会員限定ページへログイン

IDとパスワードは半角英数字で入力してください。
最新情報をすぐに閲覧したい方は有料メルマガ登録(まぐまぐ!)をしてください。

  • ◆ ID
  • ◆ パスワード

週のまとめと来週の見通し
weekly_report

2021/05/01

相場分析2021年5月3日-5月7日

 

来週の経済指標カレンダー

重要な指標

・5月3日
23時00分 アメリカISM製造業購買担当者景況指数(ダウ、金)
USDA輸出検証高(大豆、コーン)
・5月4日
29時30分 API原油在庫統計(原油)
・5月5日
23時00分 アメリカISM非製造業景況指数(ダウ、金)
23時30分 EIA原油在庫統計(原油)
・5月6日
21時30分 アメリカ新規失業保険申請件数(ダウ、金)
23時30分 EIA天然ガス在庫統計(天然ガス)
USDA輸出成約高(大豆、コーン)
・5月7日 
21時30分 アメリカ雇用統計(全て)
26時00分 ベーカー・ヒューズ石油採掘リグ稼働数(原油)

新型コロナウイルス感染状況情報

・全世界(リンク先 ジョンズ・ホプキンス大学
・アメリカ国内(リンク先 ニューヨークタイムス

今週の主な経済指標の結果
曜日    経済指標       予想      結果      
月曜日USDA輸出検証高(大豆)18.3万トン23.3万トン
USDA輸出検証高(コーン)152.4万トン191.5万トン
アメリカコア耐久財受注1.6%増1.6%増
火曜日アメリカ消費者信頼感指数113.0121.7
API原油在庫37万バレル増430万バレル増
APIガソリン在庫130万バレル減
API留出油在庫240万バレル減
水曜日EIA原油在庫65万バレル増9万バレル増
EIAガソリン在庫9万バレル増
EIA留出油在庫334万バレル減
EIAクッシング在庫72万バレル増
EIA製油所稼働率85.0%
(前週)
85.4%
木曜日アメリカ新規失業保険申請件数54.9万件55.3万件
アメリカQ1国内総生産6.1%増6.4%増
EIA天然ガス在庫10Bcf増15Bcf増
USDA輸出成約高(大豆)37.9万トン73.1万トン
USDA輸出成約高(コーン)41.07万トン107.5万トン
金曜日中国製造業PMI51.751.1
べーカー・ヒューズ原油採掘リグ稼働数343基(前週)342基
べーカー・ヒューズ天然ガス採掘リグ稼働数94基(前週)96基

株式指数

ダウ

[今週の相場まとめ]

月曜日はアメリカの景気回復期待から買われたが、バイデン政権による大規模増税計画が発表されると売りが強まり下落で引けた。火曜日はバイデン政権の増税計画が懸念材料となり売られたが、終盤アメリカの景気回復期待から買い戻されて横ばいとなった。水曜日もバイデン政権による増税案が懸念材料だった。FOMC終了後緩和政策の据え置きを材料に買われたが、パウエルFRB議長が記者会見で市場のバブルについて言及したことを材料に下落した。木曜日も増税懸念から売られる場面があったが、アメリカの景気回復期待を材料に上昇して引けた。金曜日は月末の利益確定売りが強く下落で引けた。

[来週の見通し]

欧州や南米、インドなどで新型コロナウイルスの感染拡大が止まっていないこと、新疆ウイグルや南シナ海を巡る米中対立の激化、バイデン政権による増税提案が懸念材料となっている。一方で、中国とアメリカの景気回復期待が支援材料となっている。来週発表される雇用統計に注意したい。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは中央付近
・MACD:売り
・パラボリック:売り
・一目均衡表:買い
・ドンチャン:買い
・AO:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ20上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ20上げ3
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ20上げ4
EMA上げ上げ上げ上げ上げ20上げ
SMA上げ上げ上げ上げ上げ20上げ
ROC上げ上げ上げ上げ上げ20下げ
今週未使用
パラボリック上げ上げ上げ上げ下げ40下げ2
アルーン上げ上げ上げ下げ下げ20上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ20上げ5
MACD下げ下げ下げ下げ下げ80下げ1
実際下げ下げ下げ上げ下げ
オシレータ
CCI
RSI616261575553
ストキャス
ティクス
67,7059,1463,5548,2649,6645,41

エネルギー

原油

[今週の相場まとめ]

