会員限定ページへログイン

IDとパスワードは半角英数字で入力してください。
最新情報をすぐに閲覧したい方は有料メルマガ登録(まぐまぐ!)をしてください。

  • ◆ ID
  • ◆ パスワード

週のまとめと来週の見通し
weekly_report

2021/08/21

相場分析2021年8月23日-8月27日

 

来週の経済指標カレンダー

重要な指標

・8月23日
23時00分 アメリカ中古住宅販売戸数(ダウ、金)
USDA輸出検証高(大豆、コーン)
・8月24日
23時00分 アメリカ新築住宅販売戸数(ダウ、金)
29時30分 API原油在庫統計(原油)
・8月25日
21時30分 アメリカコア耐久財受注(ダウ、金)
23時30分 EIA原油在庫統計(原油)
・8月26日
21時30分 アメリカ新規失業保険申請件数(ダウ、金)
21時30分 アメリカQ2国内総生産(ダウ、金)
23時30分 EIA天然ガス在庫統計(天然ガス)
USDA輸出成約高(大豆、コーン)
・8月27日 
09時00分 パウエルFRB議長ジャクソンホール講演(全て)
26時00分 ベーカー・ヒューズ採掘リグ稼働数(原油、天然ガス)

新型コロナウイルス感染状況情報

・全世界(リンク先 ジョンズ・ホプキンス大学
・アメリカ国内(リンク先 ニューヨークタイムス

今週の主な経済指標の結果
曜日    経済指標       予想      結果      
月曜日中国鉱工業生産+7.8%+6.4%
USDA輸出検証高(大豆)11.4万トン(前週)27.7万トン
USDA輸出検証高(コーン)66.7万トン(前週)75.4万トン
火曜日アメリカ小売売上高-0.3%-1.1%
API原油在庫125万バレル減120万バレル減
APIガソリン在庫250万バレル減
API留出油在庫50万バレル増
水曜日アメリカ建築許可件数161.0万件163.5万件
EIA原油在庫105万バレル減323万バレル減
EIAガソリン在庫69万バレル増
EIA留出油在庫269万バレル増
EIAクッシング在庫98万バレル減
EIA製油所稼働率91.8%(前週)92.2%
木曜日アメリカ新規失業保険申請件数36.3万人34.8万人
アメリカフィラデルフィア連銀製造業景気指数23.019.4
EIA天然ガス在庫30Bcf増46Bcf増
金曜日USDA輸出成約高(大豆)121.7万トン(前週)220.9万トン
USDA輸出成約高(コーン)97.9万トン(前週)72.6万トン
べーカー・ヒューズ原油採掘リグ稼働数397基(前週)405基
べーカー・ヒューズ天然ガス採掘リグ稼働数102基(前週)97基

株式指数

ダウ

[今週の相場まとめ]

月曜日は中国の鉱工業生産や小売売上高の悪化、アフガニスタン情勢の悪化、新型コロナウイルスのデルタ株の感染拡大を材料に売られたが、NY時間になると防衛株を中心に買われて上昇し最高値を更新した。火曜日は小売売上高の予想外の落ち込みで利食い売りが優勢となり下落した。水曜日はバイデン政権のインフラ案法制化への期待が後退した他、公開されたFRBの議事録要旨で年内の緩和縮小の可能性が示唆されていたことを材料に売られた。木曜日は新型コロナウイルスデルタ株の感染拡大による経済の減速懸念を材料に欧州時間に売られたが、NY時間になると労働市場の改善期待を材料に買い戻されて下げ幅を削った。金曜日はFRBが早期緩和縮小を行うとの見方が後退したことを材料に上昇した。

[来週の見通し]

米政権のインフラ投資法案は停滞しているが、引き続き支援材料となると考えられる。一方で新型コロナウイルス変異種(デルタ)がアジア地域だけでなくアメリカ本土でも流行が加速していることが懸念材料になると考えられる。パウエルFRB議長のジャクソンホール講演が27日に行われる。緩和政策に関する講演内容に注意したい。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは中央へ
・パラボリック:売り
・一目均衡表:買い
・EMA:買い
・AO:買い
・MACD:売り

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ40上げ2
EMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ3
AO上げ上げ上げ上げ上げ40上げ4
ROC上げ上げ上げ上げ下げ20下げ
パラボリック上げ上げ下げ下げ下げ60下げ1
今週未使用
ドンチャン上げ上げ上げ下げ下げ40下げ
アルーン上げ上げ上げ上げ下げ20下げ
SMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
MACD上げ上げ上げ下げ下げ40下げ5
実際上げ下げ下げ下げ上げ
オシレータ
CCI下げ
RSI596358474955
ストキャス
ティクス
94,8995,9985,6663,2340,3135,52

