会員限定ページへログイン

IDとパスワードは半角英数字で入力してください。
最新情報をすぐに閲覧したい方は有料メルマガ登録(まぐまぐ!)をしてください。

  • ◆ ID
  • ◆ パスワード

週のまとめと来週の見通し
weekly_report

2021/06/05

相場分析2021年6月7日-6月11日

 

来週の経済指標カレンダー

重要な指標

・6月7日
USDA輸出検証高(大豆、コーン)
・6月8日
23時00分 アメリカJOLT求職(ダウ、金)
29時30分 API原油在庫統計(原油)
・6月9日
23時30分 EIA原油在庫統計(原油)
・6月10日
21時00分 Conab穀物調査報告(大豆・コーン)
21時30分 アメリカコアCPI(ダウ、金)
21時30分 アメリカ新規失業保険申請件数(ダウ、金)
23時30分 EIA天然ガス在庫統計(天然ガス)
25時00分 USDA需給報告(大豆・コーン)
USDA輸出成約高(大豆、コーン)
OPEC月報(原油)
・6月11日 
26時00分 ベーカー・ヒューズ石油採掘リグ稼働数(原油)

新型コロナウイルス感染状況情報

・全世界(リンク先 ジョンズ・ホプキンス大学
・アメリカ国内(リンク先 ニューヨークタイムス

今週の主な経済指標の結果
曜日    経済指標       予想      結果      
火曜日アメリカISM製造業購買担当者景況指数60.961.2
USDA輸出検証高(大豆)19.3万トン(前週)19.2万トン
USDA輸出検証高(コーン)172.7万トン(前週)204.9万トン
水曜日API原油在庫211万バレル減540万バレル減
APIガソリン在庫250万バレル増
API留出油在庫160万バレル増
木曜日アメリカADP非農業部門雇用者数65.0万人97.8万人
アメリカ新規失業保険申請件数39.0万件38.5万件
アメリカISM非製造業景況指数63.064.0
EIA天然ガス在庫94Bcf増98Bcf増
EIA原油在庫244万バレル減507万バレル減
EIAガソリン在庫149万バレル増
EIA留出油在庫372万バレル増
EIAクッシング在庫78万バレル増
EIA製油所稼働率87.0%
(前週)
88.7%
金曜日失業率5.9%5.8%
非農業部門雇用者数65.0万人増59.0万人増
USDA輸出成約高(大豆)30.4万トン(前週)19.8万トン
USDA輸出成約高(コーン)624.7万トン(前週)97.0万トン
べーカー・ヒューズ原油採掘リグ稼働数359基(前週)359基
べーカー・ヒューズ天然ガス採掘リグ稼働数98基(前週)97基

株式指数

ダウ

[今週の相場まとめ]

月曜日はアメリカがメモリアルデーの祝日のため終日小幅な値動きだった。欧州時間後半から売りが入って小幅下落となった。火曜日は欧州時間にアメリカの景気回復期待から買いが入って上昇したが、NY時間になると利食い売りが優勢となり上げ幅を削った。水曜日は欧州時間終盤に買いが入った後、NY時間に入った直後に売られたものの、景気回復期待から上昇した。終盤利食い売りが優勢となって小幅下落となった。木曜日は欧州時間に売りが入ったが、この日発表の新規失業保険申請数が40万人を切るなど好調だったことから下げは続かなかった。その後、景気回復期待から買われたが終盤に利食い売りが出て小幅下落となった。金曜日は発表されたアメリカの雇用統計で失業率が低下したものの、非農業部門雇用者数が予想を下回るまちまちな結果となったことを受けて早期の緩和終了懸念が後退し上昇した。

[来週の見通し]

雇用統計がまちまちな結果となったことでFRBが早期に緩和政策を行うとの見方が後退している。来週はアメリカの景気回復期待から上昇する相場になるのではないかと考えている。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:やや買い、レートは+2σへ
・MACD:売り
・SMA:買い
・パラボリック:買い
・アルーン:買い
・EMA:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
MACD下げ下げ上げ上げ上げ60上げ1
SMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ2
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ60上げ3
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ4
ROC上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
今週未使用
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ5
実際下げ上げ上げ下げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ
RSI465371655562
ストキャス
ティクス
86,9088,8284,8080,7974,6477,87

エネルギー

原油

[今週の相場まとめ]

