会員限定ページへログイン

IDとパスワードは半角英数字で入力してください。
最新情報をすぐに閲覧したい方は有料メルマガ登録(まぐまぐ!)をしてください。

  • ◆ ID
  • ◆ パスワード

週のまとめと来週の見通し
weekly_report

2021/04/06

相場分析2021年4月12日-4月16日

 

来週の経済指標カレンダー

重要な指標

・4月12日
USDA輸出検証高(大豆、コーン)
・4月13日
21時30分 アメリカコアCPI(ダウ、金)
29時30分 API原油在庫統計(原油)
・4月14日
23時30分 EIA原油在庫統計(原油)
・4月15日
21時30分 アメリカ3月小売売上高(ダウ、金)
21時30分 アメリカ新規失業保険申請件数(ダウ、金) 
23時30分 EIA天然ガス在庫統計(天然ガス)
USDA輸出成約高(大豆、コーン)
・4月16日 
11時00分 中国鉱工業生産(ダウ・金)
11時00分 中国Q1国内総生産(ダウ・金)
21時30分 アメリカ生産者物価指数(ダウ・金)
25時00分 USDA需給報告(大豆、コーン)
26時00分 ベーカー・ヒューズ石油採掘リグ稼働数(原油)

新型コロナウイルス感染状況情報

・全世界(リンク先 ジョンズ・ホプキンス大学
・アメリカ国内(リンク先 ニューヨークタイムス

今週の主な経済指標の結果
曜日    経済指標       予想      結果      
月曜日アメリカISM非製造業指数59.063.7
USDA輸出検証高(大豆)42.5万トン29.8万トン
USDA輸出検証高(コーン)169.5万トン191.2万トン
火曜日アメリカJOLT求職699.5万人736.7万人
API原油在庫132万バレル減260万バレル減
APIガソリン在庫460万バレル増
API留出油在庫280万バレル増
水曜日EIA原油在庫143万バレル減352万バレル減
EIAガソリン在庫404万バレル増
EIA留出油在庫145万バレル増
EIAクッシング在庫73万バレル減
EIA製油所稼働率83.9%
(前週)
84.0%
木曜日アメリカ新規失業保険申請件数68.0万件74.4万件
EIA天然ガス在庫22Bcf増20Bcf増
USDA輸出成約高(大豆)23.6万トン24.6万トン
USDA輸出成約高(コーン)85.7万トン75.7万トン
金曜日アメリカ生産者物価指数+0.5%+1.0%
べーカー・ヒューズ原油採掘リグ稼働数337基(前週)337基
べーカー・ヒューズ天然ガス採掘リグ稼働数91基(前週)93基

株式指数

ダウ

[今週の相場まとめ]

月曜日は好調な経済指標やバイデン政権の大規模インフラ投資計画の実施でアメリカ経済が回復するとの見方を材料に買われた。火曜日は連日の上昇に対する高値警戒感からアジア時間から利益確定売りが入って下落した。水曜日は小幅な値動きで始まり欧州時間にインフラ投資による経済の回復期待を材料に買いが入ったが、利食い売りが強まり下落で引けた。木曜日は1日を通して小幅な値動きだったが、NY時間になるとアメリカの金融緩和政策が維持されるとの見方を材料にじり高の展開となり上昇した。金曜日は小幅な値動きで始まったが、終盤にアメリカの新型コロナウイルスワクチン接種が加速していることや経済の回復期待を材料に上昇し最高値を更新して引けた。

[来週の見通し]

アメリカでの新型コロナウイルスワクチン接種が進んでいることやインフラ投資を目的とした大規模財政出動による景気回復期待が支援材料となると考えられる。一方で欧州や南米、インドなどで新型コロナウイルスの感染拡大が止まっていないことが懸念材料となると考えられる。

[テクニカル分析]

・RSI:買いの過熱感
・ストキャスティクス:買いの過熱感
・ボリンジャーバンド:買い、レートは+2σへ
・一目均衡表:買い
・ドンチャン:買い
・EMA:買い
・SMA:買い
・MACD:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ60上げ1
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ2
EMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ3
SMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ4
AO上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
今週未使用
ROC上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
MACD上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ5
実際上げ下げ下げ上げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ上げ
RSI556458627274
ストキャス
ティクス
88,9593,9392,8890,8888,8991,98