月曜日はインドでの新型コロナウイルスの拡大と、リビアが輸出を再開したことを材料に売られた。終盤アメリカの景気回復期待から買い戻されて横ばいとなった。火曜日はOPECプラスがJMMC(共同閣僚監視委員会)後の声明で原油需要の増加について言及したことやアメリカの景気回復期待を材料に上昇した。取引終了時間間際に発表されたAPIの週間在庫は原油在庫430万バレル減、ガソリン在庫130万バレル減、留出油在庫240万バレル減となり原油在庫の増加が懸念材料となった。水曜日は需要増期待から買いが入った。EIAの週間統計が原油在庫が9万バレル増、ガソリン在庫9万バレル増、留出油在庫334万バレル増、オクラホマ州クッシング原油在庫72万バレル増となり、原油在庫が増加したが大きな影響はなかった。終盤に利食い売りが入って上げ幅を削った。木曜日は需要回復期待から買われたが、高値警戒感やダウの下落を材料に売られた。終盤にアメリカの景気回復による原油需要増の見方から上昇して引けた。金曜日は高値警戒感による利食い売りが強まり下落で引けた。この日ベーカー・ヒューズ社発表の原油採掘用リグ稼働数は342基(前週比-1基)となった。

[来週の見通し]

中国やアメリカの原油消費が景気回復により伸びると見方が支援材料となっている。逆にインドや欧州、南米で新型コロナウイルス流行拡大していることは懸念材料となりうる。来週火曜日にAPIから週間在庫、水曜日にEIAから週間在庫が発表される他、金曜日の中国の貿易統計とアメリカの雇用統計の発表に注意したい。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:やや買い、レートは+σ付近
・AO:買い
・ROC:買い
・アルーン:買い
・MACD:買い
・EMA:買い

来週は上昇トレンド

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
一目均衡表方向感なし方向感なし上げ上げ上げ40上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ80上げ1
ROC上げ上げ上げ上げ上げ80上げ2
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ80上げ3
MACD上げ上げ上げ上げ上げ80上げ4
今週未使用
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
SMA上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ80上げ5
実際上げ上げ上げ上げ下げ
オシレータ
CCI上げ上げ
RSI675567687565
ストキャス
ティクス
51,5953,4958,6764,7777,8775,59
天然ガス

[今週のまとめ]

月曜日は欧州時間には売られたが、NY時間になると好調な輸出を材料に買われた。火曜日は需要増加期待を材料に欧州時間から買われて上昇した。水曜日は天然ガスの生産減少見込みと好調な輸出を材料に買われたが、終盤に利食い売りが入って上げ幅を削った。木曜日は23時半にEIAが発表した週間天然ガス在庫が予想の10Bcf増に対し15Bcf増と弱気な内容となったことを材料に売られた。金曜日は好調な輸出需要を材料に小幅上昇した。

[来週の見通し]

LNGなど天然ガスの輸出が好調なこと、来週以降気温の低下予報が支援材料となっている。EIAは木曜日に天然ガスの週間在庫を発表する。

[テクニカル分析]

・RSI:買いの過熱感
・ストキャスティクス:買いの過熱感
・ボリンジャーバンド:やや買い、レートは+2σ付近
・パラボリック:買い
・アルーン:買い
・ドンチャン:買い
・ROC:買い
・一目均衡表:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ80上げ1
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ80上げ2
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ80上げ3
ROC上げ上げ上げ上げ上げ80上げ4
EMA上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
今週未使用
MACD上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
SMA上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ80上げ5
実際上げ下げ上げ下げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ上げ上げ
RSI718485868080
ストキャス
ティクス
71,7687,9690,9896,9490,7887,89

貴金属

[今週の相場まとめ]

月曜日は利食い売りで始まったが、アメリカのインフレ懸念を材料に買いが入って上昇した。火曜日はFOMC前の様子見となり値動きは小さかったが、終盤アメリカの長期金利が上昇したことを受けて売られた。水曜日はFOMC後に金融緩和策が継続されるとの声明が出たことやアメリカの長期金利が下落したことを受けて買われた。木曜日は上昇で始まったが、アメリカの長期金利が上昇に転じたことを材料に売られた。金曜日は大きな材料なく小さな値動きとなり小幅下落となった。。

[来週の見通し]

アメリカの長期金利の高下で相場が動き易い展開が来週も続くと考えられる。インドや欧州、ブラジルを中心とする新型コロナウイルスの感染拡大は支援材料、アメリカ経済の回復期待は懸念材料となるだろう。来週発表される雇用統計に注目したい。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは中央付近
・パラボリック:売り
・アルーン:売り
・MACD:買い
・ドンチャン:買い
・SMA:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
MACD上げ上げ上げ上げ上げ40上げ3
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ40上げ4
パラボリック上げ上げ上げ下げ下げ80下げ1
ROC上げ上げ上げ上げ上げ40下げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
今週未使用
SMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
アルーン上げ上げ上げ上げ下げ60下げ2
AO上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ5
実際上げ下げ上げ下げ下げ
オシレータ
CCI下げ
RSI646262595963
ストキャス
ティクス
82,7177,7772,6773,7459,3747,30
白金

[今週の相場まとめ]

月曜日は金の下落を材料に売られたが、金が反転すると白金もつれ高となり上昇した。火曜日はアメリカの長期金利の上昇や棋院の下落を材料に売られた。水曜日は小幅な値動きで始まったが利食い売りが入って下落した。NY時間になると金の上昇を材料に買られる買い戻され下げ幅を削った。木曜日はアメリカの長期金利の上昇と金の下落を材料に下落した。金曜日は欧州時間になると買いが入ったが、NY時間になると利食い売りに押されて横ばいとなった。

