会員限定ページへログイン

IDとパスワードは半角英数字で入力してください。
最新情報をすぐに閲覧したい方は有料メルマガ登録(まぐまぐ!)をしてください。

  • ◆ ID
  • ◆ パスワード

週のまとめと来週の見通し
weekly_report

2021/11/06

週のまとめと来週の見通し(11月8日-11月12日)

 

来週の経済指標カレンダー

重要な指標
日曜日でアメリカの夏時間が終了する。

・11月8日
USDA輸出検証高(大豆、コーン)
・11月9日
22時30分 アメリカ 生産者物価指数(ダウ、金)
26時00分 アメリカ USDA需給報告(穀物)
29時30分 API原油在庫統計(原油)
・11月10日
22時30分 アメリカ コアCPI(ダウ、金)
24時30分 EIA原油在庫統計(原油)
・11月11日
21時00分 ブラジル Conab穀物報告(穀物)
21時30分 アメリカ 新規失業保険申請件数(ダウ、金)
24時30分 EIA天然ガス在庫統計(天然ガス)
USDA輸出成約高(大豆、コーン)
・11月12日 
24時00分 アメリカ JOLT求職(全て)
27時00分 ベーカー・ヒューズ採掘リグ稼働数(原油、天然ガス)

新型コロナウイルス感染状況情報

・全世界(リンク先 ジョンズ・ホプキンス大学
・アメリカ国内(リンク先 ニューヨークタイムス

今週の主な経済指標の結果
曜日    経済指標       予想      結果      
日曜日中国 製造業PMI49.749.7
月曜日USDA輸出検証高(大豆)210.3万トン(前週)227.2万トン
USDA輸出検証高(コーン)54.5万トン(前週)61.9万トン
火曜日アメリカ ISM製造業購買担当者景気指数60.560.8
API原油在庫156万バレル増360万バレル増
APIガソリン在庫60万バレル減
API留出油在庫60万バレル増
水曜日アメリカ ADP非農業部門雇用者数40万人57万人
アメリカ ISM非製造業指数62.066.7
EIA原油在庫191万バレル増329万バレル増
EIAガソリン在庫148万バレル減
EIA留出油在庫216万バレル増
EIAクッシング在庫91万バレル減
EIA製油所稼働率85.1%(前週)86.3%
木曜日アメリカ 新規失業保険申請件数27.5万件26.9万件
EIA天然ガス在庫66Bcf増63Bcf増
USDA輸出成約高(大豆)118.3万トン(前週)122.4万トン
USDA輸出成約高(コーン)89.0万トン(前週)186.4万トン
金曜日失業率4.7%4.6%
非農業部門雇用者数45.0万人53.1万人
べーカー・ヒューズ原油採掘リグ稼働数444基(前週)450基
べーカー・ヒューズ天然ガス採掘リグ稼働数100基(前週)100基

株式指数

ダウ

[今週の相場まとめ]

月曜日は好調な企業決算を材料に上昇したが、NY時間になると高値警戒感から売られた。NY時間後半に買いもどされて小幅上昇となった。火曜日はアジア時間前半に安値を付けたが、アジア時間後半から買いが入った。NY時間になると利食いが入ったものの好調な企業決算を材料に上昇した。水曜日はFOMC終了後の記者会見で利上げの時期が示されなかったことや好調な米経済指標を材料に買われた。木曜日は発表された経済指標が低調だったことを理由に利食い売りが出た後NY時間後半から買い戻されて横ばいで引けた。金曜日は好調な米雇用統計を材料に買いが入った。利食い売りが出て上げ幅を削る場面もあったが、NY時間後半に買い戻されて上昇した。

[来週の見通し]

米企業の好調な決算が続いていることに加えてテーパリングが開始されたものの、利上げの時期が示唆されなかったことから、緩和相場の継続が意識されていることも支援材料となる。一方でインフレ懸念が高まっているので、水曜日発表のコアCPIに注目したい。主要企業の決算では8日にペイパル、9日にシスコやコインベース、10日にディズニーなどが予定されている他、11日には中国でアリババによる独身の日が開催される。

[テクニカル分析]

・RSI: 買いの過熱感
・ストキャスティクス:買いの過熱感
・ボリンジャーバンド:買い、レートは+σ付近
・AO:買い
・ROC:買い
・ドンチャン:買い
・EMA:買い
・一目均衡表:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ60上げ1
ROC上げ上げ上げ上げ上げ80上げ2
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ3
EMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ4
MACD上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
今週未使用
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
SMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ80上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ60上げ5
実際上げ上げ上げ下げ上げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ上げ上げ
RSI808586837882
ストキャス
ティクス
82,9187,8891,9592,9690,9190,83

