

IDとパスワードは半角英数字で入力してください。
最新情報をすぐに閲覧したい方は有料メルマガ登録(まぐまぐ!)をしてください。

いまだけ限定公開中!!
ID: pre-reader
Pass: CFD_Info

  • ◆ ID
  • ◆ パスワード

週のまとめと来週の見通し
weekly_report

2020/12/26

相場分析2020年12月28日-2021年1月1日

 

来週の経済指標カレンダー

重要な指標

・12月28日
 USDA輸出検証高(大豆、コーン)
・12月29日
 30時30分 API原油在庫統計(原油)
・12月30日
 24時30分 EIA原油在庫統計(原油)
 27時00分 ベーカー・ヒューズ石油採掘リグ稼働数(原油)
・12月31日
 22時30分 新規失業保険申請数(ダウ、金)
 24時30分 EIA天然ガス在庫統計(天然ガス)
 USDA輸出成約高(大豆、コーン)
・1月1日
 新年のため休場

新型コロナウイルス感染状況情報

・全世界(リンク先 ジョンズ・ホプキンス大学
・アメリカ国内(リンク先 ニューヨークタイムス

今週の主な経済指標の結果
曜日    経済指標       予想      結果      
月曜日USDA輸出検証高(大豆)236.8万トン(前週)253.2万トン
USDA輸出検証高(コーン)88.6万トン(前週)76.2万トン
火曜日アメリカ第3四半期国内総生産33.1%33.4%
アメリカ中古住宅販売戸数670.0万戸669.0万戸
アメリカ消費者信頼感指数97.088.6
API原油在庫320~470万バレル減270万バレル増
APIガソリン在庫22万バレル減
API留出油在庫103万バレル増
APIクッシング原油在庫34万バレル増
水曜日アメリカ新築住宅販売戸数99.5万件84.1万件
アメリカコア耐久財受注0.5%増0.4%増
アメリカ新規失業保険申請件数88.5万件80.3万件
EIA原油在庫320~470万バレル減56万バレル減
EIAガソリン在庫112万バレル減
EIA留出油在庫232万バレル減
EIAクッシング在庫2万バレル減
EIA製油所稼働率79.1%(前週)78.0%
EIA天然ガス在庫162Bcf減152Bcf減
USDA輸出成約高(大豆)92.2万トン(前週)35.2万トン
USDA輸出成約高(コーン)192.4万トン(前週)65.1万トン
べーカー・ヒューズ原油採掘リグ稼働数263基(前週)264基
べーカー・ヒューズ天然ガス採掘リグ稼働数81基(前週)83基

株式指数

ダウ

[今週の相場まとめ]

月曜日はイギリスでの新型コロナウイルスの変異種の感染拡大懸念から売られた。その後米議会が追加経済対策で合意したことや変異種にも新型コロナウイルスワクチンが有効との見方から買い戻されて、下げ幅を削った。火曜日も新型コロナウイルスの感染拡大懸念から売られた。新たにモデルナ社製ワクチンの接種が始まったことや米議会が可決した米政府の追加経済対策への期待から下げ幅を削った。水曜日は追加経済対策へトランプアメリカ大統領が注文を付けたとの情報から売りが入ったが、追加経済対策への期待感は強く上昇に転じて取引を終了した。木曜日は追加経済対策への期待感が後退したことで売られたが、新型コロナウイルスワクチンへの期待感や、英国とEUとの間での通商交渉が妥結したとの情報から上昇した。金曜日はクリスマスにより休場。

[来週の見通し]

来週は今年最後の週の取引となる。大晦日を前にして動きは低調だと思われるが、新型コロナウイルスの感染拡大や、変異種、ワクチンに関するニュースに注目したい。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは中央付近
・MACD:売り
・ドンチャン:買い
・EMA:買い
・AO:買い
・パラボリック:売り

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル指標予測一覧月   火   水   木   金   的中率(%) 次の日  順位 
総合上げ上げ上げ上げ50上げ
MACD下げ下げ下げ下げ50下げ1
ドンチャン上げ上げ上げ上げ50上げ2
EMA上げ上げ上げ上げ50上げ3
AO上げ上げ上げ上げ50上げ4
一目均衡表上げ上げ上げ上げ50上げ
今週未使用
SMA上げ上げ上げ上げ50上げ
アルーン上げ上げ上げ上げ50上げ
パラボリック下げ下げ下げ下げ50下げ5
ROC上げ上げ下げ上げ25上げ
実際下げ下げ上げ上げ
オシレータ
CCI
RSI6461535449
ストキャスティクス(%K, %D)80,73w83,8172,6272,7372,80

