会員限定ページへログイン

IDとパスワードは半角英数字で入力してください。
最新情報をすぐに閲覧したい方は有料メルマガ登録(まぐまぐ!)をしてください。

  • ◆ ID
  • ◆ パスワード

週のまとめと来週の見通し
weekly_report

2021/02/20

相場分析2021年2月22日-2月26日

 

来週の経済指標カレンダー

重要な指標

・2月22日
USDA輸出検証高(大豆、コーン)
・2月23日
24時00分 アメリカ消費者信頼感指数(ダウ・金)
30時30分 API原油在庫統計(原油)
・2月24日
24時00分 アメリカ新築住宅販売戸数(ダウ・金)
24時30分 EIA原油在庫統計(原油)
・2月25日
22時30分 アメリカコア耐久財受注(ダウ、金) 
22時30分 アメリカ第4四半期国内総生産(ダウ、金) 
22時30分 アメリカ新規失業保険申請件数(ダウ、金) 
24時30分 EIA天然ガス在庫統計(天然ガス)
USDA輸出成約高(大豆、コーン)
・2月26日
27時00分 ベーカー・ヒューズ石油採掘リグ稼働数(原油)

新型コロナウイルス感染状況情報

・全世界(リンク先 ジョンズ・ホプキンス大学
・アメリカ国内(リンク先 ニューヨークタイムス

今週の主な経済指標の結果
曜日    経済指標       予想      結果      
火曜日USDA輸出検証高(大豆)180.0万トン80.9万トン
USDA輸出検証高(コーン)157.6万トン132.2万トン
水曜日アメリカ生産者物価指数0.4%増1.3%増
アメリカ小売売上高1.1%増5.3%増
API原油在庫217万バレル減580万バレル減
APIガソリン在庫390万バレル増
API留出油在庫300万バレル減
木曜日アメリカ建築許可件数167.8万件188.1万件
アメリカ新規失業保険申請件数77.3万件86.1万件
EIA原油在庫242万バレル減725万バレル減
EIAガソリン在庫67万バレル増
EIA留出油在庫342万バレル減
EIAクッシング在庫302万バレル減
EIA製油所稼働率83.0%(前週)83.1%
EIA天然ガス在庫256Bcf減237Bcf減
金曜日USDA輸出成約高(大豆)98.3万トン62.3万トン
USDA輸出成約高(コーン)146.1万トン118.1万トン
べーカー・ヒューズ原油採掘リグ稼働数306基(前週)305基
べーカー・ヒューズ天然ガス採掘リグ稼働数90基(前週)91基

株式指数

ダウ

[今週の相場まとめ]

月曜日はプレジデントデーの祝日のため値動きが小さかったが米政府の経済対策への期待感から上昇した。火曜日はワクチン接種の進展や追加経済対策で経済が回復するとの見方から上昇したが、利食い売りが強く下落で引けた。水曜日は利食い売りで始まったが、好調な経済指標を材料に上昇した。木曜日は上昇で始まったが、利食い売りが入って下落した。終盤買い戻されて下げ幅を削った。金曜日は大規模経済対策への期待感から買いが入ったが終盤利食い売りが出て横ばいで引けた。

[来週の見通し]

新型コロナウイルスワクチン接種の進展とアメリカ政府の追加経済対策で経済が回復するとの期待を材料にした上昇と利食い売りが繰り返されており、来週も同じ展開で値動きは比較的小さいと考えられる。追加経済対策が発表されるタイミングには注意したい。

[テクニカル分析]

・RSI:買いの過熱感
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:やや買い、レートは中央付近へ
・ドンチャン:買い
・一目均衡表:買い
・パラボリック:買い
・アルーン:買い
・SMA:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ40下げ1
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ40上げ2
EMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ3
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ40上げ4
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
今週未使用
AO上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
MACD上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
ROC上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
SMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ5
実際上げ下げ上げ下げ下げ
オシレータ
CCI上げ
RSI576171698684
ストキャス
ティクス
94,9595,9891,8290,8979,6972,59

エネルギー

原油

[今週の相場まとめ]

月曜日はプレジデントデーの祝日で短縮取引となったが、テキサス州の寒波で暖房用需要が高まったことを材料に買われた。火曜日は新型コロナウイルスワクチンの接種拡大で原油需要が増加するとの見方から上昇したが、OPECプラスの増産観測が報道されて売られて横ばいで引けた。水曜日は寒波による原油供給の混乱を材料に買われた。利益確定売りが出て売られる場面もあったが、発表されたAPIの原油在庫は580万バレル減、ガソリン在庫390万バレル増、留出油在庫300万バレル減と原油在庫の減少となったことを材料に上昇した。木曜日は上昇で始まったが、寒波が緩む見通しから利食い売りが強まり下落した。この日発表のEIAの在庫統計では原油在庫が725万バレル減、ガソリン在庫67万バレル増、留出油在庫342万バレル減、オクラホマ州クッシング原油在庫302万バレル減となった。金曜日は寒波の後退による生産回復見通しとOPECプラスの増産の見方を材料に下落した。この日ベーカー・ヒューズ社発表の原油採掘用リグ稼働数は305基(前週比-1基)となり、前年11月下旬以来の減少となった。