[来週の見通し]

アメリカ経済の回復期待によるダウの上昇が支援材料となっている。中国の景気回復期待も支援材料だが、新疆ウイグルや南シナ海を巡っての米中間の対立情報に注意したい。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:横ばい、レートは中央付近
・一目均衡表:買い
・AO:買い
・ドンチャン:買い
・MACD:売り
・ROC:売り

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ40上げ1
AO上げ上げ上げ上げ上げ40上げ2
アルーン上げ上げ上げ上げ下げ20下げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ40上げ3
MACD上げ上げ上げ上げ上げ40下げ4
今週未使用
SMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
ROC上げ上げ上げ上げ上げ40下げ5
実際上げ下げ下げ下げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ 
RSI535150474956
ストキャス
ティクス
71,7558,9380,7274,5654,3240,31

穀物

来週天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:一部で雨。今後の雨量は平年以上の見込み。
気温:平年以下の見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:一部で雨。今後の雨量は平年以上の見込み。
気温:平年以下の見込み。
天気予報(南米)

・ブラジル:降雨はなし。
・アルゼンチン(パンパ地域):降雨はなし。

大豆

[今週のまとめ]

月曜日は上窓が開いて始まった。ブラジル産大豆の輸出が拡大するとの見方から売られたが、アルゼンチンの大豆輸出関税の引き上げや大豆油の上昇期待から買われて10連騰となった。火曜日は一時1600セントを超えるまで上昇したが、その後はアメリカ産大豆の作付面積拡大予想を材料に利食い売りが強まり30セントを超える大幅下落となった。水曜日は利食い売りで始まった。買い戻しの動きが入ったが、アルゼンチンが好天となり大豆の収穫が進むとの見方から利食い売りが進んで小幅下落となった。木曜日も利食い売りが入って下落した。金曜日は利食い売りで始まったが、コーンにつれ高となって大幅上昇した。

[来週の見通し]

来週以降アメリカでは降雨が多くなり大豆の作付に適した畑の状態となり作付け作業が進展するとの見通しが懸念材料となるだろう。また、大豆価格の上昇でアメリカ産大豆の作付面積が拡大するとの見方も懸念材料となる。USDAは月曜日に輸出検証高とクロッププログレスレポート、木曜日に輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]

・RSI:買いの過熱感
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは+σ付近
・アルーン:買い
・EMA:買い
・ROC:買い
・SMA:買い
・パラボリック:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ40上げ1
EMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ2
ROC上げ上げ上げ上げ上げ40上げ3
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ40上げ4
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
今週未使用
SMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
MACD上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ40下げ5
実際上げ下げ下げ下げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ
RSI798178677775
ストキャス
ティクス
96,9496,9988,7280,6961,4356,56
コーン

[今週のまとめ]

月曜日は上窓が開いて始まりブラジルの乾燥による作柄悪化やコーンを原料とするバイオ燃料の増産で需給がひっ迫するとの見方を材料に買われてストップ高となった。火曜日も上窓が開いて始まり欧州時間に720.0セントで連日のストップ高となったが、NY時間になると強い利食い売りが入って40セントを超える大幅下落となった。終盤買い戻されて上昇で引けた。水曜日は乱高下となった。上窓が開いて始まったが、利食い売りが強まりアジア時間にストップ安となったが、欧州時間になると買いが入って約35セント上昇した後、NY時間になると今度は強い利食い売りが入って約35セント下落して引けた。木曜日は好調な輸出を材料に買いが入ったが、利食い売りが出て小幅上昇となった。金曜日はブラジル産コーンの生産量引き下げや好調な輸出見込み、需給ひっ迫を材料に買いが入ってストップ高となった。

[来週の見通し]

やや乾燥していたアメリカのコーン産地には降雨が見込まれるが、ブラジルのコーン産地では乾燥が進んでいる。今後2週間も雨がほとんど降らない予報となっておりブラジル産コーン生産量の大幅引き下げ懸念が強力な支援材料となる状況が続くと考えられる。USDAは月曜日に輸出検証高とクロッププログレスレポート、木曜日に輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]
・RSI:買いの過熱感
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは+σ付近
・MACD:買い
・EMA:買い
・アルーン:買い
・一目均衡表:買い
・SMA:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
MACD上げ上げ上げ上げ上げ60上げ1
EMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ2
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ3
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ60上げ4
ROC上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
今週未使用
AO上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
SMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ5
パラボリック上げ上げ上げ上げ下げ40下げ
実際上げ上げ下げ下げ 上げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ
RSI868889786773
ストキャス
ティクス
98,9999,10095,8585,7167,4860,64


※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせ、アポイント予約は
こちらからお気軽にご連絡ください。

Register

有料メルマガ登録

有料メルマガ登録をしていただいた方は
鍵マークのついた記事もご購読いただけます。