エネルギー

原油

[今週の相場まとめ]

月曜日は中国の鉱工業生産や小売売上高の悪化を材料に売られたが、ダウが上昇に転じると買われて下げ幅を削った。火曜日はダウの下落を材料に売られた。この日発表のAPIの週間在庫は原油在庫120万バレル減、ガソリン在庫200万バレル減、留出油在50万バレル増となったが大きな影響はなかった。水曜日は新型コロナウイルスデルタ株の感染拡大による需要懸念やダウの下落を材料に売られた。EIAの週間統計では原油在庫が323万バレル減、ガソリン在庫69万バレル増、留出油在庫269万バレル増、オクラホマ州クッシング原油在庫98万バレル減だったが大きな影響はなかった。木曜日は新型コロナウイルスデルタ株の感染拡大による需要低迷懸念を材料に売られた。NY時間後半に買い戻されて下げ幅を削った。金曜日は新型コロナウイルスデルタ株の感染拡大による需要低迷懸念を材料に売りが入った。この日、ベーカー・ヒューズ社が発表した原油採掘用リグ稼働数は405基と前週比8基の増加となり400基の水準を回復した。

[来週の見通し]

新型コロナウイルスのデルタ株が世界各地で感染拡大しており原油需要が伸び悩むとの見方が強い懸念材料となっている。来週もこの傾向が続けば60ドルを割り込む可能性があると考えている。来週は火曜日にAPIから週間在庫、水曜日にEIAから週間在庫が発表される。

[テクニカル分析]

・RSI:売りの過熱感
・ストキャスティクス:売りの過熱感
・ボリンジャーバンド:やや売り、レートは-2σ付近
・EMA:売り
・ドンチャン:売り
・アルーン:売り
・パラボリック:売り
・MACD:売り

来週は下落トレンド

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ下げ下げ下げ下げ100下げ
EMA下げ下げ下げ下げ下げ100下げ1
ドンチャン下げ下げ下げ下げ下げ100下げ2
アルーン下げ下げ下げ下げ下げ100下げ3
パラボリック下げ下げ下げ下げ下げ100下げ4
SMA下げ下げ下げ下げ下げ100下げ
今週未使用
AO下げ下げ下げ下げ下げ100下げ
ROC下げ下げ下げ下げ下げ100下げ
一目均衡表下げ下げ下げ下げ下げ100下げ
MACD下げ下げ下げ下げ下げ100下げ5
実際下げ下げ下げ下げ下げ
オシレータ
CCI下げ下げ下げ下げ下げ
RSI363531232121
ストキャス
ティクス
40,3236,3420,2520,114,166,0
天然ガス

[今週のまとめ]

月曜日は気温上昇予想で冷房用需要が増加するとの見方から買われたが、利食い売りが入って上げ幅を削った。火曜日は気温低下予報による冷房用需要の伸び悩み懸念を材料に売られた。水曜日は好調な輸出による需要逼迫を材料に買われたが、利食い売りが入ってマイナス圏に沈んだ。木曜日は気温低下によって冷房用需要が伸び悩むとの見方やEIAが発表した週間天然ガス在庫が46Bcf増と予想の30Bcf増を大きく上回る弱気な結果となったことを材料に下落した。金曜日は気温の上昇で冷房用需要が伸びるとの見方を材料に上昇したが、NY時間後半から売られて安値引けした。この日、ベーカー・ヒューズ社が発表した天然ガス採掘用リグ稼働数は103基と前週から1基減少となった。

[来週の見通し]

前週は気温が低下する予報で冷房用需要が伸び悩むとの見方が懸念材料となったが、天気予報が再度気温上昇に変わりつつある。一方でLNGの輸出は堅調に推移しているので来週はLNGの輸出状況に注意したい。EIAの天然ガスの週間在庫は木曜日に発表される。

[テクニカル分析]

・RSI:下げの余地あり
・ストキャスティクス:下げの余地あり
・ボリンジャーバンド:売り、レートは-2σ付近
・MACD:売り
・ROC:売り
・ドンチャン:売り
・パラボリック:売り
・SMA:売り

来週は下落トレンド。

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ下げ下げ下げ下げ60下げ
MACD下げ下げ下げ下げ下げ60下げ1
ROC下げ下げ下げ下げ下げ60下げ2
ドンチャン下げ下げ下げ下げ下げ60下げ3
パラボリック下げ下げ下げ下げ下げ60下げ4
アルーン下げ下げ下げ下げ下げ60下げ
今週未使用
EMA上げ上げ下げ下げ下げ60下げ
SMA上げ上げ下げ下げ下げ60下げ5
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
AO上げ上げ上げ上げ下げ20下げ
実際上げ下げ下げ上げ下げ
オシレータ
CCI下げ下げ下げ下げ
RSI384945384743
ストキャス
ティクス
24,016,3212,615,713,2719,23

