会員限定ページへログイン

IDとパスワードは半角英数字で入力してください。
最新情報をすぐに閲覧したい方は有料メルマガ登録(まぐまぐ!)をしてください。

  • ◆ ID
  • ◆ パスワード

週のまとめと来週の見通し
weekly_report

2021/07/02

相場分析2021年7月5日-7月9日

 

来週の経済指標カレンダー

重要な指標

・7月5日
独立記念日の振替休日
・7月6日
23時00分 アメリカISM非製造業指数(ダウ、金)
USDA輸出検証高(大豆、コーン)
・7月7日
23時00分 アメリカJOLT求職(ダウ、金)
26時00分 FOMC議事録(ダウ、金)
29時30分 API原油在庫統計(原油)
・7月8日
21時00分 ブラジル穀物調査報告(大豆、コーン)
21時30分 アメリカ新規失業保険申請件数(ダウ、金)
23時30分 EIA天然ガス在庫統計(天然ガス)
24時00分 EIA原油在庫統計(原油)
・7月9日 
26時00分 ベーカー・ヒューズ石油採掘リグ稼働数(原油)
USDA輸出成約高(大豆、コーン)

新型コロナウイルス感染状況情報

・全世界(リンク先 ジョンズ・ホプキンス大学
・アメリカ国内(リンク先 ニューヨークタイムス

今週の主な経済指標の結果
曜日    経済指標       予想      結果      
月曜日USDA輸出検証高(大豆)17.5万トン(前週)10.8万トン
USDA輸出検証高(コーン)141.8万トン(前週)100.8万トン
火曜日アメリカ消費者信頼感指数119.0127.3
API原油在庫446万バレル減820万バレル減
APIガソリン在庫240万バレル増
API留出油在庫40万バレル増
水曜日中国製造業PMI50.850.9
アメリカADP非農業部門雇用者数60.0万人69.2万人
EIA原油在庫468万バレル減671万バレル減
EIAガソリン在庫152万バレル増
EIA留出油在庫86万バレル増
EIAクッシング在庫146万バレル減
EIA製油所稼働率92.2%(前週)92.9%
木曜日アメリカ新規失業保険申請件数39.0万件36.4万件
アメリカISM製造業購買担当者景気指数61.060.6
EIA天然ガス在庫67Bcf増76Bcf増
USDA輸出成約高(大豆)18.8万トン(前週)176.2万トン
USDA輸出成約高(コーン)52.7万トン(前週)8.2万トン
金曜日失業率5.7%5.9%
非農業部門雇用者数60.0万人66.2万人
べーカー・ヒューズ原油採掘リグ稼働数372基(前週)376基
べーカー・ヒューズ天然ガス採掘リグ稼働数98基(前週)99基

株式指数

ダウ

[今週の相場まとめ]

月曜日はバイデン政権のインフラ計画案の実施に関する懐疑的な見方や、ボーイング製の新型旅客機の承認が遅れるとの報道でボーイング株が売られたことを材料に売られた。火曜日は発表された経済指標が好調だったことから景気回復期待が高まって買われたが、終盤に利益確定売りが出て横ばいで引けた。水曜日は発表されたADP非農業部門雇用者数が予想より強気な結果となったことを材料に上昇した。木曜日は利食い売りから始まったが、新規失業保険申請数が減少するなど労働市場が好調なことを材料に上昇した。金曜日は発表された雇用統計が好調だったことを材料に買われて最高値を更新した。

[来週の見通し]

雇用統計が好調だったもの失業率がやや上昇するなど過熱してはいなかったことから、早期の金融緩和縮小懸念が当面後退したこと、バイデン政権によるインフラへの大規模投資法案が支援材料となると思われる。一方で世界各地で新型コロナウイルスの変異種が広がっていることや米中対立が続いていることなどが懸念材料になると考えられる。ヘッドラインに注意したい

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:買いの過熱感
・ボリンジャーバンド:横ばい、レートは+σ付近
・MACD:買い
・アルーン:買い
・ドンチャン:買い
・一目均衡表:買い
・EMA:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ上げ上げ上げ上げ100上げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ80上げ3
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ80上げ4
MACD下げ上げ上げ上げ上げ100上げ1
アルーン下げ上げ上げ上げ上げ100上げ2
ROC下げ下げ上げ上げ上げ40上げ
今週未使用
SMA下げ下げ下げ上げ上げ60上げ
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
AO下げ下げ下げ上げ上げ60上げ
EMA下げ下げ上げ上げ上げ80上げ5
実際下げ上げ上げ上げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ
RSI464447505256
ストキャス
ティクス
71,9283,8487,8488,9693,9897,97