[来週の見通し]

OPECプラスが3月4日に会合を開くため、来週は観測が飛び交う展開になるのではないだろうか。アメリカ南部の寒波による油田の閉鎖は解除に向かうが、製油所の復旧には更に1週間かかるともいわれている。続報に注意したい。来週APIは火曜日に週間在庫を発表、EIAは水曜日に週間在庫を発表する。

[テクニカル分析]

・RSI:買いの過熱感
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは中央付近へ
・パラボリック:買い
・ROC:買い
・SMA:買い
・一目均衡表:買い
・AO:買い

来週は上昇トレンド

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ60上げ1
ROC上げ上げ上げ上げ上げ60上げ2
SMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ3
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ60上げ4
EMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
今週未使用
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
MACD上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ60上げ5
実際上げ上げ上げ下げ下げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ上げ
RSI848688908375
ストキャス
ティクス
92,8692,9891,8995,9986,7171,42
天然ガス

[今週のまとめ]

月曜日はアメリカ南部に大寒波が到来し暖房用需要が増加したことを材料に上昇したが、利食い売りが出て上げ幅を削った。火曜日は寒波により天然ガス供給が止まっているとの報道を材料に上昇した。水曜日は寒波によるガス田の閉鎖で今後の供給が減少するとの見方から大幅上昇した。木曜日は前日の上昇から利食い売りが出た他、EIAが発表した週間天然ガス在庫の減少幅が237Bcf減と予想の256Bcf減より弱気な内容となったことや寒波が去り気温が上昇するとの予報が懸念材料となって下落した。金曜日は寒波によるガス田閉鎖の影響で需給がひっ迫するとの見方から上昇した。終盤寒波が緩むとの観測から売りが入り上げ幅を削った。

[来週の見通し]

アメリカ南部の寒波が緩むとは予想されているが、天然ガスの生産が元に戻るまでは数週間の時間が必要だと言われており、需給のひっ迫の見方が支援材料となると考えられる。一方で天気予報は気温上昇となっており今週末と同様な複雑な値動きが予想される。EIAは木曜日に週間在庫を発表する。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:やや買い、レートは+2σ付近
・ドンチャン:買い
・アルーン:買い
・MACD:買い
・SMA:買い
・一目均衡表:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ1
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ2
MACD上げ上げ上げ上げ上げ60上げ3
SMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ4
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
今週未使用
AO上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
ROC上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ60上げ5
実際下げ上げ上げ下げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ
RSI626466696760
ストキャス
ティクス
66,5366,8571,7682,8672,5667,58

貴金属

[今週の相場まとめ]

月曜日はプレジデントデーの祝日で値動きが小さく小幅下落で引けた。火曜日は大規模経済対策によるインフレ懸念を材料に買われたが、利食い売りが強く下落で引けた。水曜日は小幅な値動きで始まった後、好調な経済指標が懸念材料となって売られた。木曜日はワクチン接種による世界経済の回復期待から売りが入った。終盤買い戻しの動きが入り横ばいとなった。金曜日は銀につれ安で始まったが、追加経済対策によるインフレ懸念を材料に買いが入って7日ぶりの上昇となった。

[来週の見通し]

アメリカ政府による追加経済対策実施への期待、財政出動や金融緩和によるインフレ懸念が高まっていることが引き続き支援材料となる見通し。ただし、金の上昇に対する警戒感による利食い売りは強いため来週も軟調相場が続く可能性もあるので注意。

[テクニカル分析]

・RSI:下げの余地あり
・ストキャスティクス:下げの余地あり
・ボリンジャーバンド:やや売り、レートは-2σ付近へ
・MACD:買い
・AO:売り
・一目均衡表:売り
・SMA:売り
・アルーン:売り

来週は下落トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ下げ下げ下げ下げ80下げ
MACD下げ下げ下げ下げ下げ80下げ1
AO下げ下げ下げ下げ下げ80下げ2
一目均衡表下げ下げ下げ下げ下げ80下げ3
SMA下げ下げ下げ下げ下げ80下げ4
EMA下げ下げ下げ下げ下げ80下げ
今週未使用
パラボリック上げ上げ下げ下げ下げ40下げ
ドンチャン下げ下げ下げ下げ下げ80下げ
ROC下げ下げ下げ下げ下げ80下げ
アルーン下げ下げ上げ下げ下げ60下げ5
実際下げ下げ下げ下げ上げ
オシレータ
CCI下げ下げ下げ下げ
RSI404036333130
ストキャス
ティクス
51,4544,4233,1321,79,813,24
白金

[今週の相場まとめ]

月曜日はプレジデントデーの祝日で短縮取引だったが、白金の工業用需要の回復期待から強い買いが入って大幅上昇となった。火曜日は前日から引き続き上昇で始まったが、利食い売りが強まり下落した。水曜日は安値拾いの買いが入ったが、金の軟調を材料に売りが入って小幅下落となった。木曜日はダウの上昇を材料に買われて上昇した。金曜日は景気回復による白金の工業需要期待が支援材料となり上昇したが、利食い売りが出て横ばいで引けた。