月曜日はアメリカがメモリアルデーの休日で小幅な値動きだった。アメリカとの協議が順調とイラン外務省のコメントが出ると上げが一服したが、OPECプラスのJTC(共同技術委員会)で減産量が据え置きの勧告が出ると上昇した。火曜日はアメリカの原油需要の増加期待から段階的に上昇したが、NY時間後半になると利食い売りが入って上げ幅を削った。水曜日はアメリカやインドの原油需要が増加するとの見方から買いが入った。取引終了時間間際に発表されたAPIの週間在庫は原油在庫540万バレル減、ガソリン在庫250万バレル増、留出油在庫160万バレル増とまちまちな結果で影響はなかった。木曜日はNY時間まで値動きが小さかった。この日発表されたEIAの週間統計は原油在庫が507万バレル減、ガソリン在庫149万バレル増、留出油在庫372万バレル増、オクラホマ州クッシング原油在庫78万バレル増とまちまちな結果で影響はなかったが、終盤買いが入ってじり高で引けた。金曜日は発表された雇用統計がまちまちの結果となり早期の緩和終了懸念が後退したことで買われ70ドル手前まで上昇した。この日ベーカー・ヒューズ社発表の原油採掘用リグ稼働数は356基(前週比横ばい)だった。

[来週の見通し]

来週は景気の回復期待を元にしたアメリカの原油需要の拡大期待が支援材料となり1バレル70ドルを目指すと考えられる。来週は通常通り火曜日にAPIから週間在庫、水曜日にEIAから週間在庫が発表されるが、ガソリン在庫や留出油在庫などが示すアメリカの原油需要がどうなるかに注目したい。OPECが10日木曜日に月報を発表するので需要予測に注意したい。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:買いの過熱感
・ボリンジャーバンド:やや買い、レートは+2σ付近
・ROC:買い
・SMA:買い
・パラボリック:買い
・EMA:買い
・MACD:買い

来週は上昇トレンド

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ100上げ
ROC上げ上げ上げ上げ上げ100上げ1
SMA上げ上げ上げ上げ上げ100上げ2
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ100上げ3
EMA上げ上げ上げ上げ上げ100上げ4
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ100上げ
今週未使用
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ100上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ100上げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ100上げ
MACD上げ上げ上げ上げ上げ100上げ5
実際上げ上げ上げ上げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ上げ上げ
RSI555754676361
ストキャス
ティクス
89,8590,8987,8791,9692,9494,93
天然ガス

[今週のまとめ]

月曜日は上窓が開いたがアメリカがメモリアルデーの休日で特に大きな動きなく横ばいとなった。火曜日はアメリカの高温予報で冷房用需要が増加するとの見方から上昇したが、終盤利食い売りが入って上げ幅を削った。水曜日は高温予報による冷房用需要の増加期待から上昇したが天然ガス価格の上昇で発電用燃料の石炭へのシフトが進むとの見方から売られた。木曜日は気温の低下予報で冷房用需要が伸び悩むとの見方から売られた。この日EIAが発表した週間天然ガス在庫が予想の94Bcf増に対し98Bcf増と3週間連続で弱気な内容となったことも懸念材料となったが、終盤買い戻されて横ばいとなった。金曜日は欧州時間に売られたがNY時間になると気温の上昇で冷房用需要が増加するとの見方から上昇した。

[来週の見通し]

来週以降の天気予報は気温上昇となっており冷房用需要が高まるとの見方が支援材料となると考えられる。一方で価格の上昇で石炭へのシフトが報告されている発電用需要は伸び悩むと予想される。毎日の気温予報やLNGの輸出状況、来週木曜日にEIAより発表される天然ガスの週間在庫に注意したい。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは+2σ付近
・EMA:買い
・SMA:買い
・一目均衡表:買い
・AO:買い
・ドンチャン:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ1
SMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ2
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ60上げ3
ROC上げ下げ上げ上げ上げ40上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ60上げ4
今週未使用
MACD下げ下げ下げ上げ上げ20上げ
パラボリック下げ下げ上げ上げ上げ20上げ
アルーン下げ下げ上げ上げ上げ20上げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ5
実際上げ上げ下げ下げ上げ
オシレータ上げ上げ上げ
CCI上げ上げ上げ
RSI565657565648
ストキャス
ティクス
52,5555,6989,8376,7577,7377,83