エネルギー

原油

[今週の相場まとめ]

月曜日は原油需要の伸び悩み懸念や株価の下落を材料に売られた。火曜日は株価が反転したことから原油も上昇した。この日発表のAPIの週間在庫は原油在庫820万バレル減、ガソリン在庫240万バレル増、留出油在庫40万バレル増とまちまちな結果で大きな影響はなかった。水曜日は欧州時間に利食い売りが入って下落した。その後発表されたEIAの週間統計で原油在庫が671万バレル減、ガソリン在庫152万バレル増、留出油在庫86万バレル減、オクラホマ州クッシング原油在庫146万バレル減となった。原油在庫の減を材料に上昇したが、翌日にOPECプラスの会合が開かれることから上げは続かず利食い売りが入って横ばいとなった。木曜日はアメリカや欧州の需要増加期待から上昇したが。その後、ロシア・サウジアラビア2国とUAEの間の対立のためこの日予定されていたOPECプラスの会合が増産幅をめぐる開催延期となり様子見の動きが広がった。金曜日は好調な雇用統計を材料に買われたが、NY時間に入るとOPECプラスの会合の様子見となった。この日の会合は増産についての結論を出せず、来週月曜日まで休会となった。この日、ベーカー・ヒューズ社が発表した原油採掘用リグ稼働数は376基と前週比4基の増加だった。

[来週の見通し]

OPECプラスの会合は異例の持ち越しとなり月曜日に再開される。会議では増産幅をめぐってロシア・サウジアラビアとUAEが対立しており解決の糸口はまだ見えていない。現状の案では8月から12月まで毎月日量40万バレル、計200万バレルを増産する予定。続報に注意したい。来週は月曜日が独立記念日の振替休日のため水曜日にAPIから週間在庫、木曜日にEIAから週間在庫が発表される。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは+2σ付近でバンドウォーク
・ROC:買い
・SMA:買い
・EMA:買い
・ドンチャン:買い
・一目均衡表:買い

来週は上昇トレンド

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
ROC上げ上げ上げ上げ上げ80上げ1
SMA上げ上げ上げ上げ上げ80上げ2
EMA上げ上げ上げ上げ上げ80上げ3
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ80上げ4
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
今週未使用
AO上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
MACD上げ上げ下げ上げ上げ60上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ80上げ5
実際上げ上げ下げ上げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ
RSI766468677069
ストキャス
ティクス
85,9479,6479,7873,7878,7979,79
天然ガス

[今週のまとめ]

月曜日はアメリカ西海岸を中心とする熱波で冷房用需要が増加するとの見方から上昇したが、終盤利食い売りが入って上げ幅を削った。火曜日も熱波による冷房用需要の増加の見方を座利用に買われたが、この日も終盤に利食い売りが入り上げ幅を削った。水曜日は気温上昇による冷房用需要の増加やLNG輸出の増加期待を材料に上昇した。終盤利食い売りが入って上げ幅を削った。木曜日はEIAが発表した週間天然ガス在庫が予想の67Bcf増に対し76Bcf増と上回る弱気な結果となったことを材料に売られたが、気温上昇による冷房用需要の増加期待、輸出の増加期待、アメリカ国内のパイプラインの停止で供給が減少することを材料に上昇した。金曜日はパイプラインの停止による天然ガス生産減少の見方や気温上昇による冷房用需要の増加を材料に買われたが、やはり終盤利食い売りが入って上げ幅を削った。

[来週の見通し]

アメリカ各地で気温が上昇して冷房用需要が大幅に増加するとの見方、アメリカ東部でパイプラインが停止して天然ガス生産に影響が出ていること、好調な輸出が引き続き支援材料となっている。ただし、一部の予報では気温上昇が一服するとの見方もあるので、毎日の気温予報やLNGの輸出状況に注意したい。EIAの天然ガスの週間在庫は通常通り木曜日に発表される。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:買いの過熱感
・ボリンジャーバンド:買い、レートは+2σ付近でバンドウォーク
・EMA:買い
・SMA:買い
・一目均衡表:買い
・AO:買い
・ROC:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ80上げ1
SMA上げ上げ上げ上げ上げ80上げ2
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ80上げ3
AO上げ上げ上げ上げ上げ80上げ4
MACD上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
今週未使用
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
ROC上げ上げ上げ上げ上げ80上げ5
実際上げ上げ上げ下げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ上げ
RSI757678807069
ストキャス
ティクス
88,9892,8787,7784,8881,7783,83

