会員限定ページへログイン

IDとパスワードは半角英数字で入力してください。
最新情報をすぐに閲覧したい方は有料メルマガ登録(まぐまぐ!)をしてください。

  • ◆ ID
  • ◆ パスワード

週のまとめと来週の見通し
weekly_report

2021/04/24

相場分析2021年4月26日-4月30日

 

来週の経済指標カレンダー

重要な指標

・4月26日
21時30分 アメリカコア耐久財受注(ダウ、金)
USDA輸出検証高(大豆、コーン)
・4月27日
FOMC(~28日)
23時00分 アメリカ消費者信頼感指数(ダウ、金)
29時30分 API原油在庫統計(原油)
・4月28日
23時30分 EIA原油在庫統計(原油)
27時30分 FOMC記者会見、議長声明(全て)
・4月29日
21時30分 アメリカ新規失業保険申請件数(ダウ、金)
23時00分 アメリカQ1国内総生産(ダウ、金)
23時30分 EIA天然ガス在庫統計(天然ガス)
USDA輸出成約高(大豆、コーン)
・4月30日 
10時00分 中国製造業PMI(ダウ、金)
26時00分 ベーカー・ヒューズ石油採掘リグ稼働数(原油)

新型コロナウイルス感染状況情報

・全世界(リンク先 ジョンズ・ホプキンス大学
・アメリカ国内(リンク先 ニューヨークタイムス

今週の主な経済指標の結果
曜日    経済指標       予想      結果      
月曜日USDA輸出検証高(大豆)32.7万トン18.3万トン
USDA輸出検証高(コーン)158.5万トン152.4万トン
火曜日API原油在庫286万バレル減40万バレル増
APIガソリン在庫160万バレル減
API留出油在庫70万バレル増
水曜日EIA原油在庫297万バレル減30万バレル増
EIAガソリン在庫3万バレル増
EIA留出油在庫107万バレル減
EIAクッシング在庫131万バレル減
EIA製油所稼働率85.0%
(前週)
85.0%
木曜日アメリカ新規失業保険申請件数61.7万件54.7万件
アメリカ3月中古住宅販売戸数619万件601万件
EIA天然ガス在庫46Bcf増38Bcf増
USDA輸出成約高(大豆)35.5万トン37.9万トン
USDA輸出成約高(コーン)38.0万トン41.07万トン
金曜日アメリカ3月新築住宅販売戸数88.6万件102.1万件
べーカー・ヒューズ原油採掘リグ稼働数344基(前週)343基
べーカー・ヒューズ天然ガス採掘リグ稼働数94基(前週)94基

株式指数

ダウ

[今週の相場まとめ]

月曜日は下窓が開いて始まった。利食い売りと買いのどちらも優勢とならない小幅な値動きとなり小幅の下落となった。火曜日は世界各地で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを材料に売られた。水曜日は小幅な値動きで始まったが、アメリカの景気回復期待から買われた。木曜日は立会時間開始直後に利食い売りが入ったが景気回復期待で買い戻された。その後バイデン政権のキャピタルゲイン増税案が報道されると売られた。金曜日は増税懸念から売られて始まったが、アメリカの景気回復期待から上昇した。

[来週の見通し]

ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンが使用再開になったこと、好調な経済指標により夏に向けてアメリカの景気が回復するとの期待が高まっていることが支援材料となると考えられる。一方でバイデン政権による富裕層増税の方針が発表されたこと、欧州や南米、インドなどで新型コロナウイルスの感染拡大が止まっていないこと、新疆ウイグルや南シナ海を巡る米中対立の激化が懸念材料となると考えられる。来週開催されるFOMC後に発表される金融政策にも注目したい。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは+2σへ
・一目均衡表:買い
・ドンチャン:買い
・EMA:買い
・SMA:買い
・ROC:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ40上げ1
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ40上げ2
EMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ3
SMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ4
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
今週未使用
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
ROC上げ上げ上げ上げ上げ40上げ5
MACD上げ上げ上げ上げ下げ20下げ
実際下げ下げ上げ上げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ
RSI757163685963
ストキャス
ティクス
91,9390,8276,5374,8761,4367,70

エネルギー

原油

[今週の相場まとめ]

月曜日は終日小幅な値動きだったが、終盤ドル安を背景にじり高となって引けた。火曜日はインドなど世界各地で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを材料に売られた。取引終了時間間際に発表されたAPIの週間在庫は原油在庫40万バレル増、ガソリン在庫160万バレル減、留出油在庫70万バレル増となり原油在庫の増加を材料に売られた。水曜日は新型コロナウイルスの感染が拡大でインドなどアジア諸国で原油需要が落ち込むとの見方から売られた。EIAの週間統計が原油在庫が30万バレル増、ガソリン在庫3万バレル増、留出油在庫107万バレル増、オクラホマ州クッシング原油在庫131万バレル減となり、原油在庫が増加したが大きな影響はなかった。木曜日は安値拾いの買いが入った後、ダウの下落や原油需要減の見方から売られたが終盤買い戻されて上昇した。金曜日は大きな動きは無く、ほぼ横ばいで引けた。この日ベーカー・ヒューズ社発表の原油採掘用リグ稼働数は343基(前週比-1基)となった。