エネルギー

原油

[今週の相場まとめ]

月曜日は先週OPECプラスが増産に方針を転換したことや欧州で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを材料に売られた。火曜日は前日の下げの反動から買いが入って上昇した。取引終了時間間際に発表されたAPIの週間在庫は原油在庫26万バレル減、ガソリン在庫460万バレル増、留出油在庫280万バレル増とまちまちな結果で大きな影響はなかった。水曜日はイラン船をイスラエルが攻撃したとのニュースで一時的に上昇した。利食い売りが入って下落した後、ダウの上昇やアメリカと中国の原油需要が増大するとの期待から再度買われて引けた。EIAの在庫統計では原油在庫が352万バレル減、ガソリン在庫404万バレル増、留出油在庫145万バレル増、オクラホマ州クッシング原油在庫73万バレル減となったがまちまちな結果で大きな影響はなかった。木曜日はアメリカの行楽シーズンが始まり原油消費が伸びるとの見方から買われた。金曜日は欧州や南米での新型コロナウイルス拡大による需要減が懸念材料にアメリカと中国の需要改善が支援材料となったものの、大きな動きは無かった。この日ベーカー・ヒューズ社発表の原油採掘用リグ稼働数は337基(前週比+13基)となった。

[来週の見通し]

イランとアメリカとの間の会談は来週も行われる。現在のところ進展がないが、経済制裁解除に向けた進展があれば、原油相場が下落する事が考えられる。また、大規模インフラ投資案が発表されるなど米国経済の回復期待が高まっている事は支援材料となっているが、欧州や南米では新型コロナウイルスの再流行によって経済が落ち込むと予想されていることは懸念材料。来週も大きな材料なければ、今週と同様な値動きが予想される。来週火曜日にAPIから週間在庫、水曜日にEIAから週間在庫が発表される。

[テクニカル分析]

・RSI:下げの余地あり
・ストキャスティクス:下げの余地あり
・ボリンジャーバンド:売り、レートは中央へ
・アルーン:売り
・パラボリック:売り
・SMA:売り
・EMA:売り
・AO:売り

来週は下落トレンド

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
パラボリック下げ下げ下げ下げ下げ40下げ2
SMA下げ下げ下げ下げ下げ40下げ3
EMA下げ下げ下げ下げ下げ40下げ4
MACD下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ60下げ1
今週未使用
ドンチャン下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
ROC上げ下げ下げ上げ下げ40上げ
一目均衡表下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
AO下げ下げ下げ下げ下げ40下げ5
実際下げ上げ上げ上げ下げ
オシレータ
CCI
RSI413839415045
ストキャス
ティクス
49,7946,3049,3838,4544,4843,37
天然ガス

[今週のまとめ]

月曜日は気温上昇で天然ガス需要が伸び悩むとの見方から売られた。火曜日は安値拾いの買いが入って上昇したが、気温上昇による需要減退が懸念材料となり売られた。水曜日は天気予報が気温低下となったことや、好調なアメリカ産のLNG輸出を材料に買われた。木曜日は大きな動き無く横ばいだった。23時半にEIAが発表した週間天然ガス在庫は予想の22Bcf増に対し20Bcf増と強気な内容となったが、影響はなかった。金曜日は気温低下の天気予報が支援材料となったが、輸出基地のメンテナンスでLNG輸出が減少するとの見方が懸念材料となり横ばいとなった。

[来週の見通し]

これまでLNGの輸出が好調なことが支援材料となっていたが、輸出基地の1か所がメンテナンスにより約6週間にわたって止まり輸出量が減少することが懸念材料となる。他の輸出基地のメンテナンス情報にも注意を払いたい。EIAは木曜日に週間在庫を発表する。

[テクニカル分析]

・RSI:下げの余地あり
・ストキャスティクス:下げの余地あり
・ボリンジャーバンド:売り、レートは中央へ
・ドンチャン:売り
・AO:売り
・SMA:売り
・一目均衡表:売り
・EMA:売り