貴金属

[今週の相場まとめ]

月曜日はアメリカがメモリアルデーの休日で小幅な値動きとなった。前週末の流れを引き継ぐ形で上昇したが、利食い売りが出て上げは続かず小幅上昇となった。火曜日は発表されたISM製造業景況指数が好調だったことで長期金利が上昇したことが懸念材料となり下落した。終盤買い戻されて1900.0ドルは回復して引けた。水曜日は小幅な値動きで始まった後、欧州時間中盤にアメリカの長期金利が下落したことを材料に買われて上昇した。木曜日は前日の上昇を受けた利食い売りで始まった。下げの一服後に発表されたアメリカの各種経済指標が好調で長期金利が上昇したことを受けて下げが加速し一時30ドルを超える大幅下落となった。金曜日は発表されたアメリカの雇用統計がまちまちな結果となり早期の緩和終了懸念が後退したことを材料に買いが入って20ドルを超える上昇となった。

[来週の見通し]

経済指標が好調なことからアメリカのインフレ懸念が高まっていることや長期金利の上昇が懸念材料となっている。一方で、雇用統計がまちまちの結果となったことで早期の緩和政策縮小観測が後退していることが支援材料となる。次(再来週)のFOMCまではこの状況が続くと考えている。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは中央付近
・EMA:買い
・一目均衡表:買い
・SMA:買い
・アルーン:売り
・AO:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
MACD上げ上げ上げ上げ下げ40下げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ1
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ60上げ2
SMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ3
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ60下げ4
今週未使用
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
ROC上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ60上げ5
パラボリック上げ上げ上げ上げ下げ40下げ
実際上げ下げ上げ下げ上げ
オシレータ上げ
CCI上げ上げ上げ上げ
RSI787890906160
ストキャス
ティクス
84,8786,8983,7482,8456,1050,58
白金

[今週の相場まとめ]

月曜日はメモリアルデーの祝日のため取引終了まで上下約5.0ドルの値動きだった。火曜日はアジア時間に買いが入った後、欧州時間に入ると金の下落を材料に売られた。NY時間には買いの勢いが強まり一時1200ドルを超えたが終盤利食い売りが入って上げ幅を削った。水曜日はアジア時間に売られると横ばいとなった後、終盤金の上昇を材料に買い戻されて横ばいとなった。木曜日は横ばいで始まり、欧州時間に金の下落を材料に売られ一時40ドルを超える大幅下落となった。終盤買い戻されて下げ幅を削った。金曜日は欧州時間に金の下落を材料に売られたが、発表されたアメリカの雇用統計がまちまちな結果で早期の緩和終了懸念が後退したことを材料に買いが入り上昇で引けた。

[来週の見通し]

アメリカ経済の回復期待が支援材料となる流れが続く。一方で長期金利の上昇懸念は強く来週も懸念材料になると考えられるが、金相場の動向に注意したい。また来週の非鉄相場がどう動くかにも引き続き注目したい。

[テクニカル分析]

・RSI:売りの過熱感
・ストキャスティクス:下げの余地あり
・ボリンジャーバンド:やや売り、レートは-2σ付近
・ROC:売り
・パラボリック:売り
・MACD:売り
・EMA:売り
・SMA:売り

来週は下落トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ下げ下げ下げ下げ20下げ
アルーン下げ下げ下げ上げ下げ0下げ
ROC下げ下げ下げ上げ下げ20下げ1
パラボリック下げ下げ上げ上げ下げ20下げ2
MACD下げ下げ下げ下げ下げ20下げ3
EMA下げ下げ下げ下げ下げ20下げ4
今週未使用
ドンチャン下げ下げ下げ下げ下げ20下げ
一目均衡表下げ下げ下げ下げ下げ20下げ
AO下げ下げ下げ下げ下げ20下げ
SMA下げ下げ下げ下げ下げ20下げ5
実際上げ上げ上げ下げ上げ
オシレータ
CCI下げ下げ
RSI323644453028
ストキャス
ティクス
27,2325,3035,5146,5842,1838,38

穀物

来週天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:東側で雨。今後の雨量は平年並みの見込み。
気温:平年以上の見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:西側で雨。今後の雨量は平年並みの見込み。
気温:平年以上の見込み。
天気予報(南米)

・ブラジル:南部で雨
・アルゼンチン(パンパ地域):降雨はなし

大豆

[今週のまとめ]