貴金属

[今週の相場まとめ]

月曜日はタリバンによるアフガニスタンの全権掌握によって地政学的リスクが高まるとの見方を材料に買われた。終盤利益確定売りが入って上げ幅を削った。火曜日は欧州時間前に買われたが、NY時間になると予想以上に弱気な米小売売上高やダウの下落を材料に売られた。水曜日は非鉄や白金の上昇を材料にした上げで始まった。NY時間に入ると利食い売りが入って安値を付けたが、公開されたFRBの議事録要旨で年内の緩和縮小の可能性が示唆されていたことを材料に長期金利が低下したことから買われて上昇で引けた。木曜日は株価の下落や利食い売りが入って下落した。金曜日はアジア時間に買いが入ったが、NY時間になると来週27日のパウエルFRB議長のジャクソンホール公演の様子見となったことから値動きが小さく横ばいとなった。

[来週の見通し]

FRBが緩和政策を早期に引き締めるとの観測が後退したことが支援材料となっている。今週もアメリカでの新型コロナウイルスの感染の変異種(デルタ株)の感染が急増していることも支援材料となると思われる。パウエルFRB議長のジャクソンホール講演が27日に行われる。緩和政策に関する講演内容に注意したい。

[テクニカル分析]

・RSI:下げの余地あり
・ストキャスティクス:買いの過熱感
・ボリンジャーバンド:やや売り、レートは中央へ
・ドンチャン:買い
・パラボリック:買い
・EMA:売り
・MACD:買い
・ROC:買い

トレンド転換、来週は上昇トレンド予想。

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ下げ下げ下げ下げ40上げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ1
EMA下げ下げ下げ下げ下げ40下げ3
MACD下げ下げ下げ上げ上げ40上げ4
SMA下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
アルーン下げ下げ下げ下げ下げ40上げ
今週未使用
AO下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
一目均衡表下げ下げ下げ下げ下げ40下げ
ROC下げ下げ下げ下げ下げ40上げ5
パラボリック下げ下げ上げ上げ上げ60上げ2
実際上げ下げ上げ下げ上げ
オシレータ
CCI
RSI454644373939
ストキャス
ティクス
57,6865,7371,7275,7178,8284,89
白金

[今週の相場まとめ]

月曜日は取引開始時間から売られて欧州時間に入ると安値を付けた。NY時間に入ると金やダウの上昇を材料に買い戻されて下げ幅を削った。火曜日はダウの下落を材料に売りが入って1000ドルを割り込んだ。水曜日は金の上昇によって買われたが、金が下落に転じると売られて横ばいとなった。木曜日はアジア時間から金の下落や株の下落を材料に売られ続けた。NY時間に一旦買い戻されて下げ幅を削ったが上げは続かなかった。金曜日は安値拾いの買いや株価の上昇を材料に買われ1000ドルを超えたが、利食い売りが入って1000ドル台を維持できずに引けた。

[来週の見通し]

今週も金や株価に左右される値動きが続いている。新型コロナウイルスのデルタ株の感染拡大で再度経済が悪化し、更に工業用需要の減退が見込まれることが懸念材料となると思われる。安値拾いの買いはあるが、需要改善の材料は見当たらず今後下落するのではないだろうか。

[テクニカル分析]

・RSI:下げの余地あり
・ストキャスティクス:下げの余地あり
・ボリンジャーバンド:売り、レートは-σ付近
・EMA:売り
・SMA:売り
・AO:売り
・ドンチャン:売り
・アルーン:買い

来週は下落トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ下げ下げ下げ下げ60下げ
パラボリック上げ上げ上げ上げ下げ20下げ
SMA下げ下げ下げ下げ下げ60下げ1
EMA下げ下げ下げ下げ下げ60下げ2
AO下げ下げ下げ下げ下げ60下げ3
ドンチャン下げ下げ下げ下げ下げ60下げ4
今週未使用
ROC下げ下げ下げ下げ下げ60上げ
MACD上げ上げ上げ下げ下げ20下げ
一目均衡表下げ下げ下げ下げ下げ20下げ
アルーン下げ下げ下げ上げ上げ60上げ5
実際下げ下げ上げ下げ上げ
オシレータ
CCI
RSI394131323034
ストキャス
ティクス
57,6462,6657,4253,5239,2341,48

穀物

来週天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:広い範囲で雨。今後の雨量は平年並みの見込み。
気温:平年以上の見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:西側で雨。今後の雨量は平年並みの見込み。
気温:平年以上の見込み。
天気予報(南米)