エネルギー

原油

[今週の相場まとめ]

月曜日はG20に合わせたオンライン会議でサウジアラビアとロシアが増産に同意したものの具体策が提示されなかったことを材料に買われた。終盤アメリカ産原油が増産されるとの観測を材料に売りが入って上げ幅を削った。火曜日はNY時間後半まで値動きが小さかったが、この日発表のAPIの週間在庫が原油在庫360万バレル増、ガソリン在庫60万バレル減、留出油在庫60万バレル増となり、原油在庫の増加を材料に売られた。水曜日はEIAの週間統計で原油在庫が329万バレル増、ガソリン在庫148万バレル減、留出油在庫216万バレル増、オクラホマ州クッシング原油在庫91万バレル減となり、原油在庫の増加を材料に売られて下落で引けた。木曜日はOPECプラスの会合で増産幅が拡大されないとの見方を材料に買われたが、NY時間になるとサウジアラビアの生産量がコロナ後初めて1000万バレルを超える見通しとなったこと材料に利食い売りが出て下落した。終盤買い戻しの動きが入り下げ幅を削った。金曜日は好調な米雇用統計や株価の上昇を材料に上昇した。この日、ベーカー・ヒューズ社が発表した原油採掘用リグ稼働数は450基と前週から6基の増加だった。

[来週の見通し]

OPECプラスが増産量を据え置いたことで産油国が増産に対して消極的であり、今後の需給がタイトとなるとの見方が強まっている。加えて米企業の好調な決算が続いていることが支援材料。来週は火曜日にAPIから週間在庫、水曜日にEIAから週間在庫が発表される。

[テクニカル分析]

・RSI:下げの余地あり
・ストキャスティクス:下げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは中央付近
・ROC:売り
・パラボリック:売り
・MACD:売り
・アルーン:売り
・EMA:買い

トレンド転換、来週は下落トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ5
AO上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
SMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
ROC上げ上げ下げ下げ下げ60下げ1
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
今週未使用
パラボリック下げ下げ下げ下げ下げ60下げ2
MACD下げ下げ下げ下げ下げ60下げ3
ドンチャン上げ上げ上げ上げ下げ20下げ
アルーン下げ下げ下げ下げ下げ60下げ4
実際上げ下げ下げ下げ上げ
オシレータ
CCI下げ下げ下げ
RSI626459453746
ストキャス
ティクス
48,5457,6757,4941,623,1521,40
天然ガス

[今週のまとめ]

月曜日はロシアからポーランドを経由してドイツに向かうパイプラインが逆流しているとの情報で欧州の天然ガス相場が上昇したことやロシアがモルドバ向け供給量を減らしたことを材料に買われたが、風力発電量が伸びるなど欧州の電力不足が一旦落ち着いたことや中国のエネルギー備蓄が進んでいることを材料に売られて下落した。火曜日は米国のLNG輸出が好調なことを材料に買われた。水曜日はNY時間になると気温低下で暖房用需要が増加するとの見方や好調なLNG輸出を材料に買われた。木曜日はNY時間になるとロシアからドイツへの天然ガス輸送が再開されたとの報道を材料に売られた。EIAの在庫統計が予想の66Bcf増に対して63Bcf増の強気な結果となったことは影響しなかった。終盤気温低下による暖房用需要の増加の見方を材料に買い戻されて下げ幅を削った。金曜日は暖房用需要の増加見通しが支援材料となったが、米国産天然ガスの生産量が増加していることを材料に売られた。この日、ベーカー・ヒューズ社が発表した天然ガス採掘用リグ稼働数は100基と前週比で横ばいだった。

[来週の見通し]

ロシアが欧州向けの天然ガスを増やしたことで天然ガス国際価格が下落していることや米国産天然ガス生産が増加していることが懸念材料。一方で米国のLNG輸出が堅調であることや天気予報が気温低下予報となっていることが支援材料になっている。天気予報には注意したい。EIAの天然ガスの週間在庫が木曜日に発表される。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは中央付近
・SMA:売り
・アルーン:売り
・一目均衡表:売り
・AO:買い
・ドンチャン:買い

トレンド転換。来週は下落トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ40上げ3
AO上げ上げ上げ上げ上げ40上げ4
SMA上げ上げ上げ下げ下げ80下げ1
ROC上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
MACD上げ下げ下げ下げ下げ40下げ
今週未使用
パラボリック上げ下げ下げ下げ下げ40下げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
アルーン上げ上げ上げ上げ下げ60下げ2
ドンチャン下げ下げ下げ上げ上げ40上げ5
実際下げ上げ上げ下げ下げ
オシレータ
CCI
RSI524648525359
ストキャス
ティクス
67,5046,2641,4646,6653,4652,43