エネルギー

原油

[今週の相場まとめ]

月曜日はイギリスで新型コロナウイルスの変異種の感染拡大を材料に売られた。火曜日も新型コロナウイルスの感染拡大による需要見込みを材料に売られて始まったが、この日発表のAPIの週間統計は、原油在庫270万バレル増、ガソリン在庫22万バレル減、留出油在庫103万バレル増、オクラホマ州クッシング在庫34万バレル増となると、原油在庫が増加したことを理由に売られた。水曜日は米議会が追加の経済対策を成立させたことで、原油需要への楽観的な見方が広がった。この日発表のEIAの週間統計は、原油在庫56万バレル減、ガソリン在庫112万バレル減、留出油在庫232万バレル減、オクラホマ州クッシング在庫2万バレル減となり、原油在庫の減少が支援材料となった。木曜日は新型コロナウイルスの感染拡大懸念から売られた、株価の上昇を材料に買われて、上昇した。金曜日はクリスマスにより休場だった。

[来週の見通し]

来週は新年を前に動きは小さいと予想される。来週も新型コロナウイルスの感染拡大が懸念材料となりやすいと考えられるが、買いの勢いが強いため、一時的に下げても買い戻される展開が続いているの注意したい。APIは火曜日にEIAは水曜日にそれぞれ週間原油在庫が発表される。このほか、ヘッドラインには注目したい。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは+2σへ
・一目均衡表:買い
・パラボリック:買い
・ROC:買い
・SMA:買い
・AO:買い

来週は上昇トレンド

[予想の振り返り]

テクニカル指標予測一覧月   火   水   木   金   的中率(%) 次の日  順位 
総合上げ上げ上げ上げ50上げ
MACD上げ上げ下げ下げ0下げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ50上げ1
パラボリック上げ上げ上げ上げ50上げ2
ROC上げ上げ上げ上げ50上げ3
SMA上げ上げ上げ上げ50上げ4
今週未使用
EMA上げ上げ上げ上げ50上げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ50上げ
アルーン上げ上げ上げ上げ50上げ
AO上げ上げ上げ上げ50上げ5
実際下げ下げ上げ上げ
オシレータ
CCI上げ
RSI7772616362
ストキャスティクス(%K, %D)95,9585,6668,4258,6760,72
天然ガス

[今週のまとめ]

月曜日は新型コロナウイルスの感染拡大による需要懸念から売られたが、年末の気温低下によって暖房用需要用が増加するとの見方から上昇した。火曜日も気温低下による暖房用需要の増加期待から上昇した。水曜日は年初の天気予報で気温が上昇するとの予想となり暖房用需要が伸び悩みとの見方から売られた。EIAが発表した天然ガス在庫は予想の162Bcf減に対して152Bcf減と在庫減少が予想を下回った。木曜日は水曜日に引き続き、気温上昇による暖房用需要の伸び悩みが懸念材料となった。金曜日はクリスマスで休場だった。

[来週の見通し]

来週はこの先2週間の天気予報が気温上昇に転じたことから、売りが強まるのではと予想するが、天然ガスの輸出は史上最高水準で続いており、輸出需要が高いことが相場の下支えとなると考えられる。来週木曜日にEIAは天然ガス在庫を発表する。

[テクニカル分析]

・RSI:下げの余地あり
・ストキャスティクス:下げの余地あり
・ボリンジャーバンド:下げ、レートは中央付近
・一目均衡表:売り
・AO:売り
・EMA:売り
・SMA:売り
・ドンチャン:売り

来週は下落トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル指標予測一覧月   火   水   木   金   的中率(%) 次の日  順位 
総合上げ上げ上げ上げ25下げ
パラボリック上げ上げ上げ上げ25上げ
ROC上げ上げ上げ上げ25下げ
アルーン上げ上げ上げ上げ25下げ
一目均衡表下げ下げ下げ下げ75下げ1
MACD上げ上げ上げ上げ25上げ
今週未使用
AO下げ下げ下げ下げ75下げ2
SMA下げ上げ上げ上げ50下げ4
ドンチャン上げ上げ上げ下げ50下げ5
EMA下げ下げ下げ下げ75下げ3
実際下げ上げ下げ下げ
オシレータ
CCI上げ下げ
RSI3840505549
ストキャスティクス(%K, %D)84,9589,9192,9176,5251,8