貴金属

[今週の相場まとめ]

月曜日は週末の雇用統計の様子見となり大きな値動きはなかった。火曜日は発表された経済指標が好調だったことから早期の利上げ懸念が再燃して売られた。終盤買い戻されて下げ幅を削った。水曜日はNY時間まで横ばいだったが、NY時間になると長期金利の低下を材料に買われて上昇した。木曜日は世界各地で新型コロナウイルスの変異株デルタが感染拡大していることを材料に買われた。金曜日は雇用統計の結果は好調だったが、量的緩和の縮小が早まるほどではないとの観測が支援材料となり上昇した。

[来週の見通し]

発表された雇用統計は良好だったが失業率が悪化するなど良すぎない結果だった。これによりFRBによる早期の量的緩和懸念が後退している。株価の上昇が続いていることやバイデン政権によるインフラ投資計画などを材料にしたインフレ懸念があるため金の上昇が続きそうだ。ただし、長期金利の動向には注意したい。

[テクニカル分析]

・RSI:売りの過熱感
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:売り、レートは中央へ
・アルーン:買い
・ROC:買い
・MACD:買い
・パラボリック:買い
・SMA:売り

トレンド転換、来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ下げ下げ下げ下げ40上げ
アルーン下げ下げ下げ下げ下げ60上げ1
MACD下げ下げ下げ下げ下げ40上げ3
パラボリック下げ下げ下げ下げ下げ40上げ4
ROC下げ下げ下げ下げ上げ60上げ2
AO下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
今週未使用
ドンチャン下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
EMA下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
一目均衡表下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
SMA下げ下げ下げ下げ下げ40下げ5
実際下げ下げ上げ上げ上げ
オシレータ
CCI下げ下げ
RSI181817172228
ストキャス
ティクス
13,1714,1514,917,2630,5654,82
白金

[今週の相場まとめ]

月曜日は株価の下落を材料に売られて下落した。火曜日は金の下落を材料に売られて安値を付けたが、買い戻されて下げ幅を削った。水曜日はアジア時間から欧州時間にかけて売られたがNY時間になると金や株の上昇を材料に買われて上昇した。木曜日はアジア時間からじり高の展開となったが、NY時間になると金の下落を材料に売られて上げ幅を削った。金曜日は雇用統計発表後に売られる場面もあったが、株価の上昇を材料に買われて1100.0ドル直前まで上昇した。

[来週の見通し]

白金には株価や金の上昇を材料に買いが入りやすい展開となっている。雇用統計は好調ではあったが良すぎなかったとの見方が強く、FRBが緩和政策を早期に実施するとの観測は後退している。金や株価に注意したい。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:売り、レートは中央へ
・ROC:買い
・パラボリック:買い
・アルーン:買い
・MACD:買い
・SMA:売り

トレンド転換、来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ下げ下げ下げ下げ40上げ
ROC下げ下げ下げ下げ上げ60上げ1
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ60上げ2
MACD下げ下げ上げ下げ下げ40上げ4
EMA下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
アルーン下げ下げ下げ下げ上げ60上げ3
今週未使用
ドンチャン下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
一目均衡表下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
AO下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
SMA下げ下げ下げ下げ下げ40下げ5
実際下げ下げ上げ上げ上げ
オシレータ
CCI
RSI363533343735
ストキャス
ティクス
47,4549,4644,3341,4447,6561,75

穀物

来週天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:降雨はなし。今後の雨量は平年以上の見込み。
気温:平年以下の見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:西側で雨。今後の雨量は平年以下から平年並みの見込み。
気温:平年以上の見込み。
天気予報(南米)
・ブラジル:降雨はなし
・アルゼンチン(パンパ地域):降雨はなし

大豆

[今週のまとめ]

月曜日はアメリカ西部の熱波がコーンベルトまで広がり高温乾燥となるとの見方から上昇した。火曜日はコーンベルトの乾燥懸念から買われたが、翌30日にUSDAが発表する大豆の作付面積が3月末の発表より増加するとの観測から上げは続かなかった。水曜日はUSDAが発表した作付面積報告で大豆の作付面積が8755万エーカーと事前予想の8895万エーカーを下回る強気な内容だったことから急伸した。木曜日は水曜日の流れを引き継いて買いが入ったが、NY時間になると利益確定売りが強まり横ばいで引けた。金曜日はコーンベルトの乾燥を材料に買われたが、週末に降雨があるとの予報や3連休前の手じまい売りが入って上げ幅を削った。