貴金属

[今週の相場まとめ]

月曜日は前日発表の中国のPMIが強気な内容だったことや他の貴金属市場の上昇を材料に買われた。火曜日は高値警戒感や白金の下落を受けて利食い売りが入って下落した。水曜日は好調な米経済指標を材料に売られたが、FOMC後に11月のテーパーリング開始が発表されると買い戻された。木曜日は欧州時間から米長期金利の低下を材料に上昇した。NY時間になると利食い売りが出て上げ幅を削った。金曜日は米雇用統計が強気な内容になったことで売られたが、米長期金利が予想外の低下となったことを材料に買われて上昇で引けた。

[来週の見通し]

米企業の好調な企業決算発表が続いていることが懸念材料になる状況が続いている。一方で米国のインフレ懸念が高まり金が買われている他、各国の中銀が利上げを見送っていることで米長期金利が低下傾向にあることが支援材料となっている。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは+2σ付近
・AO:買い
・一目均衡表:買い
・SMA:買い
・EMA:買い
・ドンチャン:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ60上げ
ROC上げ上げ上げ下げ上げ40上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ60上げ1
パラボリック下げ下げ下げ下げ下げ40上げ
アルーン上げ上げ上げ下げ下げ20上げ
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ60上げ2
今週未使用
EMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ3
SMA上げ上げ上げ上げ上げ60上げ4
MACD上げ上げ上げ下げ下げ20上げ
ドンチャン上げ上げ上げ下げ上げ40上げ5
実際上げ下げ下げ上げ上げ
オシレータ
CCI上げ
RSI596048405866
ストキャス
ティクス
61,4258,5949,4441,2041,6060,99
白金

[今週の相場まとめ]

月曜日は金の上昇やテクニカルな買いが入って大幅上昇となった。火曜日は前日の大幅上昇を受けた利食い売りが強くなり大幅下落となった。水曜日は横ばいで推移したが、NY時間に利食い売りが入って下落した。その後FOMC後に11月からのテーパリング開始が発表されると買い戻されて下げ幅を削った。木曜日はアジア時間後半から買われた。NY時間になると株価や金の下落を材料に売られた。金曜日は米雇用統計の発表後に安値を付けたが、金の上昇を受けて買い戻されて上昇した。NY時間に株価の下落で売られる場面もあったが、金が上昇が続いたことで買い戻された。

[来週の見通し]

米国でインフレ懸念が高まっており、白金にも買いが入っている。一方で工業用需要の減少見込みは変らないため、株価の下落などで利食い売りが入りやすくなっていることに注意したい。

[テクニカル分析]

・RSI:下げの余地あり
・ストキャスティクス:下げの余地あり
・ボリンジャーバンド:横ばい、レートは中央付近
・アルーン:買い
・MACD:売り
・AO:買い
・SMA:買い
・EMA:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ40上げ3
SMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ4
EMA上げ上げ上げ上げ上げ40上げ5
一目均衡表上げ上げ上げ下げ上げ40上げ
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
今週未使用
ROC下げ上げ下げ下げ下げ40下げ
アルーン下げ下げ下げ下げ下げ60上げ1
パラボリック下げ上げ上げ上げ上げ20上げ
MACD下げ下げ下げ下げ下げ60下げ2
実際上げ下げ下げ下げ上げ
オシレータ
CCI下げ下げ下げ
RSI536353434349
ストキャス
ティクス
13,1740,8449,4755,3537,2937,48

穀物

来週天気予報

天気予報(アメリカ)
・コーンベルト東部:イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州
天気:降雨はなし。今後の雨量は平年以上の見込み。
気温:平年以下の見込み。
・コーンベルト西部:アイオワ州、ネブラスカ州、ミネソタ州、ミズーリ州
天気:降雨はなし。今後の雨量は平年並みから平年以下の見込み。
気温:平年以上から平年以下の見込み。
天気予報(南米)

・ブラジル(コーン産地):広い範囲で雨。
・アルゼンチン(パンパ地域):降雨はなし。

大豆

[今週のまとめ]