貴金属

[今週の相場まとめ]

月曜日は米議会が追加の経済対策の協議で合意したとの上昇から買いが入ったが、新型コロナウイルスの変異種の感染拡大懸念から換金売りが出て下落した。火曜日も新型コロナウイルスの感染拡大による換金売りが続いた。水曜日は換金売りが一段落して上昇に転じた。EUとイギリスの間の通商合意が近いとの見方から売られる場面もあったが、米議会の追加経済対策法案可決が支援材料となって上昇した。木曜日はEUとイギリスが通商合意したことを材料に売られたが、終盤買いが入って上昇で取引を終了した。金曜日はクリスマスで休場だった。

[来週の見通し]

来週も新型コロナウイルスの変異種の感染拡大や変異種に現行ワクチンの効力があるかどうか、トランプ米大統領が修正を命じた追加の経済対策の行方が主な材料となると考えられる。いずれもどうなるか判断するのは難しいので、ヘッドラインには注意したい。ただし、年末のこともあり値動きは小さいと考えられる。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは中央へ
・MACD:買い
・EMA:買い
・パラボリック:買い
・ドンチャン:買い
・AO:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル指標予測一覧月   火   水   木   金   的中率(%) 次の日  順位 
総合上げ上げ上げ上げ50上げ
MACD上げ上げ上げ上げ50上げ1
ROC上げ下げ上げ上げ25上げ
EMA上げ上げ上げ上げ50上げ2
パラボリック上げ上げ上げ上げ50上げ3
ドンチャン上げ上げ上げ上げ50上げ4
今週未使用
一目均衡表下げ下げ下げ上げ25上げ
SMA上げ上げ上げ上げ50上げ
アルーン上げ上げ上げ上げ50上げ
AO上げ上げ上げ上げ50上げ5
実際下げ上げ上げ下げ
オシレータ
CCI
RSI6758586155
ストキャスティクス(%K, %D)77,6564,4758,6259,6966,,69
白金

[今週の相場まとめ]

月曜日は米議会が追加経済対策の協議で合意したとの報を受けて上昇したが、新型コロナウイルスの変異種の感染拡大懸念から売られて、下落した。火曜日は新型コロナウイルスの感染拡大による換金売りが出てげ粗くして始まったが、終盤買い戻されて、小幅上昇となった。水曜日は株価の上昇を受けて上昇した。木曜日は下落で始まったが、EUと英国が通商協議で合意すると買いが入って上昇した。金曜日はクリスマスで休場だった。

[来週の見通し]

来週は米政府の追加経済対策の行方が注目される。議会が修正に応じるあるいは再可決が行われれば、株価と金が上昇するため白金もつれ高になると考えられる。何も行われなかった場合は、下落すると考えられる。このほか、新型コロナウイルスの変異種の情報などヘッドラインに注意したい。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは中央へ
・AO:買い
・SMA:買い
・ドンチャン:買い
・EMA:買い
・一目均衡表:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル指標予測一覧月   火   水   木   金   的中率(%) 次の日  順位 
総合上げ上げ上げ上げ75上げ
AO上げ上げ上げ上げ75上げ1
SMA上げ上げ上げ上げ75上げ2
ドンチャン上げ上げ上げ上げ75上げ3
EMA上げ上げ上げ上げ75上げ4
ROC下げ下げ上げ下げ50上げ
今週未使用
MACD下げ下げ下げ下げ25下げ
パラボリック下げ下げ下げ下げ25下げ
アルーン下げ下げ下げ下げ25下げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ75上げ5
実際下げ上げ上げ上げ下げ
オシレータ
CCI
RSI5247484349
ストキャスティクス(%K, %D)63,6563,6065,7067.7171,71

穀物

来週天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:東側を中心に雪。今後の雨量は平年並みから平年以上までまちまち。
気温:平年を上回る見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:降雨はなし。今後の雨量は平年並みから平年以上までまちまち。
気温:平年を上回る見込み。

天気予報(南米)
・ブラジル:南部や中部では降雨なし。北部で雨。
・アルゼンチン(パンパ地域):降雨はなし。

大豆

[今週のまとめ]