[来週の見通し]

アメリカ政府の大規模追加経済対策の実施見込みが高まっている。また、中国を中心とした経済回復で自動車生産量が回復し白金の工業用需要が高まるとの見方から買いが入りやすい状態が続くと予想される。

[テクニカル分析]

・RSI:買いの過熱感
・ストキャスティクス:上げの余地り
・ボリンジャーバンド:買い、レートは一旦中央へ
・AO:買い
・パラボリック:買い
・EMA:買い
・一目均衡表:買い
・SMA:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ60上げ1
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ60上げ2
EMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ3
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ60上げ4
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
今週未使用
ROC上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
SMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ5
MACD上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
実際上げ下げ下げ上げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ上げ上げ上げ
RSI737775737671
ストキャス
ティクス
90,9191,9987,7179,6771,7471,71

穀物

来週天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:東側で雪。今後の雨量は平年以下から平年以上までまちまち。
気温:平年を上回る見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:広い範囲で雨。今後の雨量は平年を上回る見込み。
気温:平年並みの見込み。
天気予報(南米)
・ブラジル:北部を中心に雨。
・アルゼンチン(パンパ地域):降雨はなし。

大豆

[今週のまとめ]

月曜日はプレジデントデーの祝日で休場。火曜日は利食い売りが入った。ブラジルの収穫遅延を材料に買いが入ったが長続きせず小幅下落となった。水曜日は大きな材料がなく小幅な値動きだった。木曜日はアメリカ農務省による今シーズンのアメリカの大豆の作付面積予想が市場予想を上回ったことで下落した。金曜日はアメリカ農務省が今シーズンのアメリカの大豆生産量は前年を上回るが需給のひっ迫が続くと予想したことが支援材料となり上昇した。

[来週の見通し]

今週の農業フォーラムでアメリカ農務省は作付面積の増加などで2021年のアメリカ産大豆は過去最大の生産量となると予想している。一方で需要の拡大から需給は緩まないとも予想しており、支援材料となっている。南米の収穫の加速は懸念材料だが、作柄は今後数週間の天候次第となっている。中国の春節明けの購入の有無が材料となるのではないかと考えられる。USDAは月曜日に輸出検証高、木曜日に輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは中央付近
・SMA:買い
・アルーン:売り
・パラボリック:買い
・一目均衡表:買い
・AO:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ50上げ
アルーン下げ下げ下げ下げ50下げ2
パラボリック上げ上げ上げ上げ50上げ3
一目均衡表上げ上げ上げ上げ50上げ4
AO上げ上げ上げ上げ50上げ
EMA上げ上げ上げ上げ50上げ
今週未使用
MACD下げ下げ下げ下げ50下げ
ROC上げ上げ上げ上げ50上げ
SMA上げ上げ下げ上げ75上げ1
ドンチャン上げ上げ上げ上げ50上げ5
実際下げ上げ下げ上げ
オシレータ
CCI
RSI5653525653
ストキャス
ティクス
37,4751,6659,6360,5157,57
コーン

[今週のまとめ]

月曜日はプレジデントデーの祝日で休場。火曜日は利食い売りが入ったが順調な輸出を材料に上昇で引けた。水曜日は好調な輸出を材料に買われたが、利食い売りが出て上げ幅を削り小幅上昇となった。木曜日はアメリカ農務省による今シーズンのアメリカのコーンの作付面積予想が前年の作付面積を大きく上回ったことで下落した。金曜日はアメリカ農務省が今シーズンのアメリカのコーン生産量は前年を上回るものの、輸出やバイオエタノール向け需要の拡大で需給のひっ迫が続くと予想したことが支援材料となり上昇した、終盤手じまい売りが出て下落で引けた。

[来週の見通し]

今週の農業フォーラムでアメリカ農務省は2021年は作付面積が前年より拡大すると予想し、2021年のアメリカ産コーン生産量は大幅増となると予想しているが、中国向け需要やバイオエタノール向け需要の拡大から需給は緩まないとも予想しており支援材料となっている。このほか来週中国からの大口成約があるかどうかに注意したい。USDAは月曜日に輸出検証高、木曜日に輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]
・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは中央へ
・EMA:買い
・SMA:買い
・AO:買い
・一目均衡表:買い
・ROC:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ50上げ
EMA上げ上げ上げ上げ50上げ1
SMA上げ上げ上げ上げ50上げ2
AO上げ上げ上げ上げ50上げ3
一目均衡表上げ上げ上げ上げ50上げ4
MACD下げ下げ下げ下げ50下げ
今週未使用
パラボリック下げ下げ下げ下げ50下げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ50上げ
アルーン下げ下げ下げ下げ50下げ
ROC下げ上げ上げ下げ50下げ5
実際上げ上げ下げ下げ
オシレータ
CCI
RSI6259585747
ストキャス
ティクス
23,3039,5748,5755,5249,38


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせ、アポイント予約は
こちらからお気軽にご連絡ください。

Register

有料メルマガ登録

有料メルマガ登録をしていただいた方は
鍵マークのついた記事もご購読いただけます。