[来週の見通し]

月曜日は独立記念日の振替休日で休場。今週末はコーンベルトに降雨が予想されているので、火曜日は下窓で始まる可能性がある。ただし、より長期の予報ではコーンベルトの高温乾燥予報が続くため作柄懸念の高まりに注意したい。来週USDAは火曜日に輸出検証高とクロッププログレスレポート、金曜日に輸出成約高と通常とは異なる日程で発表するため注意したい。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:売り、レートは中央付近
・アルーン:買い
・ROC:買い
・パラボリック:買い
・MACD:買い
・AO:売り

トレンド転換、来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ下げ下げ下げ下げ20上げ
MACD下げ下げ下げ下げ下げ20上げ4
EMA下げ下げ下げ下げ下げ20下げ
ドンチャン下げ下げ下げ下げ下げ20下げ
SMA下げ下げ下げ下げ下げ20下げ
一目均衡表下げ下げ下げ下げ下げ20下げ
今週未使用
アルーン下げ下げ下げ下げ上げ40上げ1
ROC下げ下げ下げ下げ上げ40上げ2
パラボリック下げ下げ下げ下げ上げ40上げ3
AO下げ下げ下げ下げ下げ20下げ5
実際上げ下げ上げ上げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ
RSI242525384245
ストキャス
ティクス
15,314,2010,826,7955,7980,82
コーン

[今週のまとめ]

月曜日は熱波の広がりによりコーンベルトが高温乾燥となるとの見方から買われた。火曜日はコーンベルトの乾燥懸念から買われたが、翌30日にUSDAが発表するコーンの作付面積が3月末の発表より増加するとの観測から上げは続かず横ばいで引けた。水曜日は様子見で始まった。USDAが発表した作付面積報告の中でコーンの作付面積が8269万エーカーと事前予想の9378万エーカーを下回る強気な内容となったことを受けてストップ高となった。木曜日は欧州時間に買いが入って一時600セント台まで上昇したが、NY時間になると利食い売りが入って上げ幅を削った。金曜日は欧州時間にブラジルの降霜リスクを材料に買いが入って高値を付けたが、終盤に連休前の手じまい売りやコーンベルトの降雨予報を材料に売りが入ってマイナス圏に沈んだ

[来週の見通し]

月曜日は独立記念日の振替休日で休場。コーンベルト西部を中心に高温乾燥の状況が悪化し作柄への懸念が高まっていることが引き続き支援材料となると考えられるが、今週末は降雨予報となっており週の初めの懸念材料となると考えている。天気予報に注意したい。来週USDAは、火曜日に輸出検証高とクロッププログレスレポート、金曜日に輸出成約高と通常とは異なる日程で発表するため注意したい。加えて8日にブラジルの食料供給公社が穀物の調査報告で生産高予想を発表するので注意したい。またブラジルで降霜の懸念があることにも注意。

[テクニカル分析]
・RSI:下げの余地あり
・ストキャスティクス:下げの余地あり
・ボリンジャーバンド:売り、レートは-2σへ
・SMA:売り
・MACD:売り
・EMA:売り
・AO:売り
・パラボリック:売り

来週は下落トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ下げ下げ下げ下げ60下げ
SMA下げ下げ下げ下げ下げ60下げ1
MACD下げ下げ下げ下げ下げ60下げ2
EMA下げ下げ下げ下げ下げ60下げ3
AO下げ下げ下げ下げ下げ60下げ4
アルーン下げ下げ下げ下げ下げ60下げ
今週未使用
ドンチャン下げ下げ下げ下げ下げ60下げ
ROC下げ上げ下げ下げ下げ40下げ
一目均衡表下げ下げ下げ下げ下げ60下げ
パラボリック下げ下げ下げ下げ下げ60下げ5
実際上げ下げ上げ下げ下げ
オシレータ
CCI下げ下げ
RSI374828353739
ストキャス
ティクス
26,1039,7729,038,3826,3937,33

※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせ、アポイント予約は
こちらからお気軽にご連絡ください。

Register

有料メルマガ登録

有料メルマガ登録をしていただいた方は
鍵マークのついた記事もご購読いただけます。