来週は下落トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ下げ下げ下げ下げ40下げ
パラボリック上げ下げ下げ下げ下げ40下げ
ドンチャン下げ下げ下げ下げ下げ60下げ1
MACD上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
SMA下げ下げ下げ下げ下げ60下げ2
ROC上げ下げ下げ下げ上げ20下げ
今週未使用
AO下げ下げ下げ下げ下げ60下げ3
一目均衡表下げ下げ下げ下げ下げ60下げ4
アルーン下げ上げ下げ下げ下げ20下げ
EMA下げ下げ下げ下げ下げ60下げ5
実際下げ下げ上げ上げ下げ
オシレータ
CCI下げ
RSI525141485347
ストキャス
ティクス
71,7353,1932,315,2316,2726,27

貴金属

[今週の相場まとめ]

月曜日はアメリカ経済の回復期待が懸念材料、好景気によるインフレ懸念が支援材料となり、一日を通して大きな動き無く横ばいで引けた。火曜日は安値拾いの買いが入って大きく上昇したが利食い売りやアメリカ経済への回復期待が懸念材料となり上げ幅を削った。水曜日はアメリカ経済の回復期待を材料に売られた。木曜日はアメリカの金融緩和政策が維持されるとの見方を材料に上昇した。金曜日は長期金利の上昇を材料に売られたが、アメリカでインフレが進むとの見方を材料に終盤買い戻されて下げ幅を削った。

[来週の見通し]

アメリカ経済の回復期待から長期金利が上昇しやすくなっていることが懸念材料となっている。一方で、欧州や南米を中心に新型コロナウイルスの感染拡大が進んでいることや、追加の経済対策実施でアメリカでインフレ懸念が高まっていることが支援材料となると考えられる。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:買いの過熱感
・ボリンジャーバンド:買い、レートは中央付近
・MACD:買い
・ドンチャン:買い
・パラボリック:買い
・ROC:買い
・アルーン:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ下げ下げ下げ上げ20上げ
AO下げ下げ下げ下げ上げ20上げ
EMA下げ下げ下げ下げ上げ20上げ
一目均衡表下げ下げ下げ下げ上げ20上げ
SMA下げ下げ上げ上げ上げ20上げ
MACD上げ上げ上げ上げ上げ60上げ1
今週未使用
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ2
パラボリック下げ上げ上げ上げ上げ40上げ3
アルーン下げ下げ下げ下げ上げ20上げ5
ROC下げ上げ上げ上げ上げ40下げ4
実際上げ上げ下げ上げ下げ
オシレータ
CCI上げ
RSI504849505351
ストキャス
ティクス
40,7575,7482,9686,8893,9688,81
白金

[今週の相場まとめ]

月曜日は小幅な値動きで始まったが、NY時間になるとダウの上昇を材料に買われた。火曜日は欧州時間まで小幅な値動きとなったが、NY時間になると金の上昇を材料に上昇した。水曜日は利食い売りや金の下落を材料に下落した。その後、金の上昇を材料に買い戻されたが売り直されて下落で引けた。木曜日はダウの下落を材料に売られたが、終盤にダウが反転すると買い戻されて小幅上昇となった。金曜日は金の下落を材料に売られた後、金の上昇を材料に買い戻される場面もあったが、売り直されて下落で引けた。

[来週の見通し]

金と同様に長期金利の上昇が懸念材料だが、アメリカや中国の景気回復による工業用需要の拡大期待やダウの上昇が支援材料となっている。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:横ばい、レートは中央付近
・ドンチャン:買い
・一目均衡表:買い
・パラボリック:買い
・MACD:買い
・SMA:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ上げ
一目均衡表下げ上げ上げ上げ上げ40上げ2
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ40上げ3
MACD下げ上げ上げ上げ上げ40上げ4
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ1
ROC上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
今週未使用
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
AO下げ下げ上げ上げ上げ20上げ
SMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ5
実際上げ上げ下げ上げ下げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ上げ
RSI524856535853
ストキャス
ティクス
52.9894,8894,9788,8187,8372,52