[来週の見通し]

インドや欧州、南米で新型コロナウイルス流行拡大し原油需要が落ち込むと予想されていることが懸念材料となる。アメリカの景気回復による原油需要の増加期待はバイデン政権がグリーン産業の拡大方針により大きなものではないと考えられる。サウジアラビアとイランの間で関係改善の動きが進んでいることは懸念材料となりそう。来週火曜日にAPIから週間在庫、水曜日にEIAから週間在庫が発表される。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:やや買い、レートは中央付近
・一目均衡表:方向感なし
・AO:買い
・ROC:買い
・アルーン:買い
・MACD:買い

来週は上昇トレンド

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
ROC上げ上げ上げ上げ上げ40上げ3
一目均衡表下げ下げ下げ方向感なし方向感なし60方向感なし1
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ40上げ4
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
今週未使用
SMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
AO下げ上げ上げ上げ上げ60上げ2
MACD上げ上げ上げ上げ上げ40上げ5
実際下げ下げ下げ上げ上げ
オシレータ
CCI上げ
RSI575854495152
ストキャス
ティクス
90,8792,9383,8968,4254,5251,59
天然ガス

[今週のまとめ]

月曜日は好調な天然ガス輸出を材料に買われた。火曜日は欧州時間にじり高となった後、寒波後の気温上昇で暖房用需要が減るとの見方から売られた。水曜日も気温の上昇予報による暖房用需要の減少見込みを材料に売られた。木曜日は暖房用需要の減少見通しから売りが入ったが、好調な天然ガス輸出や23時半にEIAが発表した週間天然ガス在庫が予想の46Bcf増に対し38Bcf増と強気な内容となったことが支援材料となる上昇した。金曜日は暖房用需要の減少見込みが懸念材料となったが 1日を通して大きな動き無く小幅下落となった。

[来週の見通し]

LNGやパイプラインを使っての天然ガスの輸出が好調なことが支援材料となっている一方で気温の上昇予報が懸念材料となりそう。EIAは木曜日に天然ガスの週間在庫を発表する。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:買いの過熱感
・ボリンジャーバンド:やや買い、レートは+2σへ
・パラボリック:買い
・アルーン:買い
・ドンチャン:買い
・ROC:買い
・EMA:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ40上げ1
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ40上げ2
ドンチャン上げ上げ上げ上げ下げ40上げ3
ROC上げ上げ上げ上げ上げ40上げ4
MACD上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
今週未使用
SMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ5
実際上げ下げ下げ上げ下げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ
RSI566059565057
ストキャス
ティクス
87,9393,9592,8887,7885,8681,7

貴金属

[今週の相場まとめ]

月曜日は欧州時間に買いが入ったがアメリカの長期金利が上昇したことを材料に下落した。火曜日は長期金利が低下に転じたことを材料に買われた。水曜日も長期金利の低下が支援材料になり1800ドル手前まで上昇したが、利食い売りが出て上げ幅を削った。木曜日は利食い売りが出て売られたが、終盤買い戻されて下げ幅を削った。金曜日はダウの上昇を材料に利食い売りが出て下落した。終盤は材料がなく横ばいだった。

[来週の見通し]

来週もアメリカの長期金利の高下が取引材料となると考えられる。インドや欧州、ブラジルを中心に新型コロナウイルスの感染拡大が進んでいることやは支援材料となる。来週開催されるFOMC後の記者会見や新疆ウイグルや南シナ海を巡る米中間の対立情報に注意したい。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは+2σ付近
・MACD:買い
・ドンチャン:買い
・パラボリック:買い
・ROC:買い
・一目均衡表:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
MACD上げ上げ上げ上げ上げ40上げ1
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ40上げ2
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ40上げ3
ROC上げ上げ上げ上げ上げ40上げ4
SMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
今週未使用
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ40下げ5
実際下げ上げ上げ下げ下げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ上げ
RSI595860635957
ストキャス
ティクス
77,8882,7180,8283,9486,8182,71
白金

[今週の相場まとめ]

月曜日は高下を繰り返す展開となった。金の下落を材料に売られたが、終盤じり高の展開となり上昇で引けた。火曜日は金の上昇を材料に買われたが、ダウの下落を材料に売られて下落で引けた。水曜日は金やダウの上昇を材料に上昇した。木曜日は金やダウの下落を材料に売られ一時1200ドルを割り込んだ。金曜日は欧州時間が始まると上昇したが、金の下落を材料に売られて上げ幅を削った。

[来週の見通し]