・ブラジル:南部で弱い雨。
・アルゼンチン(パンパ地域):降雨はなし。

大豆

[今週のまとめ]

月曜日は好調な輸出を材料にした買いで始まったが、NY時間に入るとコーンベルトの天候が改善するとの予報を材料に売られて上げ幅を削った。火曜日は前日発表のクロッププログレスレポートでの作柄悪化を受けて上昇したが、コーンベルトの降雨を材料に利益確定売りが優勢となり下落で引けた。水曜日は立会時間が始まると相次ぐ大口成約を材料に買われたが、コーンベルトの天候改善予報を材料に下落した。木曜日もコーンベルトの天候改善見通しを材料に売られた。金曜日はコーンベルトの天候改善予報、EPAによるバイオ燃料の混合率の引き下げ勧告を材料に売られて大幅下落となった。

[来週の見通し]

米農業調査会社プロファーマーが実施したクロップツアーによると大豆の作柄は東側を中心に改善している。コーンベルトの西側で降水量が増え作柄が改善するとの見通しとなり天候リスクが後退している。ただし、USDA発表の大口成約が続くなど輸出が好調なことには注意したい。また米EPA(環境保護庁)によるバイオ燃料の混合率の引き下げ勧告が行われた影響が週明けまで残ると予想される。来週、USDAは月曜日に輸出検証高とクロッププログレスレポート、木曜日に輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]

・RSI:下げの余地あり
・ストキャスティクス:下げの余地あり
・ボリンジャーバンド:やや売り、レートは-2σ付近
・ドンチャン:売り
・SMA:売り
・EMA:売り
・AO:売り
・ROC:売り

来週は下落トレンド。

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合下げ上げ上げ上げ下げ20下げ
パラボリック下げ上げ上げ上げ下げ20下げ
ROC上げ上げ上げ上げ下げ40下げ5
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ20下げ
一目均衡表下げ下げ下げ下げ下げ20下げ
ドンチャン下げ下げ下げ下げ下げ80下げ1
今週未使用
SMA下げ下げ下げ下げ下げ80下げ2
EMA下げ下げ下げ下げ下げ80下げ3
AO下げ下げ下げ下げ下げ80上げ4
MACD上げ上げ上げ上げ上げ20下げ
実際上げ下げ下げ下げ下げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ下げ下げ
RSI393833403933
ストキャス
ティクス
56,9776,8686,7572,554,1026,13
コーン

[今週のまとめ]

月曜日は大豆につれ高で始まったが、コーンベルトの天候が改善するとの予報を材料に売られて小幅下落となった。火曜日は前日発表のクロッププログレスレポートでの作柄悪化を受けて上窓で始まったが、立会時間になるとコーンベルトの天候改善を材料に売られて下落で引けた。水曜日は欧州時間に買われて上昇したが、コーンベルトの天候改善予報を材料に売られて横ばいで引けた。木曜日はコーンベルトの天候改善予報を材料に売られた。終盤買い戻されて下げ幅を削った。金曜日はコーンベルトの天候改善予報、EPAによるバイオ燃料の混合率の引き下げ勧告を材料に売られた。

[来週の見通し]

米農業調査会社プロファーマーが実施したクロップツアーによるとコーンの作柄は東側を中心に前年を上回るまで改善している。加えてコーンベルトの西側を中心に天気予報が改善していることが引き続き懸念材料。また米EPA(環境保護庁)によるバイオ燃料の混合率の引き下げ勧告が行われた影響が週明けまで残ると予想される。来週、USDAは月曜日に輸出検証高とクロッププログレスレポート、木曜日に輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]
・RSI:下げの余地あり
・ストキャスティクス:下げの余地あり
・ボリンジャーバンド:横ばい、レートは-2σ付近
・ROC:売り
・AO:買い
・EMA:売り
・ドンチャン:売り
・パラボリック:売り

トレンド転換、来週は下落トレンド。

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ20下げ
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ20下げ5
MACD上げ上げ上げ上げ上げ20上げ
AO下げ上げ上げ上げ上げ40上げ2
ROC上げ上げ上げ上げ下げ60下げ1
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ20下げ
今週未使用
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ20下げ
SMA上げ上げ上げ上げ上げ20下げ
EMA上げ下げ下げ下げ下げ40下げ3
ドンチャン上げ上げ下げ下げ下げ40下げ4
実際下げ下げ上げ下げ下げ
オシレータ
CCI上げ下げ
RSI626055525236
ストキャス
ティクス
57,5551,4948,3941,3529,1319,8

※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせ、アポイント予約は
こちらからお気軽にご連絡ください。

Register

有料メルマガ登録

有料メルマガ登録をしていただいた方は
鍵マークのついた記事もご購読いただけます。