穀物

来週天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:広い範囲で雨。今後の雨量は平年以下の見込み。
気温:平年以下の見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:降雨はなし。今後の雨量は平年以下の見込み。
気温:平年以下の見込み。
天気予報(南米)
・ブラジル:広い範囲で降雨なし。
・アルゼンチン(パンパ地域):広い範囲で雨。

大豆

[今週のまとめ]

月曜日は安値拾いの買いが入ったが、ブラジルでの大豆収穫を進展を材料に売られて横ばいとなった。火曜日はアメリカでの作付面積が予想より少なく大豆需給が締まるとの見方を材料に買われたが、終盤利食い売りが入って上げ幅を削った。水曜日はブラジルやアルゼンチンの大豆輸出が本格化し需給が緩むとの見方から売られて小幅下落となった。木曜日はブラジル国家食糧公社がブラジル産大豆の生産量を引き上げたことを材料に売られたが、翌日の需給報告を控えポジション調整の買いが入って上昇した。金曜日は需給報告でブラジルの大豆生産量が200万トン引き上げられたことを材料に売られて一時1400セントを割り込んだが、終盤買い戻され1400セント台を回復して引けた。

[来週の見通し]

需給報告でブラジルの大豆生産量が引き上げられたこと、アメリカが今年も豊作となるとの見方から、今後世界の大豆需給が緩むとの見方が懸念材料となる。中国向けの大口成約が連続しない限りは下落が続くだろう。USDAは月曜日に輸出検証高、木曜日に輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]

・RSI:下げの余地あり
・ストキャスティクス:下げの余地あり
・ボリンジャーバンド:売り、レートは中央付近
・SMA:売り
・MACD:売り
・AO:買い
・一目均衡表:売り
・EMA:買い

来週は下落トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ下げ下げ下げ下げ60下げ
MACD下げ下げ下げ下げ下げ60下げ2
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
AO下げ下げ下げ上げ上げ60上げ3
SMA下げ下げ下げ上げ下げ80下げ1
ROC下げ下げ上げ下げ下げ40下げ
今週未使用
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ5
一目均衡表下げ上げ上げ上げ上げ60下げ4
ドンチャン上げ下げ上げ下げ上げ0下げ
実際下げ上げ下げ上げ下げ
オシレータ
CCI
RSI474849485446
ストキャス
ティクス
48,4064,5261,6053,4754,5447,41
コーン

[今週のまとめ]

月曜日は小幅な値動きが続いたが、NY時間になると利食い売りが入って下落した。火曜日はブラジルの農業会社がブラジルのコーン生産量予測を400万トン引き下げたことを材料に買いが入ったが、NY時間になると利食い売りが入って横ばいとなった。水曜日は金曜日の需給報告でアメリカの期末在庫が大きく減少するとの予想を受けて上昇した。木曜日はブラジルの国家食糧公社がブラジル産大豆の生産量を引き下げたことで、今後需給がひっ迫するとの見方から買われた。金曜日は発表された需給報告でアメリカの期末在庫が予想の13.96億ブッシェルを大きく下回る13.52億ブッシェルと発表されたことで一時急上昇したが、利食い売りが入って下落で引けた。

[来週の見通し]

需給報告ではアメリカの期末在庫が市場の予想以上の減少となったこと、作付け遅れによりブラジルの2期目のコーンの生産量が引き下げられたことが支援材料となっている。今後のブラジルの天候やアメリカのコーンの作付進捗に注意したい。USDAは月曜日に輸出検証高、木曜日に輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]
・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:やや買い、レートは+2σへ付近
・MACD:買い
・EMA:買い
・アルーン:買い
・一目均衡表:買い
・ドンチャン:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
MACD上げ上げ上げ上げ上げ40上げ1
EMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ2
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ40上げ3
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ40上げ4
SMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
今週未使用
パラボリック上げ上げ下げ上げ上げ40上げ
ROC上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
ドンチャン上げ下げ下げ上げ上げ40上げ5
実際下げ下げ上げ上げ下げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ
RSI595250526559
ストキャス
ティクス
56,5163,3844,4245,5563,9272,70


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせ、アポイント予約は
こちらからお気軽にご連絡ください。

Register

有料メルマガ登録

有料メルマガ登録をしていただいた方は
鍵マークのついた記事もご購読いただけます。