金と同様に長期金利の高下が取引材料となっている。引き続き世界経済の回復期待によるダウの上昇は支援材料となる。来週開催されるFOMC後の記者会見や新疆ウイグルや南シナ海を巡る米中間の対立情報に注意したい。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:横ばい、レートは中央付近
・一目均衡表:買い
・AO:買い
・アルーン:買い
・ドンチャン:買い
・MACD:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ60上げ1
AO上げ上げ上げ上げ上げ60上げ2
ドンチャン上げ上げ下げ上げ上げ40下げ4
SMA下げ下げ上げ上げ上げ40上げ
EMA下げ上げ上げ上げ上げ40上げ
今週未使用
パラボリック上げ下げ下げ下げ下げ40上げ
MACD下げ下げ下げ上げ上げ40上げ5
ROC下げ上げ下げ下げ下げ20上げ
アルーン下げ下げ下げ下げ上げ60上げ3
実際上げ下げ上げ下げ上げ
オシレータ
CCI上げ 
RSI525448545256
ストキャス
ティクス
39,5353,6150,3686,7358,6671,75

穀物

来週天気予報

天気予報(アメリカ)

・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:広い範囲で雨。今後の雨量は平年並みの見込み。
気温:平年並みの見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:広い範囲で雨やみぞれ。今後の雨量は平年以上の見込み。
気温:平年並みの見込み。
天気予報(南米)
・ブラジル:ほぼ降雨なし。
・アルゼンチン(パンパ地域):東側で雨。

大豆

[今週のまとめ]

月曜日はアメリカ中西部に寒波が到来し作付が遅れるとの見方から上昇した。火曜日も寒波によるアメリカ産大豆の作付遅れ懸念が支援材料となった。水曜日はアメリカ中西部の寒波に加えて大豆油相場の上昇を材料に買いが入って20セントを超える大幅上昇となった。木曜日も寒波と大豆油の上昇が支援材料となり、30セント以上の大幅上昇となって1500セントを突破した。金曜日は欧州時間までは利食い売りが優勢だったが、NY時間となると大豆需給のひっ迫見通しや大豆油の上昇を材料に上昇した。

[来週の見通し]

大豆の需給ひっ迫と大豆油など植物油の需給ひっ迫、寒波によるアメリカ産大豆の作付遅れ懸念が来週も支援材料となると考えられる。クロッププログレスレポートで農作業に遅延が見られるかに注目したい。USDAは月曜日に輸出検証高とクロッププログレスレポート、木曜日に輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]

・RSI:買いの過熱感
・ストキャスティクス:買いの過熱感
・ボリンジャーバンド:買い、レートは+2σでバンドウォーク
・アルーン:買い
・EMA:買い
・ROC:買い
・SMA:買い
・一目均衡表:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ100上げ
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ100上げ1
EMA上げ上げ上げ上げ上げ100上げ2
ROC上げ上げ上げ上げ上げ100上げ3
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ100上げ4
SMA上げ上げ上げ上げ上げ100上げ
今週未使用
MACD上げ下げ上げ上げ上げ100上げ
AO下げ上げ上げ上げ上げ80上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ100上げ5
パラボリック下げ上げ上げ上げ上げ80上げ
実際上げ上げ上げ上げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ上げ上げ上げ
RSI565964687273
ストキャス
ティクス
63,9278,9291,8893,9994,9496,94
コーン

[今週のまとめ]

月曜日はアメリカ中西部への寒波到来で農作業やコーンの発芽が遅れるとの見方から買われた。火曜日も引き続き寒波による農作業遅れ懸念、ブラジル産コーンの作柄悪化懸念を材料に買いが入った。水曜日は連日の上昇で利食い売りが入ったが、寒波による農作業の遅延懸念と乾燥によるブラジル産コーンの作柄悪化を支援材料に買いが入った。木曜日もアメリカ中西部への寒波到来で農作業の遅延懸念と乾燥によるブラジル産コーンの作柄悪化を支援材料に大幅上昇しストップ高となった。金曜日は利食い売りが出たが、終盤コーンの需給ひっ迫を材料に上昇した。

[来週の見通し]

ブラジルの2期目のコーン産地では乾燥が進んでおり、栽培されているコーンの生産量が今後大幅に引き下げられるとの見方や寒波によるアメリカ産コーンの作付遅れ懸念が引き続き支援材料となると考えられる。今週アメリカ中西部に到来した寒波でどの程度農作業が停止などの被害が出たのかをクロッププログレスレポートで確認したい。USDAは月曜日に輸出検証高とクロッププログレスレポート、木曜日に輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]
・RSI:買いの過熱感
・ストキャスティクス:買い過熱感
・ボリンジャーバンド:買い、レートは+2σでバンドウォーク
・MACD:買い
・EMA:買い
・アルーン:買い
・一目均衡表:買い
・ROC:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ100上げ
MACD上げ上げ上げ上げ上げ100上げ1
EMA上げ上げ上げ上げ上げ100上げ2
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ100上げ3
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ100上げ4
AO上げ上げ上げ上げ上げ100上げ
今週未使用
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ100上げ
SMA上げ上げ上げ上げ上げ100上げ
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ100上げ
ROC上げ下げ上げ上げ上げ100上げ5
実際上げ上げ上げ上げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ上げ
RSI626469737879
ストキャス
ティクス
81,7177,8182,9390,9496.10098.99


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせ、アポイント予約は
こちらからお気軽にご連絡ください。

Register

有料メルマガ登録

有料メルマガ登録をしていただいた方は
鍵マークのついた記事もご購読いただけます。