月曜日は新型コロナウイルスの感染拡大による利食い売りが出て下落したが、アルゼンチンの乾燥とストライキによって輸出がストップしていることを材料に上昇した。火曜日は南米の乾燥と、アルゼンチンのストライキ、ブラジルの民間会社が大豆の生産量を1億2900万トンから200万トン引き下げたこと、中国向けの輸出期待などから上昇した。終盤南米での降雨情報が上げ幅を削った。水曜日は南米の乾燥とアルゼンチンのストライキが支援材料となって上昇した。木曜日も南米の乾燥とアルゼンチンのストライキがクリスマスも続くとの情報が支援材料となった。金曜日はクリスマスで休場だった。

[来週の見通し]

アルゼンチンで乾燥が強まり、大豆の収穫懸念が出ている。ブラジルでも収穫予想の更新が始まっているので、生産量予測が引き下がるかに注目したい。現状、ブラジル北部では雨が降っているが、南部では雨が降っていない。天気予報を注視したい。アルゼンチンでのストライキはいまだ解決のめどが立っておらず、しばらく続くと思われる。また、中国が豚コレラで打撃をうけた養豚業の再建を図るとの情報があり、大豆の輸入が増えると期待されている。まとまった輸入があるかどうかに注意したい。USDAは月曜日に輸出検証高、木曜日に輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]

・RSI:買いの過熱感
・ストキャスティクス:買いの過熱感
・ボリンジャーバンド:買い、レートは+2σでバンドウォーク
・一目均衡表:買い
・AO:買い
・EMA:買い
・ドンチャン:買い
・アルーン:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル指標予測一覧月   火   水   木   金   的中率(%) 次の日  順位 
総合上げ上げ上げ上げ100上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ100上げ1
AO上げ上げ上げ上げ100上げ2
EMA上げ上げ上げ上げ100上げ3
ドンチャン上げ上げ上げ上げ100上げ4
SMA上げ上げ上げ上げ100上げ
今週未使用
パラボリック上げ上げ上げ上げ100上げ
MACD上げ上げ上げ上げ100上げ
ROC上げ上げ上げ上げ100上げ
アルーン上げ上げ上げ上げ100上げ5
実際上げ上げ上げ上げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ上げ上げ
RSI6775818084
ストキャスティクス(%K, %D)86,9196,9995,9696,9494,91
コーン

[今週のまとめ]

新型コロナウイルスの感染拡大懸念による利食い売りが出て大幅下落したが、アルゼンチンの乾燥や、大豆につれ高となって上昇した。火曜日は南米の降雨情報で下落する場面もあったが、大豆につれ高となって上昇した。水曜日も南米の乾燥による生産量の引き下げ懸念が支援材料となって上昇した。木曜日は南米の乾燥懸念と、アメリカでバイオ燃料の関係者が新政権のメンバーと会合を持ったことでコーンの利用拡大期待が高まったことが支援材料となった。金曜日はクリスマスで休場だった。

[来週の見通し]

大豆と同様にアルゼンチンで乾燥が強まり、収穫への懸念が出ている。大豆に先んじて生産量予測が引き下げが始まっているが、今後引き下げ幅が広がるかどうかに注目したい。引き続き南米の天気予報には注目したい。また、バイデン次期政権でクリーンエネルギーとしてバイオ燃料の利用拡大がおこなわれるとの期待が高まっている。続報があるかどうかに注目したい。USDAは月曜日に輸出検証高、木曜日に輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]

・RSI:買いの過熱感
・ストキャスティクス:買いの過熱感
・ボリンジャーバンド:買い、レートは+2σでバンドウォーク
・EMA:買い
・SMA:買い
・AO:買い
・一目均衡表:買い
・MACD:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル指標予測一覧月   火   水   木   金   的中率(%) 次の日  順位 
総合上げ上げ上げ上げ100上げ
EMA上げ上げ上げ上げ100上げ1
SMA上げ上げ上げ上げ100上げ2
AO上げ上げ上げ上げ100上げ3
一目均衡表上げ上げ上げ上げ100上げ4
アルーン上げ上げ上げ上げ100上げ
今週未使用
ROC上げ上げ上げ上げ100上げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ100上げ
パラボリック上げ上げ上げ上げ100上げ
MACD上げ上げ上げ上げ100上げ5
実際上げ上げ上げ上げ100上げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ上げ上げ
RSI6274747590
ストキャスティクス(%K, %D)90,9496,9795,9494,9194,97

※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせ、アポイント予約は
こちらからお気軽にご連絡ください。

Register

有料メルマガ登録

有料メルマガ登録をしていただいた方は
鍵マークのついた記事もご購読いただけます。