月曜日は欧州時間に売られたが、コーンや小麦の上昇につれ高となって上昇した。NY時間になると売りが入ってマイナス圏に沈んだ。火曜日は米コーンベルトでの大豆の収穫遅れを材料に買われた。水曜日は南米の作付が順調であることや大豆油相場の下落を材料に売られた。木曜日は大豆の生産量の増加見通しや需給報告前のポジション調整、南米の順調な作付を材料に下落で引けた。金曜日は南米の作付が順調で豊作が見込まれることやコーンベルトでの大豆の収穫が進んでいることを材料に売られた。

[来週の見通し]

コーンベルトで降雨が続き収穫が遅れていたが、今週は好天が続き農作業の進展が見込まれている。8日月曜日のクロッププログレスレポートや9日火曜日の需給報告に注目したい。このほかブラジルのConabが穀物報告を11日木曜日に行うのでこちらにも注目したい。このほかUSDAは月曜日に輸出検証高、木曜日に輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]

・RSI:下げの余地あり
・ストキャスティクス:下げの余地あり
・ボリンジャーバンド:やや売り、レートは-σ付近
・パラボリック:売り
・アルーン:売り
・ROC:売り
・一目均衡表:売り
・AO:売り

トレンド転換、来週は下落トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
パラボリック上げ上げ上げ上げ下げ60下げ1
MACD上げ上げ上げ上げ上げ40上げ
アルーン上げ上げ上げ上げ下げ60下げ2
ROC上げ上げ上げ下げ上げ60下げ3
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ40下げ
今週未使用
SMA上げ上げ上げ上げ上げ40下げ
EMA下げ上げ上げ上げ下げ40下げ
AO下げ下げ下げ上げ下げ40下げ5
一目均衡表下げ下げ下げ下げ下げ60下げ4
実際上げ上げ下げ下げ下げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ下げ
RSI587275665244
ストキャス
ティクス
67,6562,5764,7057,4343,1520,0
コーン

[今週のまとめ]

月曜日は小麦相場の急騰につれ高となった他、飼料用需要の増加期待を材料に上昇した。火曜日も小麦相場の上昇や、飼料用需要の増加期待が支援材料となった。欧州時間になるとコーンベルトでの収穫遅れを材料に更に買われたが、NY時間に入り小麦相場が下落に転じると売られてマイナス圏へ沈んだ。水曜日は高値警戒感や米国産コーンの生産量が引き上げられるとの見方を材料に売られた。木曜日はNY時間になると高値を付けたが、米国産コーンの生産量の増加見通しや需給報告前のポジション調整、原油価格の下落を材料に売られて下落で引けた。金曜日はコーンベルトでコーンの収穫が進んでいることを材料に売られた。

[来週の見通し]

好天が続きコーンベルトでの収穫の進展が見込まれている他、イールドが引き上げとなるとの見方が懸念材料。8日月曜日のクロッププログレスレポートや9日火曜日の需給報告に注目したい。ブラジルのConabは穀物報告を11日木曜日に行うのでこちらにも注目。USDAは月曜日に輸出検証高とクロッププログレスレポート、火曜日に需給報告、木曜日に輸出成約高を発表する。

[テクニカル分析]

・RSI:上げの余地あり
・ストキャスティクス:上げの余地あり
・ボリンジャーバンド:買い、レートは+σ付近
・AO:買い
・一目均衡表:買い
・パラボリック:売り
・アルーン:買い
・SMA:買い

来週は上昇トレンド予想

[予想の振り返り]

テクニカル
指標予測
月   火   水   木   金   的中率
(%)
次の日  
位 
総合上げ上げ上げ上げ上げ20上げ
AO上げ上げ上げ上げ上げ20上げ1
一目均衡表上げ上げ上げ上げ上げ20上げ2 
パラボリック上げ上げ上げ上げ上げ20下げ3
アルーン上げ上げ上げ上げ上げ20上げ4
ドンチャン上げ上げ上げ上げ上げ20上げ
今週未使用
MACD上げ上げ上げ上げ上げ20上げ
ROC上げ上げ上げ上げ上げ20上げ
EMA上げ上げ上げ上げ上げ20上げ
SMA上げ上げ上げ上げ上げ20上げ5
実際上げ下げ下げ下げ下げ
オシレータ
CCI上げ上げ上げ上げ
RSI687781736760
ストキャス
ティクス
93,10094,9490,7676,5861,5048,37

※このHPページで紹介している相場の動きの見方や見通しは一般的な考え方に基づくものであり、利益の増加や損失の減少を保証するものではありません。ご自身の判断にてお取引いただきますようお願いいたします。

 

Mail Magazine

有料メルマガ登録

有料メルマガ登録をしていただいた方は
鍵マークのついた記事もご購読いただけます。