月曜日はメモリアルデーの祝日で休場。火曜日は上窓が開いて始まった後、6月のコーンベルトが高温乾燥となるとの予報が支援材料となって上昇したが、終盤利食い売りが入って上げ幅を削った。水曜日は下窓が開いて始まったが、欧州時間になると大豆油の上昇を材料に買いが入って上昇した。NY時間になるとコーンにつれ安となり上げ幅を削った。木曜日も大豆油の上昇を材料に買われたが、NY時間に利食い売りが強まって下落した。金曜日はコーンベルトの高温乾燥懸念を材料に買われ30セントを超える大幅上昇となった。

[来週の見通し]

コーンベルトでは農作業が進展しているが、来週以降の降水量予報が平年以下となっており、高温乾燥への懸念が高まっている。まとまった量の降雨予報がない限り来週も上昇が続くのではないかと考えられる。また、植物油の上昇も支援材料。USDAは月曜日に輸出検証高とクロッププログレスレポート、木曜日に需給報告と輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:横ばい、レートは中央付近
・パラボリック:買い
・EMA:買い
・AO:買い
・一目均衡表:買い
・MACD:売り

トレンド転換、来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ下げ下げ下げ25下げ
MACD下げ下げ下げ下げ25下げ5
ドンチャン下げ下げ下げ下げ25上げ
パラボリック下げ下げ下げ上げ50上げ1
アルーン下げ下げ上げ上げ25上げ
SMA下げ下げ下げ下げ25上げ
今週未使用
ROC下げ下げ下げ下げ25下げ
EMA下げ上げ上げ上げ50上げ2
AO下げ下げ下げ上げ50上げ3
一目均衡表下げ上げ下げ下げ50上げ4
実際上げ上げ下げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ
RSI3835334047
ストキャス
ティクス
26,3340,5056,8565,5979,95
コーン

[今週のまとめ]

月曜日はメモリアルデーの祝日で休場。火曜日は上窓が開いて始まった後、ブラジル産コーンの生産量予想がさらに引き下げられるとの見方や6月のコーンベルトが高温乾燥となるとの予報が支援材料となって上昇した。その後NY時間後半に利食い売りが出る場面もあったが、上昇で引けた。水曜日は下窓が開いて始まった。NY時間になると前日の上げを受けた利食い売りが強まり下落で引けた。木曜日はアジア時間にブラジル産コーンの生産量が乾燥でさらに減るとの見方やコーンベルトの高温乾燥懸念で買いが入ったが、NY時間になると利食い売りが強まり下落で引けた。金曜日はコーンベルトの高温乾燥懸念を材料に上昇した。

[来週の見通し]

アメリカ・コーンベルトの農作業が順調に進んでいるが、来週以降高温乾燥の天気予報となっていることが支援材料となると考えられる。来週はUSDAの需給報告とブラジルの食料供給公社の穀物調査報告の発表が木曜日にあるのでブラジルのコーンの生産量の引き下げ、コーンベルトの乾燥の影響があるかどうかなどに注意したい。来週はUSDAが月曜日に輸出検証高とクロッププログレスレポート、木曜日に需給報告と輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]
・RSI:下げの余地あり
・ストキャスティクス:下げの余地あり
・ボリンジャーバンド:横ばい、レートは中央付近
・AO:買い
・一目均衡表:売り
・SMA:売り
・MACD:売り
・アルーン:買い

来週は下落トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ下げ下げ下げ50下げ
EMA下げ上げ上げ上げ25上げ
一目均衡表上げ上げ下げ下げ50下げ2
AO下げ下げ下げ上げ75上げ1
SMA下げ下げ下げ下げ50下げ3
MACD下げ下げ下げ下げ50下げ4
今週未使用
アルーン上げ上げ上げ上げ50上げ5
パラボリック下げ上げ上げ上げ25上げ
ドンチャン下げ上げ下げ下げ25上げ
ROC下げ上げ上げ上げ25上げ
実際上げ下げ下げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ
RSI3642414659
ストキャス
ティクス
56,7679,9081,7675,6073,82

※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせ、アポイント予約は
こちらからお気軽にご連絡ください。

Register

有料メルマガ登録

有料メルマガ登録をしていただいた方は
鍵マークのついた記事もご購読いただけます。